すばる2017年4月号

  • 12人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 集英社 (2017年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910054590470

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すばる2017年4月号の感想・レビュー・書評

  • 温又柔の「真ん中の子どもたち」が読みたくて図書館より拝借したが。うーん正直またか、と思ってしまった。この手からの脱皮を切に望む。まあずっとこれでやってくならそれはそれでいいけれど。受賞が無理だった理由が明らか。なんだか途中から飽きて、よっぽど特集「あの人の日記」のほうがおもしろかった。長島有里枝「テント日記」管啓次郎「アラスカ日記」どちらもおもしろかった。その他川上弘美、津村記久子、本谷有希子、西川美和となかなかの人物の日記が読める号。

  • 温又柔著「真ん中の子どもたち」読了。芥川賞候補作。台湾と中国と日本の言葉、歴史。1ヶ月の語学留学期間で気づいたことが沢山で、その後の主人公の生き方がよかった。こういう物語は好き。

  • 「真ん中の子どもたち」

    テーマは分かるし、よく伝わるのだが、後半からの恋愛の要素は必要だっただろうか?前半までは丁寧に進めていたように思われたので、やや残念だった。
    また、作者は全く悪くないが、異国間、多言語、異文化等の同様のバックグラウンドをもつ作家はこれからも、これまでも多くいると思われて、それゆえの葛藤というテーマ自体はかえって馴染みのものと化していないか。

全3件中 1 - 3件を表示

すばる2017年4月号を本棚に登録しているひと

すばる2017年4月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すばる2017年4月号を本棚に「積読」で登録しているひと

すばる2017年4月号はこんな雑誌です

ツイートする