デスノート Light up the NEW world [DVD]

  • 92人登録
  • 2.56評価
    • (1)
    • (4)
    • (24)
    • (11)
    • (8)
  • 24レビュー
監督 : 佐藤信介 
出演 : 東出昌大  池松壮亮  菅田将暉 
  • バップ (2017年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021145886

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

デスノート Light up the NEW world [DVD]の感想・レビュー・書評

  • あの3人だとちょっとインパクトがなあ。
    藤原竜也の偉大さがやはり身に染みる・・・

    顔隠すならもっとちゃんと隠そうよ。
    フェイスオフみたいに顔入れ替えちゃえばいいじゃん。

  • テレビ初放送
    10年後
    地上にノートが6冊
    キラの後継者とは…

    VTRでキラとLは出ているが、
    新しい3人とのやり取りがほとんどで、
    もう別物って感じがする
    ミサが大人っぽくなっていた
    もう少しスリリングさが欲しかった
    白い女の悪魔が彼女ヅラっぽくて笑えるが
    最後はやっぱり女なのねw

  • 面白かったけど、デスノート多すぎてなんか少し萎える。
    ほとんどのデスノートを集められるほど菅田将暉くんは賢いの?ならもう少し賢いことが分かる描写がほしかった。
    最後入れ替わるとこは面白い。
    デスノートに竜崎のことをどう書いたのか、説明みたいなシーンが(藤原竜也みたいに)最後にあったら、個人的には『おおおー!』ってなって、より楽しい。

  • 藤原竜也が出てきて、戸田恵梨香が出てくる
    それだけでDeath Noteファンとしてはたまらない

    あれだけの出番なのに、川栄と船越さんが番宣によく出てたのが謎w

    衝撃的な結果が楽しいんだろうけど、なんだか釈然としない、やっぱり元が良すぎたから、それを超えることはできない、そんな感じ

  • どんでん返しが多くて、楽しめました。
    友達と見たらとても楽しかっただろうな

  • うーん、一回観ただけじゃ脳みそついて行かない。

  • 面白かったと思うけどこっちをドラマでやっていた方が良かったんじゃないか感がある。
    あまり主人公に魅力を感じなかったのと竜崎にいらっとすることが多かったけど、月がやった自分で自分を捜査するっていうのを自分自身で知らないうちに行っていたのが面白かったな。

    アーマとミサは凄く良かった、好き。
    ミサは大人になって険が抜けて悲壮感が全身を覆ってる感じで、人混みの中からノートを手に現れたときは鳥肌が立った。格好良いわー
    月だけをずっと心に月だけを思って月と共に死ぬことを選択するミサかわいい。好き。
    アーマも、結局は死んでしまうってわかっている竜崎に命をかけて友達っていうよりもお姉ちゃんとかお母さん感がある優しくて本当に可愛い死神だった。

    ラストの主人公はずるいと思った。

  • 相変わらずの暗さ。
    原作を知らないと面白みは無い。
    原作ファンは、新しい話だから、
    新鮮に楽しめる。

    が、元にあった頭脳戦は、
    ラストのラストだから、
    どうしても中盤は、眠くなる。

  • 計画どおり らしい。すべて。

    ワル顔で終わらないとこがいんかな。


    人間って、面白いだろ?

  • もともとストーリーを知らないまま観たので、余計に分からなかったのかもしれないが、だから何?っていう場面が多くて、意味が分からないまま終わった感じ。それぞれのキャラが自ら説明してストーリーが進むので、面白くない。もっとこちら側が観ているだけで想像し、理解出来る作品にしてほしい。

  • もう少し頭脳戦がほしかった。

  • 新生キラの正体が前作の登場人物だったら胸熱展開だっただろうな。
    最初、ライトくんのパパかと思ったけど、よく考えたら、前作でお亡くなりになってたわw

    L役の俳優さん、童顔にヒゲは似合わん。

    新生キラとLが「お互いに平凡な名前だなw」って言うシーンはキラキラネームの月君への嫌味かしら

  • 原作の様な頭脳戦はないけど、デスノートの世界観を持つエンタテインメントとして観れば楽しめる作品。
    突っ込みどころは多々あるけれど。

  • 公開前の期待が高かったこともあり
    酷かった。いや、その前提がなくても酷い。

  • デスノートの設定を使っただけの安っぽい人間ドラマだった。何の駆け引きも無い

  • アホばっか。

    もう最初の実写が完璧すぎた。
    続編を匂わすようなラストだったけど、、今後どんな内容でどんなキャスティングでやろうと最初の実写を超えるものはできない。

  •  面白そうな雰囲気をまとっているだけにガッカリ感も大きい作品。 各人の行動の動機の不納得感や設定の微妙さなどなど、とにかくアラばかりが気になる二時間強だった。

  • 途中までは悪くなかった気がするのに・・・。
    ラスト30分の展開は久々に怒りがこみ上げました。

  • アーマちゃんと竜崎のコンビかわいい。

  • でだしは 快調だったが、
    何ともはや。途中で 尻切れとんぼ。
    予告だけだったのだ。

    東出昌大は ミステリアスになりきれない。
    やはり 好青年である。
    池松壮亮が 独特の雰囲気を出していた。
    ふーむ。これは、可能性がある。
    菅田将暉。どこかが ずれているので、
    それが 活かされるとおもしろそうだ。

全24件中 1 - 24件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

デスノート Light up the NEW world [DVD]を本棚に登録しているひと

デスノート Light up the NEW world [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

デスノート Light up the NEW world [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

デスノート Light up the NEW world [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする