フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 21人登録
  • 3.82評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : デンゼル・ワシントン 
出演 : デンゼル・ワシントン  ヴィオラ・デイヴィス  スティーヴン・ヘンダーソン  ジョヴァン・アデポ  ラッセル・ホーンズビー 
  • パラマウント (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102542191

フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • デンゼルワシントンも歳をとったなぁ

  • この映画から受け取るものは、人種性別問わずたくさんあるはず。
    決してマイノリティに向けられたものではなく、もっと誰にでもある葛藤、
    生きることへの切実な想いなどを感じる。
    誰にとっても同じ答えを差し出すような映画ではなかったように思う。

    それぞれの家族が持つストーリー。昔読んだ一冊の本を思い出した。
    藤原智美の“家族を「する」家”だ。

    この映画は元は舞台作品だったこともあり、ほぼ家の中と裏庭で物語が展開する。
    裏庭にフェンスを作るとは、舞台装置つまり
    ここでいう家族を“する”場を作っていたのではないか。

    私のベットにいればよかった、それは家族をする場からの逃避。ルール違反だ。
    囲うことで、ここは家族をする場であることを示そうとした。
    そこでは、家族のルールが絶対だ。家族をする為に、必要なことだから・・・。
    逆に捉えれば、それを必要とするほど、家族は脆いということ。
    そこに散りばめられた一つ一つがあまりにも深く、
    簡単に善悪として正解を決められるものでもない。

    ただ、家族とはいえその生い立ちや経験上同じ景色を見ているわけではない。
    それができるのは、囲われたフェンスの中だけ。
    それそれが信じた真実を貫く姿にやるせなさを感じる。
    でも確かに存在する一人一人の人生の生き様みたいなものを
    デンゼル・ワシントンとヴィオラ・デイヴィスが乗り移ったように体現した。

  • 黒人のトロイは州のゴミ収集をして生計を立てている。「白人は運転だけで、シートに座っているだけで楽でいい。」と言いながら友人のボノとゴミを集めながら呟いている。1950年代のピッツバーグの街

    そこで、トロイは妻ローズと息子のコーリー、心に傷を負った兄ゲイブと暮らしている。

    私がおすすめのシーンは父トロイと息子のコーリーの対立のシーンです。
    父トロイは、屈強な人生を歩んできたが今は堅実な生活を営んでいる。刑務所にも入り、メジャーリーグまであと一歩という野球の実力を持っていた。一方、息子コーリーはフットボールのスカウトが目をつけるほどの選手に育ち、その世界で活躍することを夢見ていたのだが、父トロイが反対する。
    トロイの人生観は「経験による拘束」がベースなのに対し、まだ若いコーリーはそれに対して「未来に適応していこうとする意志」で抗う。この父子の対立はいつの時代も不変だ。そしてこの両者の対立は、どちらが正しいとか誤っているというものではない。どちらが成功への道でどちらが転落への道ということでもない。
    「力強く生きてきた者」から「これからを力強く生きていくことを誓う者」への襷を繋ぐ儀式のようなもので、
    そこには“愛情”が隠れている。その時にはまだお互いが認識できない、地中に埋められたタイムカプセルのような“愛というメッセージ”が
    父の葬儀の日にやっとそのことを受け入れられるようになるコーリー。
    遅いようだけど、この両者の和解はケースバイケースなのだ。
    「力強く生きてきた者」と「これからを力強く生きていくことを誓う者」との襷が途絶えないために人類の埋め込まれたアイデアなのだ。


  • 今年のベストかもしれない。なぜDVDスルーなのかがわからない。

  • 2017/6/19 映画なのに舞台劇みたいな…と思ってたら
    ブロードウェイの舞台で何回も上演されてたものが 映画化されてたんですね。デンゼルが大好きだから観た映画だったけど、いつもの優しい笑顔が憎たらしい嫌な面も見せる アフリカ系のアメリカ人の実際の環境下におけるシリアスなドラマだったんだなぁ
    生活を担う家長としての ある夫として親としての立場や横柄とも思える男性像と妻として耐える女性の思いや生き方を よく捕らえていたと思う ただ、単にハッピーエンドな物語を描くのではなく フェンスの捉え方に意味があったような結構重いテーマの映画でした。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする