砂の塔〜知りすぎた隣人 DVD-BOX

  • 27人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 塚原あゆ子 
出演 : 菅野美穂  岩田剛典  松嶋菜々子 
  • TCエンタテインメント (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474184182

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

砂の塔〜知りすぎた隣人 DVD-BOXの感想・レビュー・書評

  • 実際は見てなくて
    あらすじだけ全話確認したもの。
    子供同士の関係だけでなく親同士の関係も大切だと。なんだかこの世は生きにくいな。
    子供を思いやると同時に、自分にも素直に生きよう

  • おもしろかった。松嶋菜々子の作品は裏切らない

  • 録画したドラマ見終わりました。
    岩田クンの笑顔♪。松嶋菜々子の存在感!。
    そんな中普通の母感を最後まで出し続けた菅野美穂☆
    ドロドロドラマはあまり好きじゃないけど、ミステリーな感じもあって後半は良かった。

  • 衝撃的な映像から始まった砂の塔。
    こういうママ友系のドラマが結構好きで、ミステリー要素もあって毎週楽しみなドラマだった。
    原作なしのオリジナル脚本!
    終わった後に知ったんやけど、演出が「Nのために」や「夜行観覧車」の方だと知って納得!(両ドラマ好き。)

    あの優しく妹思いのお兄ちゃんの闇が現れた時は悲しくて、つらくて、ママ友→お兄ちゃんの問題へとシフトしていき、弓子さん、弓子とパパの関係、ハーメルン事件と絡み合っていく現実が苦しかったな。

    本当の母親を選び北海道に行く決意をした和樹を送り出すシーンが泣けて泣けて。泣
    でもやっぱりお兄ちゃんは心優しいお兄ちゃんのままで、空港から戻るシーンも泣けた。

    ハーメルン事件の犯人は予想通りだった。
    ただ、警察に追われ逃げる時に電話してたけど、その時すでに母は捕まっているのでは?
    あれは留守電に入れてたのか?そこ謎。

  • テーマは非現実的でもシーンは現実的に描かないと。
    橋の上で偶然に会いすぎ。なぜに火事の炎の中で立ち話?

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

砂の塔〜知りすぎた隣人 DVD-BOXはこんな映画です

ツイートする