バブル―日本迷走の原点― [Kindle]

  • 40人登録
  • 4.33評価
    • (7)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 永野健二
  • 新潮社 (2016年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
國重惇史
有効な右矢印 無効な右矢印

バブル―日本迷走の原点―の感想・レビュー・書評

  • 著者が日経の元記者だけあって、書き手の文章力に安定感があった。バブル経済について書かれた本は、それこそ星の数程あれど、日本の内外を問わず、戦後の経済史の詳しくかつ正しい記述と、バブル期に跋扈した面々についての記述の両方共合格点以上なので、読み応えがあった。
    バブルを体感して無い若しくは、生まれて無くて全然知らない世代が読んでも面白い読み物になっていると思う。今の日本の社会とは違う景色が見える。

    結局、最後は人。これにつきる。バブルに踊らされなかった大手企業も沢山ある。決めるべき立場の人の判断ひとつで、会社が倒産することもあるをこの本を読んで改めて認識した。

  • 巨大であることを目標とした企業幹部と、それを応諾していた大蔵省、日銀。巨大ということは責任が見えにくい、隠しやすい。仕手戦、ハウスオブノムラ、興銀、プラザ合意、特金ファントラ、リクルート株などなど、当時なにが起こっていたのか整理できた。石ノ森章太郎「マンガ日本経済入門」と併せ読みがナイス。

  • 「ほらね、お金を使うことは才能なんですよ」

    バブルの流れがわかる。
    同時に、金融イベントがわかる。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

バブル―日本迷走の原点―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バブル―日本迷走の原点―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バブル―日本迷走の原点―はこんな電子書籍です

バブル―日本迷走の原点―の単行本

ツイートする