野村證券第2事業法人部 [Kindle]

  • 39人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 横尾宣政
  • 講談社 (2017年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (403ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

野村證券第2事業法人部の感想・レビュー・書評

  • 「正しい価格など、誰にも定められないのだ」

    前半は著者の若い頃の話。
    野村證券での営業活動等が記述されており、とても面白い。今の時代から考えるとえげつない営業方法もある。

    後半はオリンパスの粉飾事件がメインになる。
    自分は被害者だ、というのが後半のメッセージ。

  • リアルな実体験は面白い
    客を騙すような営業手法には、眉をひそめるが

    人生どこで足をすくわれるかわからないものだと思った
    長い目で見て、清廉潔白に、危ない人と付き合わずに生きましょうということかなと。

  • の職場はこんなタイプの人だらけでした。気がつけばコンプライアンス社会になりましたね。不思議。本書はやんちゃな新人話・アレオレ詐欺・弁解っていう親父三点セットでできています。規模がやたらでかいけどね。

  • 電子書籍。オリンパス事件で粉飾決算の首謀者と言われ、上告中の本人の暴露本。この手の本は、『一体どっちがホントなんだ???』となるけど、これもそうでした。前半の野村証券時代の話が、えげつなくで面白かったけど、⭐️3つかな。

  • 「1億円しか持っていない人に2億円損させると、その客はもう自殺するしかない。かといってノルマの達成は必須だ。そうなると自分が客に示せる最大の誠意は、1億円や2億円損しても平気な人を選んで取り引きすることだった」

    上記は本書からの引用ですが、このような思考こそ、証券マンの人間性や倫理観、あるいは証券業界の驚くべきカルチャーを一言で示しているといえるでしょう。

    本書は、証券業界を知る上で欠かすことのできない大変貴重な資料ではないでしょうか。通常ほとんど知られることのない業界の内情を恥じることもなく明け透けに書きなぐってくれたご著者には、感嘆の念を禁じ得ません。こんな重要な素材を提供してくれたという意味で、本書には☆5つの価値があると考えます。

    ですが、書かれている内容自体を改めて振り返ると、「大事な客」など数多くの他人の善意や信頼をここまで踏み躙ることができるのか、と言葉を失う思いです。ですので、このような評価とさせて頂きたいと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

野村證券第2事業法人部を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野村證券第2事業法人部を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野村證券第2事業法人部を本棚に「積読」で登録しているひと

野村證券第2事業法人部はこんな電子書籍です

野村證券第2事業法人部の単行本

ツイートする