ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号 [雑誌]

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2017年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910068470478

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SF映画で見た世界が、すぐそこまで来ようとしている。人類はどこまで進化してしまうのかと考えると、空恐ろしくなった。

    ISの残虐さ、そこで生きる人間たちのたくましさ。死と隣り合わせの毎日は想像を絶する…

    最後の「誰もいない世界」の写真が素晴らしかった!廃墟好きにはたまらない。

  • 莫大な時間をかけて環境に適応してきた人類がテクノロジーの発達によって急激に進化しつつある。つまり自然沙汰で徐々に進化するんじゃなくて、テクノロジーを介して人間自らが進化の方向性を決めてしまうっていうはなし。それが良いのかどうかは誰にも分からない。テクノロジーが先行しすぎて現状でも既に人間の仕組みがついて行けてない状態っていうのは確かにその通りだ。時間に追われまくる生活を余儀なくされるけど、不眠で健康を害さないような身体にはなってない。知能が足りないのかもしれない。でも、そのうち人類から火星人が生まれてしまうらしい…。しかも割とすぐの時代に。火星で発達する人類はヒョロ長くて全身毛が生えないツルツルなんだって。

  • 人類の進化。
    イスラム国の成り立ちやイラクの状況。スンニ派とシーア派とか名前だけ覚えてたけど、その対立がここまで影響しているとは。

  • 廃墟をミニチュアにした「誰もいない小さな世界」。ローリー・ニックスとキャサリン・ガーバー(Lori Nix and Kathleen Gerber)。注目していこう。
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/17/031600075/?P=2

全4件中 1 - 4件を表示

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号 [雑誌]のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする