湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

  • 211人登録
  • 4.17評価
    • (44)
    • (38)
    • (16)
    • (4)
    • (1)
  • 49レビュー
監督 : 中野量太 
出演 : 宮沢りえ  杉咲花  松坂桃李  オダギリジョー 
  • TCエンタテインメント (2017年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474185417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 中野量太監督・脚本、2016年作。宮沢りえ、杉咲花、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー、伊東蒼出演。

    <コメント>から
    •テーマ
    双葉は家族関係に恵まれずに育った。なのに死の直前になってようやく家族関係に恵まれ、幸せの絶頂に達しながら他界するというパラドクス。

    •映画の作り
    ストーリーがわかりやすく、かつ、要所に泣ける場面が盛り込まれており、良い意味でエンタメ要素にあふれた佳作。
    それでいて、次のような、観衆を突き放す「スパイス」も随所に散りばめられ、監督はなかなかの策士である。「辛口カレー」が食べられない人には楽しめないかな。
    …6分 絵の具をダメにされ服を汚される。
    …18分 ブラとショーツのプレゼント
    …19分 オタマで額を殴打、
    …43分 下着姿と牛乳ゲロ
    …53分 鮎子旧宅前でおもらし、ドアノブにパンツ遺留
    …70分 拓海にだきつく双葉、双葉に身を寄せる拓海
    …75分 双葉が突如として君江をビンタ
    …86分 車にいない双葉、外で倒れている
    …99分 母宅に置物投げつけてガラス割る
    …ラスト 何かを燃やして沸かしたお湯に家族が浸る(一部で双葉を燃やしたという話もあるが、常識的ではない。もしかして…的な監督のスパイスにすぎないだろう)。

    •印象に残るセリフ
    …(制服を取り戻した安澄が双葉に向かって)
    「お母ちゃんの遺伝子、ちょっとだけあった」
    …(家出した鮎子が翌朝のしゃぶしゃぶ朝食の食卓で)
    「これからはもっと一生懸命働きます。どうかできればで良いのですが、この家にいたいです。でも、まだママのこと、好きでいてもいいですか?」
    …(安澄が手話で話しながら初めて会った君江に向かって)
    「母がいつかきっと役に立つ時が来るから勉強しときなさいって」

    •しつけのスタイル
    双葉の躾のスタイルには批判もあるようだ。いじめられて学校に行きたがらない子を、負けちゃダメだと無理に行かせる、君江に挨拶に行かせるために、無理やり車から引きずり下ろす。
    しかしね、成長過程にある子供の価値観を尊重することほど無責任なしつけはない。親なら、今まで生きてきた人生のさしあたりの結論である自分の価値観を、子どもに示すのは当たり前。子はそれを起点に自分の価値を形成していくものだし、その形成過程を全力で支えるのが親の役目でありしつけというものだろう。
    •双葉のカラーは赤。赤い車、まゆちゃんからの赤い花、赤い花びら、煙突からの赤い煙。
    •宮沢りえがハマリ役、というか最近見るからに病気じゃないかと心配になる出で立ちだからこそのハマリ役なのか。それと杉咲花さんが好演。若いのに立派。伊東蒼さんもよかった。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    幸野双葉(宮沢)は娘の安澄(杉咲)と二人暮らし。安澄が学校でいじめられても休ませず、立ち向かえとハッパをかける。
    仕事中に倒れた双葉は末期がんで余命2ヶ月と知らされ、死後の環境整備のため、逃げた夫の一浩(オダギリ)を、連れ子の鮎子(伊東)ごと家に連れ戻し、家族全員で、休んでいた稼業の銭湯を再開する。
    ある日、女3人で温泉旅行に出かける。狙いは本当の母である君江(篠原)に安澄を引き合わせることだった。途中、ヒッチハイカーの拓海(松坂)を乗せ、再会を約束。安澄は口のきけない君江と会い、手話で応える。娘2人が車に戻ると双葉は外で倒れており入院。
    家族の生活のめどがたったことで双葉はようやく自分を振り返るようになる。そして幼い頃自分を捨てた母に会いたくなる。探偵に連れられて母宅に行き、探偵が面会したところそんな娘はいないとの返事。外から室内を見ると、母が孫達と楽しそうにする姿がみえ、門柱にあった置物の犬を投げつけて逃げる。
    病状は日に日に悪化していくなか、拓海が銭湯を訪問、君江... 続きを読む

  • 自分がいなくては家族が回らないと思っている間は、なんの疑いもなく、家族への責任を感じつつ生活をしていきますが、自分の余命が数ヶ月だとわかった時点で、ボクは家族に何ができるのだろうか考えさせられました。

    自分が死んだ後、残された家族の生活を考えれば考えるほど、自分がいなくても、家族が回る状態にしなければなりません。

    家族への愛が深いほど、それは自分の存在を消していく作業となり、自分がいなくても家族は回ると確信した時、それは安心と同時に、自分はいなくても良いのだという寂しさもあるのだと、生きたいと思うのだと思いました。

    熱い人はかっこ悪いのかもしれませんが、その熱量は確実に他人にも伝わるのだと思いました。熱さはわかりやすい言動に表すよりも、グツグツと内に秘めている方がより熱いのだとも思いました。

    映画館での上映を観逃してから、DVD発売をずっと待って、観たくて観たくてたまらなかった映画です。
    前半、ストーリーとしての展開がテンポよく進み、同時に伏線が張られていきますが、後半、伏線が回収されるとともに、予想を裏切られる展開に泣けました。
    中一娘と観ましたが、2回目は内容がより理解できて、号泣でした。

  • 2016年の本邦映画イチオシ作品、りえちゃんが素晴らしい〜〜との評判だったので期待してましたが .....

    話は 肝っ玉かあちゃん薄幸バージョン 的な?
    夫婦で銭湯を営んでいたが、夫が蒸発して銭湯はしめて、母娘で暮らしていたものの、母 末期癌のどん底に。
    ここで、イジメられてる娘に喝いれつつ、夫を探し出し強引に連れ帰り、銭湯を再開し、彼の連れ子も面倒みるよ〜〜 
    たまたま知り合った探偵さんもヒッチハイカーも救っちゃうよ〜
    スポ根・ど根性母ちゃんなわけよ〜〜

    まずは 娘のイジメ克服シーン、全身絵の具だらけにされたりと壮絶にいじめられてるわけだが、きわめつけで制服盗まれてしまう。
    で、返してくれと。
    ホームルームでブラ・パン一丁で訴えるんだわ .....
    なんなんだ、あれ??
    絶対にああいうのやっちゃだめでしょ。
    女優さんは成人してるんでしょうが、高校の教室って設定で、いくら自力で戦うたって、あれはダメだ。
    文字どおり裸一貫って時代、じゃないんだよ。
    バカじゃないの?

    もう全編のあちこちの脚本の雑さというか無神経さというか、あのシーンが象徴してるよね。。。

    とてもじゃないけど泣けませんでした ......
    むしろ、腹たったわ。

    演者さんたちには罪はなし。

  • 病床で横たわる宮沢さんはとても痩せていて
    本当に病なのでは・・・と思えるほど。
    最後は涙涙涙・・・
    わたしにはあの強さはあるのだろうか

    母親の愛、ってすごい!家族愛っていい!って思えた作品。

  • 最初は とても入りが良かった 鮎子良かった
    最後に出てくるタイトルバックに驚きがあった
    病気を知って いきなり過去の事が色々出てきて面食らった 娘は結構 いきなりの事でも素直に順応してたのが 不思議な気もした。宮沢りえは迫真の演技だったのかもしれないけど、私的には ラストになると 何だか 伝えたいものが伝わりにくい感じもした 病気には勝てず そこはリアリティを出したのかもしれないけど 思ってた感動はなかった、、何だか意外と妙に最後はまとまり ふたばさんの存在を感じにくかったかも…アカデミーで主演女優賞を獲った事に少し疑問が残った
    ピラミッドをあんな風に思いついた発想は良かったかな

  • 日本映画の真骨頂かな?とにかく淡々と時が流れて行く中で、登場人物一人一人の感情の変化が丁寧に描かれている。宮沢りえを始めとした方々の演技が凄い。観入ってしまう。
    ストーリーについては、本当の家族でないはずの人間に無償で注がれる宮沢りえの愛。これは泣けました。
    最後の最後のタイトルカットは何故?とおもいましたが、らしくて良かったです。

  • はぁ…すごくよかった。ラストのラストなんか園子温の愛のむきだしを思い出した、タイトル演出だけだけど。
    宮沢りえってやっぱり綺麗なんだなー、たくましいよ、すごいよ、双葉さん。杉咲花ちゃんと体当たりな演技涙が出ちゃう。すごい泣けた。下着姿、勇気いるよね、泣けるよ。花ちゃん表情の演技がすごいと思った。泣き顔にしろ、笑顔にしろ、全ての間が上手。良い映画だった、すごい映画だった。まさに湯を沸かすほどの熱い愛だった。

  • 凄すぎた
    こんなに泣いたのは久しぶり
    ラストサムライぶり?笑

    嗚咽を漏らしながら見た

    みんなみんな凄かった

    心に突き刺さる、忘れられない映画
    傑作

  • 何度も泣いてしまった

  • 宮沢りえの演技に引き込まれ、子役の女の子と花ちゃんの演技に号泣。

    彼女らの演技の気迫に押され、中盤から何回か泣き所があったのですごくゾワゾワしたんだけど、実はラストのファンタジー感が個人的にあまり好きではない。

    監督はこのクライマックスにするためにお風呂屋さんの設定にしたんだろうし、このクライマックスが監督の描きたかった画なのだろうと思うけれど、この3人の演技を乗せて、最後の最後までリアルさを追求してほしかったなーというのが残念。

  •  夫が失踪してパン屋で働いていた女性。突然倒れ、余命数ヶ月を宣告された彼女は夫を探して家業の銭湯を再開。娘や夫が連れてきた愛人の子の為に動き回る。

     これは確かにひたすら泣ける映画である。キャスティングがピタッとはまってるから、表情だけで泣けてしまう。あと、ところどころけっこうクスッと来る。
     これは主人公なき後の人々が家族のようなものになっていくストーリーでもあったと思う。是枝裕和監督作品なんかとテーマが近いかな。
     私はもうちょっと泣かない方が映画としては好みなので、それでちょっとだけ評価が下がってます。

  • お涙頂戴の典型かと思いきや、
    いやいや、そんなことを思ってすみませんでしたと、
    100回くらい謝りたいw



    一貫して母と娘の物語なのだが、
    もうひとつの大いなる流れは、
    愛情に纏わる確かな物語。

    真剣に向き合うことができる愛情深い母は、
    もっとも愛情が欲しく、
    真剣に向き合ってもらいたかった少女なのだった。
    だからこそ、愛せるのだ。
    だからこそ、笑えて、泣けるのだ。

    ラストに向かうある瞬間に、
    タイトルが意味することを悟るのだが、
    それでもはじめから終わりまで、
    予定調和は何もなく、
    脚本の力、役者の力、
    すべての調和に納得の号泣。

  • 出演者の数は少なかったが、それぞれ個性が豊かで演技も素晴らしかった。最後の風呂シーンが衝撃!

  • いい映画と評判。なるほど。

    あっけらかん、しみじみ、あったか〜い。
    すべて、あった。

    愛に溢れてる。
    家族のかたちはいろいろ。

    最後の青空ピクニックが
    双葉家らしくて、良かった。
    間に合ったのかな、焼き場。

  • 泣けるし、笑えるところもあるし、なかなかいい映画だった。
    いい映画だったんだけど・・・
    なんか終始イライラしてしまった。
    何に対してのイライラなのかわからないけど。
    登場人物になのか、作品そのものになのか、自分でもよくわからないがずっとイライラしていた。
    もちろん泣くところでは泣きましたよ。
    笑うところでは笑いましたよ。
    非常にいい映画だと思いますよ。
    それなのになぜだろう。
    まあわからないものはわからない。
    もう1回見てもいいと思う。
    それくらいの映画なのにね。
    なんでだ?

  • 題名の通りの物語でした。
    死後にやり残したことをする物語としては、僕の生きる道など、日本でも海外でも多くありますが、この映画は、もともと情熱的な女性が、娘のために、ときには厳しくあたるところ、見終わったあとの不思議な幸福感があること、など、ほかの余命ものとは少し違う印象を持ちました。
    自分がいなくなった後、娘が明るく笑っていきていける環境を作る情熱的な愛情と、境遇を同じくする愛情に恵まれない人も包容し、叱咤激励していく姿に涙が止まりませんでした。

    とにかく宮沢りえと杉咲花の親子の演技が凄い。
    とくに杉咲花ちゃんは、泣きの演技で何度もらい泣きをしたことか。

    一番大きな愛を感じたのは、手話が理解できる理由が判明したとき。

    こんなにも子供のために行動は出来ないですが、情熱的に生きていきたいと思わせる作品でした。

  • 母の深い愛、湯を沸かすほどの熱い愛、しっかりと感じました。

  • ここまで入り組んだ家族設定も
    なかなか見ない。
    良い意味で期待を裏切る展開。

    一見、普通の邦画で、
    見終わった後は、邦画であんまり体験できない、
    脱力・幸福感。

    マネしようとも出来ない母に完敗。

  • 余命を知った時、まず思うのはまだ頼りない娘のこと。
    何事にも一人で立ち向える強さを持たせたいと願いつつ、娘を一人ぼっちにしないよう、奔走する。当てにならない父親でも、娘を手離した実の母親でも、とにかく娘がつながっていられる大人を求める過程で、小さな子供やヒッチハイクの青年まで抱え込んでしまうのは、懐の深さ故か。それも一つの家族の形。

    映画にしてもあり得ないと思う部分は多少あったが、それでもまんまと、幾度もぼろぼろに泣かされてしまった。母娘の演技力もすごいのです。

  • 2017/07/30
    素晴らしい。
    宮沢りえはもちろんすごいけど、杉咲花が本当に良かった。
    自分が母親になった時、こんなにも全身で愛してあげることのできる母親になりたいと思った。
    たくさん泣いた場面はあったけれど、手話の件で涙腺崩壊。

  • 表現や演出に賛否あるみたいですが、映画なのでこれくらいありえない内容でも気になりません。

    とにかく現実ではありえないほどの湯を沸かすほどの熱い愛を示してくれました。

    良作だと思います。

  • 映画館で鑑賞。「もうすぐ死ぬ人」を主人公にした日本映画は腐るほど作られているのでそんなに期待もしなかったし、また、主人公である母親が異常にポジティブなテンションで、子どもに価値観を押しつけてくるのに反感を持ったりしたのだが、でも、その理由が途中で分かって思わず「なるほど!」であった。で、エンディングであるが、そりゃ、タイトルの意味はこうだったのかと腰が抜けたわけだが、でも、伏線とか何にもないに等しくないか、これ? それにやっぱりリアリティということで考えるといろいろ無理はあるよね。まあ、力技でねじ伏せられた感じは悪くはなかったな。

  • 双葉が余命宣告をされてから、様々な問題を解決しようとする家族の物語。

    短期間にあれだけの変化に晒されながら、すべてに正面から向き合った安澄の強さに感動する。

全49件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする