聖の青春 [DVD]

  • 138人登録
  • 3.51評価
    • (6)
    • (28)
    • (30)
    • (5)
    • (0)
  • 22レビュー
監督 : 森義隆 
出演 : 松山ケンイチ  東出昌大  染谷将太  安田顕  リリー・フランキー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2017年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111251398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

聖の青春 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伝説の棋士、村山聖。壮絶な将棋人生。
    個人的には一つ一つのエピソードが何となく物切れになっているのが残念な感じ。
    もう少し流れるような形で、繋がっていればと。
    それにしても松山ケンイチの役作りには感服。

  • 原作未読。将棋を詳しく知らない自分にも、役者の仕草や演技で対局状況などはわかりやすい。

    松山くんも言っていたそうだけど、羽生さんはまさにヒロイン扱いですね…とくに食事するシーンのやり取りは情緒的というか(あとで調べたらやはりオリジナルエピソードだったそうで)ライバルとしては面白い書きかただとは思ったけど、少々浮いていたような。

    映画としては村山聖そのものの人物の魅力と脇役も含めた役者の力で悪くなかったけど、もう少し違った見せかたもできたのでは…と思った。

    余談だけど村山よりも羽生よりも、ちょい出の谷川さんすごく似てなかったか…野間口徹いい味出してる笑

  • 将棋のことは分からないのだけど村山聖という人物は知っています。
    命をかけて将棋をうつ。彼には将棋だけだった。羽生に夢を語るシーンは、胸に迫ります。
    生い立ちや体や年齢や病気といった自分ではどうしようもない運命でやりたいことができない、なしえない、将来が変わるなどの可能性があるひとにはちょっと引きずる内容です。
    実力は若手俳優が勢ぞろいでかなり豪華。

  • 映像化してくれて嬉しい作品です。
    将棋の世界は狭くて厳しく、その中で命をかけて生きて行く姿は、やっぱりかっこいいと思います。
    将棋のわからない人でも、村山聖という人の熱意を中心に将棋の世界を知れる作品になっていると思います。

  • 生きること。

  • 演技派によるたたかい、そして松山ケンイチの美しい鼻筋

  • 悪くないという感想よりも、良くないの方が若干上回りました。
    将棋バカの映画ですが、バカが過ぎるのでほとんど共感できませんでした。

  • 病のなか、命がけで将棋を打つ村山聖の姿にはいつでも感銘を受けます。

    村山聖の生き方は、言葉では言い表せない何かが感じられます。
    彼は、名人になることが夢ではなく、名人になって将棋をやめてのんびりと暮らすこと、恋愛をして結婚をすること、この二つが夢だと語ります。
    ただし将棋が好きというよりも、名人になることに異常なほどこだわっている。
    将棋に執着や呪縛のようなものを感じていたのかもしれない。
    そういったことから解放されて、ただ普通の暮らしを望んでいたのかなと感じました。

    死を常に意識している人の価値観は理解しがたいのだけど、生きているのが当たり前だと思ってしまっている自分に気づいてハッとさせられる。

    映画は、原作が大好きなので、やはりどうしても原作と比べてしまいます。

    あまり将棋界について詳しく触れず、羽生善治と村山聖との対局を中心に描いているので、原作と比べて薄味になっています。
    どうしても映画として絵になる場面づくりをしている印象が拭えないところも多々あります。
    色々と違和感を感じつつも、やはり役者が良かった。
    松山ケンイチと東出昌大の役作りは圧巻で、最後の対局では、松山ケンイチが本物の村山聖に見えたほど。

  • 2017/08/11
    ここまで打ち込めるものがあるって本当にすごいなぁ。
    羨ましさと恐ろしさ。
    東出の演技はあまり上手いと思わないのだけど、羽生さんはすごく似ていた。素晴らしい。

  • 原作 大崎善生
    松山ケンイチの体重を増やしてのがんばりに、目を見張る。
    たしかに 村山聖に近づこうとしている。死を目前とした
    雰囲気の、あきらめと落胆と、
    そして陽気さが うまく演じていた。
    そのわずかな人生で、将棋があって 村山聖があった。
    札束を破るほどの悲しさ。負け犬になりたくない、
    勝ちたいと言う必死の想い。
    羽生善治が 東出昌大。いやはや。モノマネだ。
    羽生善治が 村山聖にまけて、
    二人で食堂で 酒を飲みながら
    話すところの緊張感がスゴイ。
    何故将棋をしているのか?と問う 村山に
    負けたことが 悔しいことだと言うところが、
    火花が散っている。
    村上聖の『神様にひとつかなえて欲しいことは』の質問に
    神様拒絶 という言葉が、村上聖の強い意志を感じる。
    歩いてる最中にばたりとと倒れるシーンがあるが、
    そんなにも体調が悪いのに
    ただひたすら、将棋を指していく姿に、感動さえ覚える。

    それにしても、将棋って、残酷なゲームである。
    敗者は、『まけました』と言わなくてはならない。
    たぶん、一番言いたくない言葉なんだろうね。

    ノンフィクションを映画にすると、
    これほど実在に近くすることが
    必要なのかとさえ思ってしまった。
    竹下景子が、痩せていて、ちょっと歳とりましたね。
    子を思う気持ちがあふれていて、慈愛があった。
    リリーフランキーの師匠が、チカラがぬけていていい。
    原作では、もっと濃密な師弟関係があったけど、
    さらりとしていて気持ちがよかった。

全22件中 1 - 10件を表示

聖の青春 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

聖の青春 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

聖の青春 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする