Newton(ニュートン) 2017年 07 月号 [雑誌]

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • ニュートン・プレス (2017年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910070470770

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トレヴァー・ノー...
有効な右矢印 無効な右矢印

Newton(ニュートン) 2017年 07 月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 脂肪細胞はただの脂肪貯蔵器官ではないということが分かってきた。様々なホルモンを分泌する「内分泌器官」だった。適切な大きさの脂肪細胞は「アディポネクチン」というホルモンを分泌する。このホルモンは肝臓や筋肉の細胞にはたらきかけ、インスリンの効きを強くする。また傷ついた血管を修復することで動脈硬化を抑える。

    しかし脂肪をため込みすぎた脂肪細胞はなぜかアディポネクチンの分泌が減る。またインスリンの効きを弱くするTNF-αを分泌する免疫細胞が入り込んでしまう。結果、肥満の人は血糖値が上がり、糖尿病のリスクが上がる。

    何をきっかけとして脂肪細胞の性質が変わるのかはいまだに解明されていない。


    糖尿病の予防には、やはり低カロリー食と運動。特に筋肉を維持すること。

全1件中 1 - 1件を表示

Newton(ニュートン) 2017年 07 月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Newton(ニュートン) 2017年 07 月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Newton(ニュートン) 2017年 07 月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

Newton(ニュートン) 2017年 07 月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする