ドント・ブリーズ [Blu-ray]

  • 115人登録
  • 3.52評価
    • (11)
    • (22)
    • (23)
    • (8)
    • (1)
  • 23レビュー
監督 : フェデ・アルバレス 
出演 : ジェーン・レヴィ  ディラン・ミネット  ダニエル・ゾヴァット  スティーヴン・ラング 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462110282

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ドント・ブリーズ [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 盲目マッチョ最強老人VS 浅はかすぎる男女3人
    確かに低予算だが、迫り来る恐怖、そして緊張、緩和の連続で人の心理を見事に恐怖に陥れる映像はアメリカで注目されたのも頷けるパニック映画で、ビビりの私がもしこれを映画館で見たら確実に過呼吸になってたと思う。

    この種のパニックものは正直言うと苦手だし、主人公たちに全くもって同情できないので、どうかみんな助かってという強い希望が無いから、心持ちが不安定。
    パニック映画をあまり見てない私だからなのか、地下室の予想外の恐怖の展開とかもう、気持ち悪すぎて、とにかく主人公たちが早く脱出できるかよりも早く終われと願ってしまった。

    強いて言えばセキュリティ会社息子のアレックスが好きな女にうまく利用されてる感が否めなくて可愛そう。
    彼がやってることも間違いなく犯罪かもしれないけど、初めから最後まで言っていることが1番まともな気がするから、彼だけでも助かって欲しいとひたすら願ってた。

    「神様はいない。」
    剛力な退役兵士老人は呟いたけど、彼らに、というかロッキーに、何度かの蜘蛛の糸は垂らされていたのにそのチャンスを無下にしてしまう愚かさは救いようもない。
    でも、妹にはもっと罪はないからどうか彼女には今後も何も起こらないことを祈るばかりです。

  • 中盤からエンドロールの終わりまで一切気が抜けず、ずっと緊張して観ていた。
    面白いとかそういう問題ではない。観るのがとにかく疲れる。体力がいる。
    家庭環境の良くない家から妹と逃げるために大金がいる女の子と2人の男の子。そして盲目のサイコパスじじい。
    本当に胸糞が悪くなる映画だが、女の子が妹と共に海のある場所へ行けたのは少しだけ救われた。

  • 面白かった!!盲目の金持ってる元軍人のおっさんの家に、若者3人が盗みに行って痛い目みる話 若者3人の自業自得…という話でもなくて、軍人のおっさんもかなり異常者で良かった!観て 友人が殺されるのを間近で見ながら必死に声殺してるとこイイッ ラストのおっさんの生命力に笑う

  • ムッキムキの盲目退役軍人おじいちゃんのお宅に無謀に、そして果敢に挑んだお金が欲しい若造3人のてんやわんやな顛末映画。TSUTAYAではホラージャンルになっていたけれど、個人的にはスリラーかクライム系映画だと思っている。
    ワンシチュエーションスリラーながら、スピーディーで息もつかせぬ展開が、とにかくハラハラして飽きずにぐいぐい引き込まれる。
    若造うち1人の女の子が捕らわれたときのおじいちゃんの台詞「レイプはしない」からの冷凍精子登場展開に、おじいちゃんの美学を感じて「おおっ!」となり、からの女の子大逆転で自分の精子を口に突っ込まれるおじいちゃんの嗚咽に「おおおっ!」となった。
    生き残るかと思われた青年が意地を見せての脱落からのラストまでが二転三転するので、こっちの息が続かない。
    果たして、女の子はしあわせになれるのか…因果応報という言葉を思わせるラストは続編も作れそうだけど、作って欲しくはないような…とにかく一度は観て欲しい映画です。

  • ジジイがやばい…ジジイやばい映画。

  • 泥棒vs全盲の事故被害者家族の異常行動者…
    一見泥棒の若者に肩入れしてしまいそうだけど
    ジジイの方が可哀想な気がする(笑)
    確かに事故加害者を監禁するなんて社会倫理に悖る行動でしかないけれど、この物語の被害者はどう見てもジジイですよ。予想外の事件が明るみになって出て来ちゃったけど、それは賑やかしの副菜的な設定であって、本筋は全盲のジジイが娘を失った代償として手にした大金を易々と強盗にあげる訳にいかないよね(笑)
    しかし面白い切り口ですよね。サイコパス系の作品でも全盲の老人(ムキムキ

  • まあまあ。サム・ライミが一枚噛んでるっぽい。つっこみどころは満載なんだよな。

  • テンポの良さ、カメラワークが素人目から見てもわかるくらい素晴らしかった。
    そしてキャラ。敵であるはずのおじいちゃんがかっこいい。この追い詰められる感じに耐えられなくなったら、おじいちゃんを主人公と観て、ヒーロー物映画だと思おう。

  • 面白かった。ずっと力が入って疲れた(笑)
    退役軍人つよすぎるよ!

  • ハラハラし、二転三転と形勢が変わるが
    主人公たちの詰めが甘すぎて、それが観てて残念だった。頭の良い戦いで、なるほどね、そう来るか、といった感心はなかった。
    設定も適当で、元軍人に殴られているのに一晩でキズが回復しているところ、あれだけ鈍器で殴られたのに、すぐ退院出来る元軍人、といった所などかなり強引な感じがした。
    攻防戦が他の映画よりもかなり多く見受けられたが、内容が薄いので、そこで盛り上げるしかなかったんだろうと思う。
    繊細な映画ではない。

全23件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ドント・ブリーズ [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ドント・ブリーズ [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする