攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート [Kindle]

  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (245ページ)

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハリウッド映画化に伴い攻殻機動隊のキャラと世界観で描いたトリビュート作品。正直、薄い本レベルの作品もあるが、士郎正宗のパラレルワールドみたいなもんだから。という寛大な心の賜物かな。と。めずらしくサイトーがメインのエピは衣谷遊の作。サイトーの鷹の目になるきっかけ的なエピ。「自分の腕を…信じなさい」少佐の少佐たる言動は男前でこの人となら。と、思わせる何かがある。「昔…人は暗闇と共に生きていた。それを光で埋め尽くした時…我々は自分のゴーストを見失ったのかも知れない」イノセンスを彷彿とさせるが日本の民話の薄暗さもかいま見える。絵はあれだがストーリーは嫌いじゃない。「聞かず語らず恐れる事すら忘れて」バトーエピはバトーらしい。アヴァロンっぽさがある。

全1件中 1 - 1件を表示

衣谷遊の作品一覧

衣谷遊の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュートを本棚に登録しているひと

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュートを本棚に「読みたい」で登録しているひと

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュートはこんな電子書籍です

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュートのコミック

ツイートする