新潮 2017年 04月号

  • 150人登録
  • 4.15評価
    • (14)
    • (18)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
  • 新潮社 (2017年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910049010471

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
湊 かなえ
宮下 奈都
恩田 陸
中村 文則
朝井 リョウ
三浦 しをん
米澤 穂信
村上 春樹
村上 春樹
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

新潮 2017年 04月号の感想・レビュー・書評

  • これぞ純文学といった感じの小説でした。
    言うまでもなく、「火花」で華々しくデビューを飾り、芥川賞まで獲った又吉直樹の受賞後第1作。
    今回は恋愛小説です。
    これが読みたくて、「新潮」4月号を買いました。
    我ながらミーハーですね。
    さて、本作です。
    主人公で劇作家の永田は、東京の街中で沙希と出会い、やがて一緒に暮らし始めます。
    恋愛とは言い条、そこは又吉のことですから、すんなりとはいきません。
    第一、出会い方からして異様です。
    かつて「幽霊」と呼ばれたこともある永田は、街中で画廊を覗き込む沙希を見つけ、「この人なら自分を理解してくれるのではないか」と思います。
    そして、沙希の隣に立ち、こう声を掛けます。
    「靴、同じやな」
    沙希は「違いますよ」と答えます。
    永田は重ねて言います。
    「同じやで」
    完全に危ない人です。
    ただ、沙希は天性とも言える優しさで、ナイーブで不器用な永田を愛そうとします。
    それに十分に応えられない永田。
    純文学における恋愛小説の定型的な説話構造を踏まえながら、又吉の筆は繊細に、時に軽妙な筆致で二人の関係をすくい取っていきます。
    先日放送されたNHKスペシャル「又吉直樹 第二作への苦闘」でも紹介されていましたが、中盤で永田が沙希と手を繋ごうとする場面が印象に残りました。
    手をつなぎたいという一言すら、すんなりとは言えない永田に、沙希はこう言います。
    「本当によく生きて来れたよね」
    ジンと来ました。
    永田は劇作家としてなかなか日の目を見ません。
    お金もなく、実質的に沙希のヒモとして鬱屈した日々を送ります。
    そこへ才能に恵まれた小峰という劇作家が現れます。
    永田は小峰に嫉妬します。
    その嫉妬を巡る永田の考察がまた興味深い。
    長いですが、引用します。
    「自分の持っていないものを欲しがったり、自分よりも能力の高い人間を妬む精神の対処に追われて、似たような境遇の者で集まり、嫉妬する対象をこき下ろし世間の評価がまるでそうであるように錯覚させようと試みたり、自分に嘘をついて感覚を麻痺させたところで、本人の成長というものは期待できない。他人の失敗や不幸を願う、その癖、そいつが本当に駄目になりそうだったら同類として迎え入れる。その時は自分が優しい人間なんだと信じこもうとしたりする。この汚い感情はなんのためにあるのだ」
    読み手である自分にまで鋭い刃を突き付けられているようで、胸が苦しくなりました。
    うん、いい小説です。
    というか、かなりいい小説だと思います。
    大変な重圧がかかる中で、よくこんな作品を書き上げたものだと感服するほかありません。
    やっぱり又吉はいいなぁ。

  • 巻頭を飾る又吉直樹の『劇場』。それに惹かれて手に取る。芥川賞受賞後のこの新作も、やはりやさしさと厭世観に満ちている。登場人物達の軽妙な会話は漫才のように面白くネタを書いていた彼ならではの得意技ともいえる。主人公のダメンズぶりは太宰の「人間失格」の葉蔵を想起させる。が、
    破滅に向かって進むわけではない。結末がいい。 
       

  • 又吉先生の「劇場」のみ読む。今回もまたなんとも言えない人間が出てくるぞよ。悲しいくらいなんとか、って話だなぁ。その「なんとか」をみなそれぞれ、読者が見つけるのでしょう。

  • 旅先の夜、宿にて「劇場」と格闘。血ミドロである。
    回復ののち、単行本で再戦予定。

  • 火花が面白かったから今回も期待して読んでいたのだが期待を上回ることはなかった。主人公がクズ。彼女はいたいけな感じなのが好き。
    又吉の文章は好きなので、新作が出たら読むんだろうな。又吉最高<3

  • 又吉 直樹さんの劇場@新潮 2017年 04月号 を読みました。著者の第2作目の小説ですね。
    大変面白く読みました。皆さんにおすすめしたい作品です。

    作者の処女作『火花』は、大変注目された作品なので、2作目の世間からの期待は大きかったと思います。
    前作『火花』は、後半で非常に変化を伴う作品でとてもユニークに感じたのですが、今回の作品は
    正統派の青春恋愛小説で、意外と思うのと同時に楽しく読みました。

    今回の作品の主人公は、売れていない劇作家です。彼は、自分の意識の高さを誇示するために前衛的な作品ばかりを書く人間ですが、大成していません。また、金銭的にも自立しておらず、いわゆるヒモです。周囲から守られていることを自覚しながら相手を攻撃し、それでいて愛されたいと熱望している弱い人間ですが、私はこういった人間を愛おしく感じます。又吉さんもまた、人の弱さを肯定的にみられる目線を持った作家であると感じました。

    > 田所の空返事は、もしかしたら自分の予期していないことが進行していて、その一端を自分が担ったのかもしれないという曖昧でいながら正確な感覚からのもので田所はそれには気づかないふりをして、あくまで自分はプレイヤーに徹することを気づかないふりをして、あくまでも自分はプレイヤーに徹することに決めたようだ。役者っぽいなと思った。

    又吉さんは人の内面の精神性を深く言語化できる力量を感じます。言葉を重ねること、文章の骨太さを得たように見えます。

    >青山が手際よく、その場にいる人たちを褒め、相手の自尊心を満たしながらうまく立ち回っているのを見ていると、自分ではない誰かの意思で洋服も思想も変えられてしまう着せ替え人形のように見えて恥ずかしくなった。
    彼は、一通りの社会性を身に着けることが芸術家としての自分のアイデンティティに関わる問題と考えているようである。しかし、小峰という自分よりも高い才能をもった人間がいることを認め、自分の限界を知ったように見えます。主人公が現実と自分の差を実感した瞬間であろうと思います。

    >問題があるとすれば、東京で暮らす男女というテーマが、同時代の別の作家によって、ある種の滑稽な悲劇として、あるいは神話のようなものの一部として、作品化されてしまったことだろう。この主題を僕は僕なりの温度で雑音を混ぜて取り返さなければならない。

    最後に、彼は小峰の作品を受け入れ。自分の作品(人生)と向き合うことを受け入れたように感じます。また、一方で彼女との関係性をできることならば維持したいとう浅はかさも感じるやり取りをです。著者は彼のメンタリティの弱さを愛しているのでしょう。

  • もちろん「劇場」狙いで購入・読了。
    あれだけのプレッシャーの元、書き上げた一篇。「東京百景」の頃からの匂いもして、「火花」より、私はこっちが好きだった。

  • 又吉さんの「劇場」を読んだ。序盤が全然面白くなくて、学生時代のくだりは説明くさいし、いちいちめんどくさい突っかかりがあって、これ最後まで読み切れるかな…と思ったけど、最終的に面白かったので不思議。「火花」とは違う視点の話なんだけど同じ空気感。作者の持ち味なんだと思った。
    儲からないアマチュア劇団を主宰している主人公と、優しさの塊みたいな彼女の話。ストーリーに新鮮さというか意外性はなくて、ラストもそうするしかないだろうなという展開だった(別れて彼女が地元に帰る)けど、これこそ作中で触れられていた「のんきな奴等がふざけ合いながら何気ない日常を過ごし、でもその心には深刻な苦悩を抱え、それが表出されるのは必ず決まったように後半で、最後は無理やり泣かそうとするようなもの」だった。作中ではこれを、頭ひとつ抜きん出た別の劇団がやって主人公は嫉妬しながらもうっかり感動してしまうんだけど、この小説はそれをやろうとしているのかなと、そういうことを考えた。
    作中で何度も出て来る演劇論は、作者の持っている芸術論なんだろう。創作とは何かと繰り返し問うている姿勢が作品の中にあった。面白かったと思う。

  • 又吉直樹の「劇場」を読む。 ちょうど、ララランドを観ていたので世界観が全く真逆だなと感じた。
    上京して都会で済む男女の話だけど、ありがちなんだけど少し違和感があった。恋愛小説なのに性的な描写が皆無だったこと。著者本人が意図的にそうしたのかわからないけど、想像がすごく広がるというか、主人公と彼女には性的な想像が浮かばなかったけど、彼女とバイト先の店長、という言葉にはすごく何だか、何かあるんじゃないかと想像してしまった。
    主人公は本当にクズなんだけど、でも主人公と彼女の痛々しさがリアルに、でもキラキラしてるように見えた。

  • 又吉作品が読みたくて、書店を何件も探し回っても完売で見つけられなかった本。東京の義理の母にも話して探してくれてようやく読むことができました。
    又吉すごいなぁー。読んでると、又吉はこんな感じなのかなーと思えるような箇所が多々あり、そこも楽しかったです。

    又吉先生!大好きです!

  • 無名の劇作家永田と「同じ靴」を履いた沙希、“問題となった食材で作られた食事を迷いなく食べている”、「手つないだら転んだ時に顔面から血が出るやん」、芥川のクロスから太宰のボレーシュート、他劇団の衝撃、「梨があるところが一番安全です」「手つないでって言うたら明日も覚えてる?」、匂わすとこと臭っている事は違う、沙希にとっての東京の大部分を占めていた永田、沙希を迎えるための演劇的な舞台…又吉著第二作。書き始めたのは「火花」より先らしい。やはりTVで見る又吉が頭に浮かぶ、個人的にはこっちの方が好き。

  • 文芸誌を読むのは初めてだが、又吉直樹さんの新作『劇場』を読みたいと思い、購入。『劇場』は、著者の前作である『火花』とは違うテイストで楽しめた作品。恋愛ものがメインであるが、いかにも恋愛感が詰め込まれている作品でなく、恋愛要素が薄かったという印象。純文学の要素の方が強いかなと思う。作中の小説に関して、読者目線での俯瞰的な目で厳しく評価されていて、文章表現に関することで少し驚く所もあったが、ズバッと切り込んでいたのがまた良い味だと感じた。作家は読者からこのような目線で見られているのかなと感じる。

  • 劇場と書評いくつかとエッセイいくつか読みました。

    震災後文学の憑依論は、自分もいろいろ思うところあったので興味深く読みました。東北学院大学の学生による、被災地の幽霊論文にも言及されてましたね。あの論文すごいよね。

    劇場は、冒頭の場面は少し読みづらかったけど、ああいう語り手の思索があちらこちらに飛ぶ場面って書くの難しいんだなとだけ思いました。

    すごくいいなと思ったのはどこまでが作為で、どこからが作為じゃなくなるか、よくわからなくなる問題。

    野原と沙希と三人で公演したあとの打ち上げの場面で、劇的なものと平凡な日常も創作上では対等でなければおかしい(P38)とあり、本当にそうだなあと思い。

    劇的なものを混ぜるのは明らかに作為だし、かといって平凡な日常だけ展開させるのも作為だし。そんなことを永田くんはいつも考えているから、リアルの自分の生活を自分の意思や行動によってオーガナイズできるはずなのにそれも作為だとして嫌っている感じがする。沙希が自分に優しくしてくれるという作為に対して、自分が沙希を大事にするという作為を発現してしまったらリアルである生活さえも冴えない脚本の演劇のように単なる予定調和になってしまう。だからああいう態度になるんじゃないかな。

    そして後半、商店街で空手の型を母親の前で披露する少年の場面。
    あれは周りの通行人が少年にそのまま披露を続けて欲しいと無言で共有した作為の結集だったが、少年が型を披露したこと、その場所が商店街だったこと、それを見守りたい通行人が居合わせたこと、女や中年が居合わせたこと、すべて偶然同時に起こったことで、「作為」を超えていた。そんな光景を現実で見ることができたと感動する永田は、舞台のうえでも人の力、セリフの力、場の力でそれを再構築してみたい―…と希望を持ち直したんだろうか。少し感動しました。

    また、青山との醜い暴言メールの応酬。
    これこそ「現代の悲劇」だよなあとしみじみ感じ入ってしまいました。又吉さんは感覚が鋭い……
    数十年前なら小説のなかにおける悲劇とは殺人であったかもしれない、時代小説なら家臣の裏切りであったかもしれない。過去の「取り返しのつかないこと」とはそういうものを指していた。
    でもここ10年における「倫理に反するほどの行為」というのは「本当は思っていること(=中傷)を相手に言ってしまうこと」ではないでしょうか。青山と永田は対面していないからこそとんでもなくひどいことまで言える、エスカレートしていく。これって日々SNSで起こってることと同じだな。
    そして殺人ならば相手は消滅するのでその後は罪の意識とか赦しの話になっていくけど、現代ではSNSやメールで罵詈雑言を浴びせた相手と再び「どーも。」と顔を合わせるシチュエーションまで付いてくるということだ。シビアだ。相手は生き続ける。自分は言葉の刃で相手をブスブス刺し続けることができる。いつまでも。

    そんな現代の悲劇にも気付かされて、色々とおもしろかった。

    総括するとそういうことだ、おもしろかったです。

    あと長かった。

  • 劇場を読むために買った。ものすごくヒリヒリした。

  • 又吉直樹さんの『新潮』

     己の弱さから世界の全ての否定するしかなかった主人公が、唯一否定できない存在である女性と出会い、もがきながら彼女を愛そうとします。又吉さんは愚直な人です。人間の弱さや醜さから決して目をそらそうとせず、激しく自らを消耗させても描こうとする。多くの人に届いてほしい。

     読み手の体力を奪う小説ですし、腸をねじくり回されるような感覚にもなります。どちらも褒め言葉です。読み手を消耗させるということは、それ以上に書き手が苦悩し、消耗しながら言葉を吐き出しているということです。その愚直な姿勢が、素晴らしい作品として結実しています。

  • 又吉直樹の『劇場』を読んだ。
    前の『火花』にもましてイタいセツない都会に住む若者の話。これで又吉は本格的な小説家になれたと思う。
    ただ、一般ピープルにどこまで受け入れられるか。
    普段小説を手にしない、TV番組でしか彼を知らない人間が何かを期待して読んで的外れな感想をSNSに流すとしたら‥・と杞憂に終わればいいけれど。
    私は大いに評価する。世間の皆様も是非にと願ってやまない。

  • 又吉さんの「劇場」を読む。火花よりはこちらの「劇場」の方がまた良かったと思う。又吉さんが書いた小説になのだから当たり前なのかもしれないが、基本は火花と同じ文体で書かれている。火花をあまり好きにはなれなかったものとしてはそこが残念。でも、サッカーゲームのメンバーを全て文豪にしたところは面白えと思った。

  • 又吉さんの「劇場」読了しました。Nスペで、ご本人がおっしゃっていた通り、前作「火花」に比べて読みやすいように思いました。沙希が、愛おしくてなりません。でも、永田の屈折した感情も理解できます。火花を読んでいる時と同じように、どうしても永田と又吉さんが、ダブってしまいます。

  • 17/3/17
    劇場のみ読了

  • 又吉2作目。個人的には好きだけど、火花を恋愛小説で焼き直しただけにも感じる。今後を考えると、ここから一皮むけることができるかが勝負になりそうだなぁ。なんというか、文章が若くて男のセンチメンタリズムを恥ずかしげもなく出してる感じ。たぶん、前作もそうだけどかなり本人の経験が色濃く反映されてる気がする。とりあえず疑問だったのは、セックスを描かなかったこと。2人に体の関係があったかどうかは想像するしかないけど、あったと考えるなら、そこは正面から描いて欲しかったなぁ。

  • 「劇場」又吉直樹

    もやもやしてる主人公のことはよくわからないけど、人としてかわいいヒロインのかわいさが存分に出ててすごくいいなと思った。

  • 又吉直樹『劇場』目当てで購入。
    もともと著者のエッセイがとても好きで文体が好みなので2作目云々のまえに期待値はあがってしまっていたどうしても。それでも普通におもしろく読み切ることができて、なんだかとってもホッとしたんでした。

    本編は売れない劇作家の恋愛ものがたり。
    恋愛もするけど芸事で飯を食う人間の苦労、それを支えるひとの苦労、それらを取り巻く人間関係のもつれ、たまにみる奇跡、そんな一連のお話すべてが、「つくりもの」感が少ないので読みやすくって入り込めた。
    どうしても演劇、小劇場とかを舞台にすると、なんかサブイな、、と感じてしまうことが結構あって、学生時代にすこしかじった程度にはその世界のはしくれを見てきた人間としては、なんかサッブイとおもってしまう小説が結構あって、正直売れない劇作家が主人公の時点でそれをすごく危惧した。
    芸人と演劇人はやはり似て非なるところがあるなあとおもったので。でもこのひとのすごいところは、自分の身の丈で、みてかんじたほんとうのことを書く、というところにあるなとおもった。小説に血が通っている。
    みにくいメールのやり取りも、どうしようっもない生き様も、なんか、ああ、こういう物の見方、とか。
    ところどころに息吹が感じられて、全部が全部経験則でないにしても、感じたことがあったんだろう、という生きている表現をしてくれるので、こちらもわかる!わからないけどこうなんだろうな!と色んな気持ちになる。

    ところどころにすごくいい文章があって、また出会ってしまったなあという気持ち。
    手放しで最高!ちょうおもしろい!また芥川賞だ!とはおもわなかったけど、ほんとにダメ人間だから主人公とか、やさしすぎる恋人とか、劇団員とか、登場人物たちのことはあんまり好きじゃないんだけど決して嫌いにはなれないなというかんじ。

    西田敏行がなにを演じても西田敏行がでちゃう、みたいな感じで(あえてキムタクにはしません)
    又吉はなにを書いても又吉が出ていて、それはきっと作家の個性の面ですごく貴重なことなのだろうなあ。

    そして今作は攻撃的なきもちがすごく出ていてよかったなあ。火花もそうだけど、穏やかなように見えてすごくすごく頑固だったりこだわりが強かったり曲げないんだろうなっていう面が小説を書くと浮き彫りになるのがたまらんなあとおもうのです。

  • 又吉さんの新作読みたさに購入。
    『火花』より面白かった。
    前作を凌ぐのはすごいことだと思う。

  • とても丁寧に情景や、人物について書かれていたと思う。

    劇作家というのはこういう人達が多いのかどうなのか分からないが、成功すればいいが、それまでの主人公永くんはあまり魅力的でもなく、卑屈で、お金もなく、彼の才能を信じ支える沙希ちゃんがけなげで、読みながら自分をしっかり持ってとつい目線を沙希ちゃんにし、応援しながら読んでいた。そもそも付き合うきっかけというか、出会いも奇妙だし、沙希ちゃんがずっと我慢しているようにしか感じられなかった。
    永くんは、沙希ちゃんに甘えすぎ。
    母親からの荷物のことしかり、世話になっているのに、そういうことを度外視して、嫌味な言い方をしたり、上から目線で沙希ちゃんをいじったり、けっして褒めたりはしない。

    沙希の言葉、
    「ここが一番安全な場所だよ」
    「手をつなぐことを恥ずかしいと思っているの永くんだけだよ。  本当によく生きて来られたね」
    この二つのセリフがよかった。

    サッカーゲームに文豪の名前をつけているところや、
    青山とのメールのやりあいは少し引いた。

    沙希の状態がおかしくなり、実家に帰るが、久しぶりに東京で会い、昔おなじ舞台をした脚本でお互いセリフをやり取りするが、永くんは夢みたいなことしか言わない。沙希ちゃんはごめんばかり。
    劇作家としての苦悩や嫉妬や成長を描きつつ、いい意味での恋愛小説。でももっとお互いの感情をぶつけて欲しかった。付き合っているのに、同棲しているのに表面的なところでは繋がっているのに、分かり合えていたのか、分かろうとしていなかったようにも思え、そこがもどかしかった。

  • 恋愛小説的部分よりも、永田の価値観、考え方や振る舞いが結構本質をついていて考えさせられる。「火花」もそうだが、下積み時代の刹那的経験を"切り売り"している感もあり、この路線でどこまでイケるか、というところ。"表現"を志す若者の生き様として、漫才、演劇と続いたのでこの勢いでの3部作完結を期待!

    最後はちゃんと切なさ満開の恋愛小説的エンディングでした。

全26件中 1 - 25件を表示

新潮 2017年 04月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新潮 2017年 04月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新潮 2017年 04月号を本棚に「積読」で登録しているひと

新潮 2017年 04月号はこんな雑誌です

ツイートする