一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく [Kindle]

  • 78人登録
  • 3.80評価
    • (8)
    • (13)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 六波羅穣
  • ニケ出版 (2017年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (198ページ)

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくの感想・レビュー・書評

  • 読むと、ああ…こういう覚え方を何度かした記憶がある、と思い出す。
    でも理論立てて活用していく具体的な方法ははじめて知った。
    これからどう記憶していけばいいのか、この本は教えてくれるだろう。

  • kindleの無料本で読んだ。

    年号などの数字の羅列を覚える方法。つまらない本だった・・・

    そして、この本を読むと52枚のとらんぷをランダムに並べたものを覚えられるようになる!と前書きにあったのだが、読み終えても全然そんな気がしない・・・

  • 久しぶりに読む勉強法の本。
    受験の時はよく読んでたなぁ。

  • 昔から記憶力にはあまり自信がない。

    しかしここで書かれている記憶術はどれもなるほど、と思えるもので確かにこの方法なら記憶する能力は飛躍的に向上しそうである。

    もちろん何事も記憶するための努力は必要だろうけどこういった記憶メソッドを習得することもとても重要ですね。

  • 流し読みした。復習の重要性を再確認したのと具体的な実践方法を知ることが出来た。3章の記憶術は、今の自分にとって習得の優先度が低そうだったから読み流した。とにかく効率的な想起練習を習得すべきだ。

  • 記憶の仕組み、記憶するための方法、記憶術などなど。
    たくさんあるけど、それを活用してどうするか。それが重要だ。毎日のお買い物リストをいちいち記憶術を使って覚えていくのはなんだか非効率すぎる。

    覚えたいことはなんだろう。それを覚えよう。

  • 関係法、一連法、変換記憶術、ペグ法といった記憶術もありますが一長一短と言った印象です。

    それよりもまず基本的な想起訓練。
    その日のうちに、
    数秒後、数分後、1時間後
    覚えたことを思い出し、続いて、
    翌日、1か月後と一定スパンに見直すことが、本当に大切。

    本書は記憶力の差は個人の天分によらず、やり方の問題にあるのだと説いている。そこがありがたいし、凡庸な者にとっては励みになる。

  • Kindle unlimitedでダウンロード。
    記憶のメカニズムや、効率よく記憶するための原則、記憶術の方法を解説している。
    驚異的な記憶力を手に入れるには、地道な練習が必要で、努力をしなくても簡単に記憶できる魔法のような方法はないんだなと感じた。だが、地道に努力して本書で紹介されているメソッドを身につければ、容易に大量の情報を記憶できるようになれると思う。
    特に、世界記憶力選手権の選手も利用しているという「場所法」は自分も頑張って身につけたいと思った。

  • もっと早くに出会いたかったけど、今出会えて感謝。
    まずは、基本中の基本、想起法で頭を訓練してみます。
    歌は重要そうなこと、ペグは日常生活で訓練かな。

  • 網羅的な記憶術本。

全12件中 1 - 12件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくを本棚に「積読」で登録しているひと

一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくはこんな電子書籍です

ツイートする