一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル) [Kindle]

  • 35人登録
  • 4.20評価
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 永田カビ
  • 小学館 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  •  「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」が気に入ったので、追いかけてみた一冊。
     ネガティブの部分を煮詰めて濃縮した感じの救いのない描写は、読んでいてつらくなるレベル。
     前作では、煮詰まって煮詰まってぐるぐるを解消するために、「風俗」という救いがあったわけよね。
     今作でも、時折「救い」はなくもないけれど、ぐるぐるのほうがメインの描写になっている印象。
     や。著者が、ぐるぐるしていたからぐるぐる描写なんだろうけどね。
     一人交換日記という体で、一日を十数ページの4コマ風の漫画エッセイ的な描写で、自分から自分へのメッセージな感じ。
     次回作は、もう少し幸せ描写が読みたいので、著者には幸せになってほしいです。

  • 前作も読んだけど今作も分かりすぎてつらい(分からんところも勿論あるんだけど)

    スタート地点でやってることは割とめちゃくちゃな手順だったけど、そのめちゃくちゃな工程の踏み方が、なんだか分かるんだよなあ

    自分の感情や思考の幼さを再確認しては漫画に綺麗に落とし込んでいて、やっぱり上手いなあと

    小さな子供みたいだった精神年齢が少しずつ実年齢にアップデートされていく、成長を見守っている感じがした

  • 自己肯定感がないゆえに他者を心から愛せない苦しみ。母娘の共依存の苦しみ。「依存先を多数持ち、それぞれへの依存度が低く保たれているのが自立した大人」という記述が胸に響いた。

  • 【素直な人】
    前作も拝読させていただきました。”全ての家族は愛し合ってて家族は愛のある場所、という考えは、これ以上強固にならないでほしい”という言葉をパブリックに発信できる人は、果たしてどれだけいるだろう?私も同感だし、それに憧れた人でした。精一杯足掻いているリアルを公開してくれて、ありがとうございます。カビさんのものさしで”幸せ”になってほしいです。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)はこんな電子書籍です

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)のコミック

ツイートする