エコノミスト 2017年 3/21 号 [雑誌]

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 毎日新聞出版 (2017年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910200330370

エコノミスト 2017年 3/21 号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • カストリ出版社長の渡辺豪氏のインタビューに惹かれて。

    遊郭はいろいろな人の関係性で成り立っている。
    遊郭の建築は、芸術というよりは、
    「金銭欲」や「性欲」といった人間が
    本来持っている欲求から生まれてきたような印象を受ける。

  • 国際関係論では近年、英国額はと呼ばれる理論が世界的に大きく注目されている。国際社会には、例えば地球連邦政府のような中央政府が存在せず、大国から小国までが対等な国家主権を持ちつつ、緩やかな関係を築いていると解釈し、これをアナーキカルソサイエティ(無政府社会)と呼ぶ。一見無政府状態に見える国際社会にも国際法という一定の規則が現前と存在しており、各国ともそれを全く無視して傍若無人にふるまうことはできあにというもの。

全2件中 1 - 2件を表示

エコノミスト 2017年 3/21 号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エコノミスト 2017年 3/21 号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

エコノミスト 2017年 3/21 号 [雑誌]のKindle版

ツイートする