米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book) [Kindle]

  • 32人登録
  • 4.27評価
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 赤根洋子  飯田将史 
  • 文藝春秋 (2016年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)の感想・レビュー・書評

  • カリフォルニア大学教授が書いた、アメリカから見た中国論。…と言うよりも、トランプの政策顧問が「中国は危ない!」と主張している本。
    センセーショナルな邦題がついていますが、原題は「Crouching Tiger: What China's Militarism Means for the World」で、「臥虎(地に伏せている虎):中国軍国主義が世界にとって意味するもの」という感じでしょうか。
    日本版の解説が防衛省防衛研究所の人というあたり、文藝春秋しっかりしてるなぁという印象を受けました。。

    主張としては、にべもなく纏めてしまうと「軍事予算削ってる場合じゃないぞ!」で、F-22、F-35といった第五世代戦闘機なんかは予算削減で配備機数が少なくなった中、中国にハッキングされてばんばんコピー作られちゃってるのでヤバいぞ、と警鐘を鳴らしています。
    非対称兵器の恐怖というのはあぁなるほど、と感じました。破壊しようとする対象と比べて非常に安価な兵器を、今中国はたくさん配備していて、例えば高価な空母に対して、たくさんの小型高速ミサイル艇で襲えば勝ててしまう。アメリカも同様に対抗すべきだという主張です。
    本書で扱っている内容は純粋に軍事的な話だけでなく、当然地政学にも触れ、世論操作等の情報戦にも触れ、中国の至近の紛争となりうる要因(尖閣諸島も入ってます)に触れ、中国内部の状況にも触れ、と非常に網羅的な印象を受けました。
    「中国政府の第一にして最優先の目標は中国国民の福祉の向上ではなく、中国共産党の権力の維持である」というのはその通りなんでしょうが、なんとも。

    トランプ大統領、孤立主義かと思ってましたが、この本を読む限りだとそうならないし、現にその方向性に向かっているような気もします。
    ボリュームもそう重くない感じで、訳も読みやすかったので、ちょろっと読んでみても良いのでは。(5年、10年後に読んでもあまり意味がない本な気がします)

  • 日本語訳がこなされていて非常に読みやすく、かつ最初に問いを立て、それに対する事実関係に基づく回答の確認という形式で進むという構成が非常に頭に入りやすく、この手の本としては異例のわかりやすさだった。

    米中の戦争のシミュレーションではなく、米側、中国側お互いの事情を理解する上での基本的知識が整理されていると思う。

  • 【中国は「非対称兵器」でアジア制覇を目論む】歴史上、既存の大国と新興国が戦争に至る確率は70%以上。中国が制海権獲得のために突破を目指している第一・第二列島線とは何か。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)を本棚に「積読」で登録しているひと

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)はこんな電子書籍です

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)の単行本

ツイートする