鴨川食堂おまかせ [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柏井壽
  • 小学館 (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (163ページ)

鴨川食堂おまかせの感想・レビュー・書評

  • 食探しという、これまでにあまり聞いたことのない食堂の話。

    父と娘の役割分担 → 娘:客が求める食の調査。父:探してきた食を再現する料理人。かと思いきや、食によっては父が調査も調理も担当する。このあたりがわかりにくい…

    どのテーマでも必ず客がこれまでに食べたことがない料理を絶賛した後、探し求めた食に再会して秘められた過去に立ち返る。。。。という流れ。

    つくづく食べるものって大切だなぁと思う。
    こんなおいしいもの、生まれて初めて食べたという表現。「ほんまかいな…?」と必ず思う。そんなに感動するような食に出会った経験がないので、致し方ないが、おいしいものを食べることや、懐かしい味や忘れられない味の話をするときって、決して不幸せじゃないはずだとすれば、食べるものは体にとって大切なだけじゃなくて、心にも栄養を与えるものだと実感する。

    我が息子たちは、何を「おふくろの味」と覚えているのだろうか?と振り返ると、非常に心もとない。

  • 鴨川食堂は食を探す探偵事務所。
    飛び込んでくる依頼は、味噌汁に豚のしょうが焼き、冷やし中華にから揚げとマカロニグラタンとありふれたものばかり。
    でも、それぞれに依頼主や作った人の思いやドラマがあって......。

    2017年2月3日、電子書籍にて読了。
    このシリーズは電子書籍で読み始めてしまったのですが、長さ的にも内容的にもちょうど良くて、そのまま電子書籍で読み進めています。
    ちょっぴり人情。ときにはほろ苦い思い出もあったりで、いつも楽しんで読んでいます。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

鴨川食堂おまかせの文庫

ツイートする