一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく [Kindle]

  • 155人登録
  • 3.67評価
    • (10)
    • (24)
    • (13)
    • (6)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 六波羅穣
  • ニケ出版 (2017年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (198ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ジェームス W....
佐々木 圭一
宮部 みゆき
伊賀 泰代
スペンサー ジョ...
リンダ グラット...
村田 沙耶香
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくの感想・レビュー・書評

  • 紹介されている記憶術自体は昔からあるものですが、読みやすく、一気に読めるので記憶術を生活に活かしたいと考えている人はざっと一読されると良いと思います。簡単な演習で記憶術を体験できるのも◎。

  • 短期記憶と長期記憶の説明がメイン。
    1時間後も覚えている記憶は1日経っても1ヶ月経っても忘却率に大差なし
    というのが本書の肝。
    確かに英会話文で実践するとその通り。
    でもそれだけなら数ページでも書けてしまう内容。

  • なんで覚えられないのだろう。
    なんで忘れるのだろう。
    なんで(覚えているはずのことが)出てこないのだろう。
    嘆いている人のヒントになるかもしれません。

    英会話文のシーンが覚えて思い出せないことに場所ペグを使ってみようと思いました。

  • これを読んだから別に頭が良くなるわけじゃなく、記憶ストックの為の努力指南書。結局のところ努力、練習、積み重ね。

  • 記憶法の基本書。

    これまで、どうすれば効率よく記憶出来るのかとか考えたことないなぁと思い、読んでみました。

    内容は優しく、誰でも理解できるものかと思います。語呂合わせや物語作ったり、音楽に合わせたり、受験時代にやってたなぁと、懐かしくなるものもある一方、こんな複雑な記憶法もあるのかと、興味深く感じるものも。

    これ読んでどうこうとかはないですが、単純に読み物として楽しめました。

  • 情報を覚えるためには適切な想起練習が必要。
    まずは短期記憶に入れ、短期記憶から抜けた後にもう一度思い出すことをくりかえして長期記憶に移す(数十秒後や数分後、1時間後、1日後に思い出すと良い)
    記憶するときには何かと関連づけておき、関連付けたものから思い出せるようにする。
    記憶術は覚えづらい情報を覚えるときに使う。関連法やペグ法などがある。

  • 最近気になる記憶力の低下をなんとかすべく読んでみる。もちろんAmazon Prime の月1冊無料を利用して。

    これは記憶をテクニックというよりは、人間の脳の特性=記憶定着のメカニズムに注目して説明している。中学、高校の時、歴史の年号を語呂合わせで覚えていたのは正しかったのだと理解した。なるほど。若かったから覚えられたわけではないのだな。

    おすすめは物語法(記憶したいものの順番にイメージを決めて、出現順に物語を作成する)か、ペグ法のようだが、高校の時に世界史が得意だった人を思い返してみると、全然そういった覚え方をしていなかったように思う。歴史自体が物語として当人には興味深かったので、わざわざ物語法に置換える必要もなかったという事だと思う。そうなると、そもそも興味持たんかったら覚えられんという事だな。

    ポイントは、①真剣に覚える ②1分以上後にもう一回覚える ③一日終わる前に覚える ④1日空けて記憶の定着を見る。1日経って覚えていると、1か月後も覚えているとのこと。

    次回、資格試験をこのやり方でやってみようと思う。まあ、その時間が取れないのが問題なのだが、そのやる気を起こす点に関してはもちろん全く触れられていない。そこは頑張るのみなわけで。

  • 紐づけて覚える。

  • 記憶法について、体系的に網羅した解説書です。
    言われてみれば、やったことあると思える記憶法なのですが、それを体系的に網羅し、その長所、短所を説明しているので、参考になります。何度も読み込むの良い本ですね。

  • Kindle Unlimitedで読了。
    表紙とタイトルでハードルが上がる感がありますが、中身は語呂合わせ等のテクニックや「マーカーを引いて下敷きで隠す」という、あ、それ受験でやった!というものばかり。
    短期記憶と長期記憶のくだりは少し参考になりました。

    記憶がちょー苦手な人向き。

  • 記憶のメカニズムをわかりやすく書いてあります。どうやって人は認知し、記憶し、忘却するのか、そして想起するのか。意識して行動することで覚えたい内容をコントロールすることができそうです。

  • 読むと、ああ…こういう覚え方を何度かした記憶がある、と思い出す。
    でも理論立てて活用していく具体的な方法ははじめて知った。
    これからどう記憶していけばいいのか、この本は教えてくれるだろう。

  • kindleの無料本で読んだ。

    年号などの数字の羅列を覚える方法。つまらない本だった・・・

    そして、この本を読むと52枚のとらんぷをランダムに並べたものを覚えられるようになる!と前書きにあったのだが、読み終えても全然そんな気がしない・・・

  • 久しぶりに読む勉強法の本。
    受験の時はよく読んでたなぁ。

  • 昔から記憶力にはあまり自信がない。

    しかしここで書かれている記憶術はどれもなるほど、と思えるもので確かにこの方法なら記憶する能力は飛躍的に向上しそうである。

    もちろん何事も記憶するための努力は必要だろうけどこういった記憶メソッドを習得することもとても重要ですね。

  • 流し読みした。復習の重要性を再確認したのと具体的な実践方法を知ることが出来た。3章の記憶術は、今の自分にとって習得の優先度が低そうだったから読み流した。とにかく効率的な想起練習を習得すべきだ。

  • 記憶の仕組み、記憶するための方法、記憶術などなど。
    たくさんあるけど、それを活用してどうするか。それが重要だ。毎日のお買い物リストをいちいち記憶術を使って覚えていくのはなんだか非効率すぎる。

    覚えたいことはなんだろう。それを覚えよう。

  • 関係法、一連法、変換記憶術、ペグ法といった記憶術もありますが一長一短と言った印象です。

    それよりもまず基本的な想起訓練。
    その日のうちに、
    数秒後、数分後、1時間後
    覚えたことを思い出し、続いて、
    翌日、1か月後と一定スパンに見直すことが、本当に大切。

    本書は記憶力の差は個人の天分によらず、やり方の問題にあるのだと説いている。そこがありがたいし、凡庸な者にとっては励みになる。

  • Kindle unlimitedでダウンロード。
    記憶のメカニズムや、効率よく記憶するための原則、記憶術の方法を解説している。
    驚異的な記憶力を手に入れるには、地道な練習が必要で、努力をしなくても簡単に記憶できる魔法のような方法はないんだなと感じた。だが、地道に努力して本書で紹介されているメソッドを身につければ、容易に大量の情報を記憶できるようになれると思う。
    特に、世界記憶力選手権の選手も利用しているという「場所法」は自分も頑張って身につけたいと思った。

  • もっと早くに出会いたかったけど、今出会えて感謝。
    まずは、基本中の基本、想起法で頭を訓練してみます。
    歌は重要そうなこと、ペグは日常生活で訓練かな。

  • 網羅的な記憶術本。

全23件中 1 - 23件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくを本棚に登録しているひと

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくを本棚に「読みたい」で登録しているひと

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくを本棚に「積読」で登録しているひと

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくはこんな電子書籍です

ツイートする