何者 DVD 通常版

  • 236人登録
  • 3.14評価
    • (4)
    • (31)
    • (48)
    • (20)
    • (2)
  • 43レビュー
監督 : 三浦大輔 
出演 : 佐藤 健  有村架純  二階堂ふみ  菅田将暉  岡田将生 
  • 東宝 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104106643

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

何者 DVD 通常版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 霧島部活やめるってよ の 朝井リョウ原作。
    またしても心の内側へむいたベクトル感あふれる物語。
    見たくない部分を晒されたように感じる人も少なくないのではないでしょうか。

    ツイッター、フェイスブックがデフォルトの世代にとっては
    あるいはそれ以前の世代にとっても嫉妬や憎悪のはけ口は
    何かしら持っているもので
    それは誰にも見せない、あるいは自分だと隠してつづるものだから
    それがバレた時のジ・エンド感はハンパない。
    そのジ・エンド感を見せつけられる映画だから見ていて痛い。
    舞台演劇が主の監督ならではの見せ方もあって
    斬新で、ドラマチックに仕上がっていると感じました。

    俳優陣は文句なしの今をときめく若手実力派総出演。

    誰の胸の中にもある傷物語であり青春賛歌でもある。

  • SNS上で誰かを評価することが当たり前になっている。

    誰かを勝手に評価する誰かは何者でもなく何様なんだろう。

    リアルな話で、なんだか少し苦しくなる。
    自分も何様になってしまう時がある。

    何かに依存して生きている人は多い。
    自分としっかり向き合うのが怖かったりするからなのかな。SNS上では、自分ではない誰かになれるからなのかもしれない。何様になっていられるのは、心地よいのだろう。

  • リアルだなと思う。
    私の頃とは時代が違うけれど、それでもリアリティを感じた。
    素直にまっすぐ表現できない人もいる。
    自分自身が佐藤健演じる二宮拓人に重なって見ながら心が痛かった。
    いろいろな人がいる。みんな頑張れ!

  • 就活の憎悪、妬み、嫉みなどが渦巻く作品。
    就活はだいぶ前に終わっているが、残念なことにこの就活は1回で終わる人の方が少ないのではないか。
    転職することになったら、また就活。
    就活、就活、就活。
    SNSも匿名とは言え、何者が…ではなく個人が特定されるという。
    時代ですね。
    後味が悪いような、未来への希望が見えるような終わり方でした。

  • 就活とSNSと…冷めた目で見る事で優越感得ると言う子供ならではのメンタルの映画

  • 人の心に闇があるのは昔から変わりません。でも、その闇を表に出す装置がツゥイッターなんですね。しかも、他人がたどることができるなんて最悪です。若い人たちが置かれた環境を、就活というギリギリの状況において、よく描かれていました。痛々しい。主人公の3人はリアル感があります。ただし、光太郎は3人を引き立たせるキャラクターという感じですね。光すぎた存在です。

  • 就活の嫌な空気とSNSの空虚感
    信頼を取り戻すのは大変だろうな。

  • 本読んだあとの映画。
    最後を知ってたからなぁ…
    でも自分の就活とか思い出しました。

  • SNS中毒な自分にも刺さるところがあって、けっこう痛い

    就活が終わった人が見るべきで
    これから就活する人は参考にしてはいけないかもしれない

    他人の事ばかり見ている主人公の頭の中が演劇と混ざっていく
    現実と自分と友人たちに向き合えず迷子になっている心理表現が面白かった

    もし、この映画の全てが、主人公の視点だとしたら
    ヒロインの容姿は主人公に美化されていて、実は有村架純ではないかもしれない? なんてことを思った

  • 最後のインパクトは、小説の方が強かった。最後まで強気で詰めていただきたかった。あの気まずいメンツでよく何回も集まる気になれるな、って映像でみるとより感じる。

全43件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

何者 DVD 通常版を本棚に「観終わった」で登録しているひと

何者 DVD 通常版を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする