『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年【文春e-Books】 [Kindle]

  • 38人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (5)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 横田増生
  • 文藝春秋 (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (29ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
村上 春樹
ジェームス W....
朝井 リョウ
田中 慎弥
又吉 直樹
塩田 武士
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年【文春e-Books】の感想・レビュー・書評

  • ・プロの記者の取材にかける姿勢のすごさを知ることが出来ました。

    ・グローバルな大企業が、必ずしも関わる人達の幸せを前提にしているわけではないということを改めて確認。

    ・取材期間の限界や、経験したことで組み立てていくという内容だったけど、コラムでもいいの+αの情報があるとなお良しでした。

    … ユニクロなら、力を入れるベクトルをちょっと変えるか、増やすなりすれば、いくらでも解決できるのに…、との印象が残る1冊でした。

  • 相変わらずこの著者の本はスリリングでおもしろい。もっと長く読みたい。

    kindle unlimitedにて。

  • 著者が過去に出した「ユニクロ帝国の光と影」でユニクロから損害賠償請求をされた。
    著者が勝訴後、柳井社長は「悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。
    うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」とインタビューで答えた。

    ならばと、法的に名前を変えて潜入取材をした著者。
    ジャーナリストとして正しい喧嘩の買い方に感服して読んだ。
    過去にはクロネコヤマトにも先週取材をされている経歴には
    感服を通り越して少し笑ってしまった。

    とても読みやすくてあっという間に読み終わった。
    ユニクロはよく利用するので
    裏ではこういうことが起こっているのかと薄ら寒くなった。
    でも、私はこれからもユニクロを利用する。

  • 文春の編集長の本を読んで購入。週刊文春の記事を採録したもの。いろいろ言われ、いろいろ書かれるユニクロだが、実際に潜入して書くのは大変だと思う。まして50歳過ぎていたらなおさら。きついことばかり取り上げられているが、スタッフの中にはいろいろなよろこびもある筈なので、両面から書いて欲しかった。まあ、週刊誌の記事だから仕方ないのかもしれないが。

  • 「週刊文春」連載記事の第1回と2回を再構成したもの。
    どんな会社でも悪いことではなくても外部に知られたくないもの、見られたくないものはあると思う。
    潜入という方法が受け入れられない。
    同僚として普通に接していた人が潜入しているジャーナリストなど到底許せない。
    (電子書籍 kindle)

  • ユニクロに潜入取材をするために戸籍上の名前まで変更するという徹底ぶり。

    外からではなく内側からみたユニクロ店舗の現場はかなりリアルティがあります。

    こういった取材方式には賛否があると思いますが取材内容は非常に興味深いものでした。

  • 前に、読んだユニクロと、内容一緒

  • 1年以上潜入していただけあって、ユニクロの内情がよくわかります。読み始める前は、悪いところだけをピックアップするのかと思ったが、そうではなかった。
    著者が実際に働いてみて、何が辛いのか、何故ブラック企業だと言われているのかという点について、事実を書いているところに好感がもてました。
    ブラック体制になってしまう根本的な問題を解決するために、客が自分でレジを通せるようにしたり給与アップなどの新しい試みを早急に取り入れるべきだと思う。

  • もっと鬼気迫るものがあるのかと思ったら、想定の範囲内でガッカリ。和民に潜入して欲しい。

  • 「ユニクロは、ほかのアパレル企業と異なり、11月と12月で年間の利益の半分を稼ぐと言われている。」
    「今日やる仕事を今日やるのは作業。明日やる仕事を今日やるのが仕事である。」

    やはり潜入レポは重みがある。
    読んでいて面白い。

  • この本自体は1年に渡る潜入記事のほんの最初のころだけで、これからってところで終わってしまうのだけど(まあ100円で切り出したものなので仕方ない)、やはり1年という長期に渡ってユニクロの実態を暴こうとした記者の行動力や胆力は、痛快だなぁと思う。TVなどのマスメディアはネットの情報の後追いばかりでなんだかなぁ、というガッカリ感が最近は強いのだけど、こういう行動こそがジャーナリズムだと思うし、身のある記事だと思う。元の本の方も読んでみたくなった。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年【文春e-Books】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年【文春e-Books】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年【文春e-Books】はこんな電子書籍です

『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年【文春e-Books】のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする