百日百首 [Kindle]

  • 1人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 川添英一
  • 夢叶舎 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

百日百首の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 流れるような美しい筆文字で
    書かれた短歌
    人間を深く洞察しなければ
    決して詠み得ない
    人生の機微を深く抉った鋭い感覚
    情景を捉える優れた力量を
    この一冊は豊かに示す

            
    ------------------
    著者略歴
    川添 英一(かわぞえ えいいち)

    一九五一(昭和二十六)年二月十日 福岡県上秋月生まれ。
    幼少時より父に書を学ぶ。中学校時代に書作品で『中国大使館賞』を受賞。
    福岡県立八幡高校、奈良教育大学特設書道科卒。書は漢字を小坂奇石、仮名を谷辺橘南に師事。
    大学では乾鍵堂、天石東村、平田華邑、宮崎紫光、梅舒適、田中塊堂、沖六鵬などの教鞭を受けた。森田子龍とも交流。大学在学時から塔(高安国世主宰)に入会、編集。一九七二年には歌集『夭折』(構造社)刊。七十四年には早瀬譲、米田登らといばらき短歌会を創設。現代短歌74に参加。永田和宏、池本一郎と共に『塔の第三の新鋭』と紹介される。『坂田博義歌集』(塔発行所)編集。七十六年には安宅夏夫、栗木京子らと共に現代歌人集会シンポジウム『わが作歌信条』に参加。七十七年、歌集『夜の大樹を』以降、歌壇より決別。京都龍安寺境内塔頭大珠院にて、盛永宗興老師の許、参禅の修行に入る。動く禅といわれる合気道に興味を抱き、北海道網走在住の武田時宗(植芝盛平の師の武田惣角の子息)宗家と交流、八十二年より四年間、宗家に内弟子として私淑する傍ら、網走第二中学に赴任、流氷に感動し、北海道の自然に触れる。一時、塔に復帰し八十六年には第三十二回角川短歌賞候補に(短歌賞は俵万智)。九十八年より手作りの個人誌『流氷記』を刊行。以降六十二号まで続いている。その間、阿川弘之、北杜夫、藤本義一、田辺聖子、落合恵子、島田陽子、畑中圭一、三浦光世等の支持を得た。九十九年には写真家津田洋甫写真集「ふゆいろ」に参加。二〇〇〇年には『わたしの流氷』(菊地慶一編集)に参加。〇三年三月二十八日には朝日新聞『折々のうた』(大岡信)に『流氷記』とその歌が紹介される。〇四年文庫版『流氷記』(新葉館出版)刊。〇八年に父が亡くなり、父の書作品集『一を貫く』手本集『明月素光を流す』(新葉館出版)刊。それをきっかけに歌を筆で書くようになる。本年十六年の五月八日よりフェイスブックに毎日歌を投稿して、『日日百首 壱』(新葉館出版)を刊行。『百日百首』はその続編であるが、より自分らしい一冊に仕上がった。

全1件中 1 - 1件を表示

川添英一の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

百日百首を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする