シークレット・オブ・モンスター [DVD]

  • 18人登録
  • 2.44評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
  • 5レビュー
監督 : ブラディ・コーベット 
出演 : ベレニス・ベジョ  リアム・カニンガム  ステイシー・マーティン  ロバート・パディンソン 
  • ポニーキャニオン (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013288195

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シークレット・オブ・モンスター [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • THE CHILDHOOD OF A LEADER
    2015年 イギリス+ハンガリー+フランス 116分
    監督:ブラディ・コーベット
    出演:トム・スウィート/ベレニス・ベジョ/リアム・カニンガム/ステイシー・マーティン/ロバート・パティンソン
    http://secret-monster.jp/

    どうやら原案はジャン=ポール・サルトルの短編「一指導者の幼年時代」らしい。そういえば原題は「THE CHILDHOOD OF A LEADER」。サルトルのその短編は面白かったと記憶しているけれど、予備知識なく観たので気づかず、そもそもこの映画自体は監督のセンスを疑う退屈な駄作だった。

    1918年、ヴェルサイユ条約締結のためフランスにやってきたアメリカ政府高官の父と、信仰心の厚い母、そしてその息子。女の子に間違えられるほど美しいこの少年を演じたトム・スウィート、不思議なことに顔はものすごく整っているのに可愛げが全くない。それを狙った演出ならすごいけど、つまりこの少年がいずれ独裁者になるわけですね。

    まず、とにかく音楽がうるさい。冒頭からこれでもかとヒステリックにホラー風の音楽、思わせぶりなカメラワーク、不穏さを高めたいのだろうけど、やりすぎ。同じことを終盤でも繰り返すのだけどこの音楽からは「どや!すごいやろ!意外なオチでびっくりしたやろ!」という作り手のドヤ顔しか浮かんでこなくてゲンナリ。
    宣伝の煽り文句が「独裁者の謎に迫る 心理パズルミステリー 不条理な謎解きに劇場内騒然」とか大袈裟なのもそっくり同じ。ミステリーでもないし心理パズルでもないし独裁者の謎にもせまってない。「美しき少年が狂気のモンスター独裁者に変貌する」って宣伝文句でもうオチ言っちゃってるし、しかも全然その過程に説得力ないし。

    両親が常に「息子は?」などと少年の名前を呼ばないことになにか意味があるのかと思いきや、とくに意味はないし。わざわざ章だてして最終章のサブタイトルが「私生児プレスコット」。怒りにかられた母親がやっと息子を「プレスコット!」と呼ぶ、それだけ。そんな名前の独裁者いたっけなあ?とこちらはぼんやり。つうかここのタイトルで私生児って言っちゃったら、ラストのオチが読めるし。少年が成長したらロバート・パティンソン(※母親の不倫相手と二役)になって出てきただけでドヤ顔されても・・・。

    なんというか、この少年のおかれた家庭環境は確かにあまり良いものではないけど、かといってとんでもない不幸かというとそこまでではないんですよ。父親は政府高官ゆえ忙しい、あまり家にいない、それはまあ仕方ないでしょう。息子のお気に入りの家庭教師とどうやらできてる、まあイヤだろうけど、よくあることでしょう。母親も息子に冷淡ではあるけれどまったく可愛がっていないわけではない。夫の事は好きではないっぽいが、彼女が奥様面して召使たちに威張っていられるのはその夫の地位のおかげだし、なぜか後半で唐突にホントは結婚なんかしたくなかったし子供も欲しくなかったし教師になりたかったみたいなことを匂わせてくるけど知らんがな。唯一息子に信頼されていた古株のメイドを解雇するなどヒステリック。そしてチャールズという記者とできている。

    確かに子供の養育に適した家庭ではないかもしれないけど、それだけで独裁者に育ってしまうなら世界中独裁者だらけになってしまう。どのエピソードも中途半端で、少年の奇行の理由が両親の愛情不足、構って欲しい気持ちの表現なのだとしたら普通の子供だし、そうではなく彼が並はずれたサイコパスだというのなら、もっとそういうエピソードで示すべき。なんの説得力もないし、ミステリーでもなかった。がっかり。

  • 音楽は何だかパッとしない上に耳に障るし、暴君に変幻する美少年を期待したけど思うほどの暴君でもないし、書きたい部分がボケボケで全てのピントがズレてるような映画をチンタラ見せられて心にお土産があるわけでなく語るほどの内容がないので評価が出来ない。

  • 2倍速でも観るのが苦痛でしかなかったけれども、鑑賞後解説を見ずにいられません。
    公式サイト他をチェックして謎が明かされると
    確かにおおっていうちょっとした感心はありましたが・・・それだけで独裁者になる?

  • こんなすごい人の子供時代はかんしゃく持ちだったってことが秘密なの?話はなんだかわからなかったけど映像と音楽は好み。

  • 2017/5/20 とにかく、最初から やたら音響凄まじく 音響によって怖がらせようとしてるのかと思うほど、クライマックスでもないのに最初から こんなに音響が邪魔する映画も珍しい(オーケストラだろうけど 活かされてなく残念)しかも、少年をモンスターのように扱ってるが親の方が余程 モンスター感あり 内容が入ってこなかった
    音響でのみ盛り上げて ラストは結局 少年の頃に変わった子だと親から思われてた子供が 独裁者に育つという話なのか?説得力も納得もいかない映画です。歴史的背景を描きつつ 何をチョイスしているのやら よく分からなかったので 観た方のレビューであらすじを追ったくらい それで サルトルの短編から作品にしたって〜驚いた!サルトルの本は好きだし説得力あるけど 映画は駄作

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シークレット・オブ・モンスター [DVD]はこんな映画です

ツイートする