アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]

  • 76人登録
  • 2.52評価
    • (0)
    • (4)
    • (14)
    • (10)
    • (5)
  • 20レビュー
監督 : 松居大悟 
出演 : 蒼井優  高畑充希  太賀  加瀬亮 
  • TCエンタテインメント (2017年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474185912

アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「アズミハルコは行方不明」
    こういう映画はすでにタイトルで「やられたー」ってなる。

    正直、時間軸がいったりきたりでわからなかったが、
    主演の蒼井優の素晴らしさと
    高畑充希と太賀のうざっぷり、
    相変わらず安定の加瀬亮と山田真歩といとう
    圧倒的演技力で退屈さを感じさせない不思議な映画だった。

    度々でてくる 男をボコボコにする少女ギャング団(JK)が
    ファンタジックな非現実空間を表現している。

    -私たちは全ての男に復讐する-

    JKのリーダー格・花影香音はいい味だしている。今後に期待。

  • 蒼井優&高畑充希が見たくて。
    行方不明とは自分のことなのね。「すべての男に復習する」も女としてはある意味気持ちよい(笑)
    高畑さんのギャルがとってもハマってうまくて、意外だった。顔が可愛いけどうざすぎる。
    原作読んでないからかなあ。さーっと見てしまった。安定感のある俳優ばかりなので途中で止めたくなることはない。
    ラストの彼女の笑顔が最高。やっぱりこの女優さんすき。

  • 原作も読んでいて、原作ももあまり面白くなかったので期待せずに観たら、まぁ、映画も面白くなかった。ただ、山内マリコさんの原作を読んでイグジットスルーザギフトショップを知り、バンクシーのクレイジーさに魅せられたのでこの作品は大好きです。
    高畑充希のギャルっぷりが意外にもハマりすぎていて、うまいなーと思った。

  • 原作は積ん読中。
    映画は元気になる最強ガールズムービーでした。
    ワケわかんない所もあったけど、最後はスカッとなった。
    三十路すぎたら女の終わり、人生の終わりだと思っていた高校時代を思い出した。

    蒼井優さんが相変わらず。
    声がいいんだよね~。
    高畑充希さんはととねえちゃんから一転、頭悪そうなギャルを好演。
    太賀さんと葉山さんは仲が良いけど、微妙な空気になる二人の関係をうまく演じています。
    石崎ひゅーいはシンガーとして気になっていた人。
    こういう役、似合う!
    ちなみにひゅーいという名前は本名らしい。
    加瀬亮がちょい役で出演。

    でも『アズミ・ハルコ』とはなんだったんだろう。
    原作を読むのが楽しみ。

  • 女はこうあるべきみたいな固定観念ベタベタ塗りつけてくる職場のシーンでムカムカしたけど、その後のちょっとした仕返しが好き。
    でも正直作品のことはイマイチ。
    毎回何かしら食べてる加瀬亮が見れてラッキー、なくらい。

  • よくわからなかった。

  • 女の子って最高、な映画 女子高生が手で作った銃で撃つシーンはグッとくる

  • 女子高生がキャッキャしているとこ好き

  • 「行方不明」というのは、自分を見失っているというところでしょうか。
    登場人物が皆、空虚感を抱えているように見えました。
    しかし、明確に「自分探し」をしている感じもなく、
    最後まで、「行方」は見つからないままです。
    一種、「自分」というものを探すロードムービ的というか。
    それらは淡々としていて、ワクワクやドキドキやありません。
    寡黙な蒼井優と、多弁な高畑充希の演技が好対照でした。
    しかしながら、明確なストーリーもなく、
    「虚」の空気感を楽しむ映画としてはいいのかもしれませんが、
    私にはあまり魅力があるとはいえない映画でした。

  • 近年観た映画のなかで一番難しい……。
    面白いとか面白くないとかわからない。何を観たんだろう。
    わかる日は来るだろうか。もう一度観る日は来るだろうか。

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする