考える人 2017年 02 月号

  • 35人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 新潮社 (2016年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910123050270

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
西 加奈子
若松 英輔
トーン テレヘン
村田 沙耶香
いとう せいこう
都築 響一
平野 啓一郎
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

考える人 2017年 02 月号の感想・レビュー・書評

  • メールマガジンを購読していてずっと気になる雑誌ではありましたが、実際に購読するのははじめてでした。

    注目していたとおりの素敵な雑誌でした。特集を除くと、バラバラなテーマでいろんな人たちが様々な物語を語ってくれています。それぞれに共感するところや、しみじみと思い至るところがあって、ほんとうに読者を考える人にさせる紙面です。

    サブタイトルの『Plain Living & High Thinking』というのにもそそられます。

    近頃はリベラルアーツというものがにわかに注目されています。それが指すものとは少し違うのでしょうけれど、人生観とか倫理観というようなものを鍛えるという点では通じるものがあるように思います。
    この雑誌は、人の生活が詰まっていて、思考が凝縮れていて、読み応えがある。それでいて自分で考える余白があります。

    次回の特集も楽しみです。

  • 定期購読してて最近読みきれてなかったんだけど,この号は隅々まで読めたというか,引っかかる話がいつもより多かった.

  • 響くことば、届かないことばの小島慶子のエッセイが素晴らしい。

  • 個人的に、興味の湧くページとそうでないものがばさっと分かれた。(今は、小出しに読むより長いものを読みたいタイミングでもあるよう)

    面白かったページは、細野晴臣さんの「老人の練習」(小学生のころから老人の練習やってるってすごいね!69になった今年あたりから肉体年齢が追いついて来た、って、この感覚もまたすごい。でも、インドの古い教えに、人生を学生(がくしょう・学ぶ)、家住(かじゅう・家族と暮らす)、林住(りんじゅう・森に住む)、遊行(ゆぎょう・托鉢)の四つの期に区切る考え方がある、というのはすとんと頭に入って来て、いいなと思った。

    工藤直子さんの「河合隼雄さんと、まだ話し続けている」も、頭に残ったなぁ。人生急ぎ足になろうとするのを止めてくれる人やことば、その他体験を、いま求めているからか。

    あと面白かったのは、エッセイ響くことば、届かないことば/使ってみたいこのことばのページ。養老孟司さんのページの全国森ガイドは画像保存。たくさんの森を歩きたい。

  • まず新幹線車内から車窓の流し撮りってすげーな。いや、思いつくのもすごいけど、普通しねーわ。それできっちり決めてんねんからなぁ。
    特集の中では飯間さんはさすがのおもしろさ。武田砂鉄、おもしろいとは聞いてたけど初読。おもしろい。

全5件中 1 - 5件を表示

考える人 2017年 02 月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

考える人 2017年 02 月号を本棚に「積読」で登録しているひと

考える人 2017年 02 月号はこんな雑誌です

ツイートする