進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 108人登録
  • 4.08評価
    • (13)
    • (14)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2017年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 読者にとっては全てが繋がった素晴らしい巻。
    世界の過去を知る旅が終わり
    ここからどうなっていくのか
    表紙の海が、やるせない。

  • ひゃー。
    ナゾがやっと解明されたー。
    いろいろびっくりー。

    読むのやめなくてよかったよかった。

  • とうとう謎が解けました。何年も待った甲斐あるなぁ。
    余命も知ってしまったわけだから、直近で何か起こるのかしら。
    今後にますます期待!

  • ようやくほぼすべての謎を説明する巻。やはり地下室の父親の日記には全てが書かれていた!あとはどう物語をまとめるか

  • これ、フリーブックスで無料で読める

  • 今までの疑問が一気に吹き飛んでしまうシリーズを通してキーとなる巻だった。戦いが一段落して過去への回帰がずーっと続いていた最近の流れがここで一段落した。さて、これからはどんな展開が待ち受けているのか楽しみ。ゴールに向かってひた走るのか?それとも主軸を新たな方向へ向けるのか?これからの一巻一巻を噛み締めていきたい。

  • 進撃のシュールな笑いがツボ。厨二病のくだりは笑った

  • 伏線が回収されていく。
    いやーおもしろいです。

    最終巻がでたときに、1巻から読み返したくなる物語が展開されていく。

    ハッピーエンドがなさそう...ですが。

  • 仮に「真実」が明らかになったからと言って、明るい「未来」が待っているとは限らないと言うことか?

  • 終末感はなくなったな…
    海の向こうの科学レベルというのは戦前レベルなんだろうか
    壁の中でも立体機動装置なんかの技術レベルは外の世界超えてる感じだけど

    余命が明らかになったのに、時間を一気に流す感、畳み始めたと思っていいのだろうか

    クリスタに触ることで過去が見えたのは、王家の血を引くものであれば巨人化してなくとも触ることで座標の力を活用できる可能性を示してる…のかな?
    そうだとしたらジャイアントロボの大作くんみたいな感じでエレンの肩に立つクリスタ…

    そうかこの巻では触れられなかったけど、ライナーとベルトルトがクリスタにこだわった理由や故郷に帰るとか言ってたのも全部…
    実際クルーガーが言ってたように、クリスタを連れ帰ったところで彼女に待っているのが「死ぬまで敵国のために子を産まされ続ける生涯」なのだとしたら「結婚しよ」に込められた思いは単なる逃避なのか罪滅ぼしなのか、グリシャとダイナの関係を知っていたのか…

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)はこんな電子書籍です

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)のコミック

ツイートする