リリーのすべて [DVD]

  • 118人登録
  • 4.00評価
    • (12)
    • (21)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
監督 : トム・フーパー 
出演 : エディ・レッドメイン  アリシア・ヴィキャンデル  ベン・ウィショー  セバスチャン・コッホ  アンバー・ハード 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102512187

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

リリーのすべて [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲルダの無償の愛が見ていてつらかった。
    リリーの気持ちよりゲルダの気持ちに
    寄り添う形でしか見れない作品だなぁ。
    わたしだったら夫のことをこんなに
    支えられるだろうか、とか
    女装をゲームとして始めさせた自分を
    めちゃくちゃ責めて泣くだろうな、とか。

  • "二人の女性"の描写がとても丁寧で、綺麗な映画だった。

    舞台がデンマーク、パリのせいなのか、いや主演男優がイギリス人のせいなのか....とにかく品があっていい。
    エディの全裸のシーンでさえ、エロさを感じさせない程の上品さ!

    どちらかというと、妻ゲルダの方に感情移入してしまって、夫が女性になっていく葛藤や、自分が愛した夫(男性的な)に会えなくなる寂しさ、切なさに涙。愛しているが故に、苦しい。

    人間模様も美化しすぎというくらいだったけど、やはりエディが演じた"リリー"が、びっくりするほど美しい....

  • エディ・レッドメインの繊細で可憐な演技。
    アリシア・ヴィキャンデルは戦場からのラブレターで知ったけど、凛とした女優さんで大好き。

    「アイナーは死んだ」というリリーと、それでもリリーの中にアイナーを探すゲルダと。
    ゲルダが世話を焼くのは、決してリリーへの純粋な友愛からではなかったんだろうけど。
    完全には受け入れられないまま、でもリリーの(というよりゲルダ的には多分アイナーの)望みを叶えてやりたくて、でも心配で、夫を望む自分のやり場がなくて、時折ハンスへ縋って…
    複雑な想いが全部アリシアの表情に出てた。

    ハンス役のマティアス・スーナールツも、遙か群衆を離れてやヴェルサイユの宮廷庭師で観たばかりだけど、どれも雰囲気があって良かった。

  • 世界初の性適合手術をした実在人物をもとにした話。奥さんとは別れたけど、ソウルメイトには違いなく…主人公は気付かないままでいたら幸せだったんだろうけど、気付いてしまったら、その幸せは幸せではなくなるという。人は皆そんなパンドラの箱を抱えているんだろうか?
    レッドメイン氏の演技。ハリポタみたいなポップな演技もホーキング博士や今回のような特別な方々の演技もなんでもこなせるなんて。

  • 鑑賞後は素直に感動したが、その後、史実を知ってからはその路線で物語を進行した方が良かったような気がした。

    キャストでは、エディ・レッドメインの演技がピカイチで、助演のアリシア・ヴィカンダーは巷の評判ほど凄いとは思わない。
    ハンスの脇役も結構好き(どうせ史実をベースにしないなら、ハンスをキーパーソンにすべき!)

    あとは当時のLGBTに対する偏見をリアルに描き、苦難の歴史を振り返るような演出でも良かったような…

  • 良い… 世界初の性転換手術を受けたリリー・エルベの話 リリーとゲルダがお互い性別じゃなく人として愛し合ってて素敵だった!うまく言えないんだけど、好きなように生きて好きな人が変わらず自分を好きでいてくれるって幸せだと思ったのだ 映像も音楽もこの映画にばっちり合ってる

  • 請求記号:16D121 (館内視聴のみ)

  • 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に支え続けた妻の葛藤と愛を描いたドラマ。

    アイナーがリリーとしてゲルダから離れていく様子がゲルダ目線で悲しすぎて。

  • LGBTQの本棚から 
    第5回 リリーのすべて

    今回ご紹介するのは「リリーのすべて」という映画です。
    2015年制作、ですから、まだ新しい作品ですが、テーマは1930年……という凄く早い時代に、世界で初めて性別適合手術を受けたMtF(Male to Femaleの略、男性から女性)のリリー・エルベ、というデンマークの画家の生涯(実話)をもとにした映画です(原作は2001年に発売)。

    『1926年、デンマーク。
    風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する……。
    それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。』
    (映画.com http://eiga.com/movie/82988/ より引用)
    という内容です。

    監督は
    「英国王のスピーチ」
    のトム・フーパー。
    主人公リリーを演じるのは「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」
    でも主役を演じたエディ・レッドメイン。

    まだ性同一性障害が知られていなかった1926年、リリーは内科から精神科まで、たらいまわしにされました。
    医者は一様に精神異常、性的倒錯だといい、謎の治療をされたりしてリリーは疲弊していきます。
    苦悩する日々の中で、その時代に珍しく
    「身体を心に合わせる」
    という考え方をもっている医師に出会い、ついにリリーは自分らしく生きる道を見つけます。

    しかし世界初の性別適合手術ですから、半ば実験のようなところもあり、それを知っていてもリリーは、手術を受ける決心をします。
    技法が研究され、かなり安全で安定している現代ですら勇気のいる手術なのに、当時それを受けた彼女はものすごい勇気の持ち主ですよね。

    時代的背景もですが、役者の力量にも圧倒されました。
    優男のアイナーが、リリーへと変わっていくときの表現力は、尋常じゃなく凄かったです。
    姿は男でありながら、中身は女であることを表情だけで表現するところは鳥肌が立ちました。

    また、リリーの妻であり理解者であるゲルダの苦悩も繊細に描かれています。
    愛する夫が女性になっていくのですから、思うことはたくさんあっただろうし、苦しみもしたでしょう。
    いろいろもうわかっている現代でも、ゲルダのように振る舞うことができる人がどれだけいることか……。
    ゲルダは最後までリリーを支え続けるのですから……。

    二人とも、本当に強くて美しい……。

    R15指定の映画なので小中学生は見ることができませんが、高校生からは見られるので、授業の一環として見るのもいいかもしれません。
    授業で見るには衝撃的すぎますか?

    本やマンガは苦手……という人にとっても、映画はLGBTQについて知る、かなり有効なジャンルだと思います。

    2017年5月16日

  • -エディレッドメインの演技がすごく好きなんだけど今回もめちゃ上手い。エルダが精神的に参ってるのにも関わらず、リリーになりたいと譲らないアイガーが段々ムカついてくるんだけど。それもすごく性格の悪い女に見えて来るから、やっぱ演技力凄いなあと思った。
    -アリシアヴィキャンデルはEx MachinaとかJason Bourneですごいシュッとしてた感じだったんだけど、役作りで太ったのか。エルダの序盤のカラッとした感じにはすごく合ってたけど。

    Gerda Wegener: I need to see Einar.
    Lili Elbe: Let me help, please.
    Gerda Wegener: I need my husband, can you get him?
    Lili Elbe: I can't.
    Gerda Wegener: I need to talk to my husband, and I need to hold my husband. Can you at least try?
    Lili Elbe: I'm sorry.

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リリーのすべて [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

リリーのすべて [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする