星の案内人 4巻 (芳文社コミックス) [Kindle]

  • 3人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 上村五十鈴
  • 芳文社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

星の案内人 4巻 (芳文社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小宇宙に集まってきた人々は何やら個性豊かな面々。胸の内には何やら重いものを抱え込んでるようで。だけど、皆の頭上には等しく星は輝いている。「そうしてすべてのものに生きなさいって、言ってるんだよ」じいちゃんはいつもの熱さで星の物語なのか生きる勇気なのかを語っている。「顔あげろよ、イザワ悪くねえじゃん。人が困ってんのに笑ってる奴の方がよっぽど恥ずかしい」ナラサワ君の思いは片側通行ではあるものの、こういうふとした瞬間に背中を押す。「だから見えないものこそ尊く美しく偉大で何より魅力的なんだよ」目に見るものがすべてなのか。否。と。「この荘厳な宇宙の舞台で自らの精一杯を美しい舞いを舞えばいいんだよ!」

全1件中 1 - 1件を表示

上村五十鈴の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

星の案内人 4巻 (芳文社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の案内人 4巻 (芳文社コミックス)はこんな電子書籍です

星の案内人 4巻 (芳文社コミックス)のコミック

ツイートする