破門 ふたりのヤクビョーガミ [DVD]

  • 18人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 小林聖太郎 
出演 : 佐々木蔵之介  横山裕  北川景子  木下ほうか  宇崎竜童 
  • 松竹 (2017年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105072565

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

破門 ふたりのヤクビョーガミ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 腐れ縁二人の物語だったw
    2時間かけてノロケを見せられた感じ?

  • 制作年:2017年
    監 督:小林聖太郎
    主 演:佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、濱田祟裕、矢本悠馬、橋本マナミ、中村ゆり、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童、國村隼、橋爪功
    時 間:120分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch、日(視覚障害者用):ドルビーデジタルステレオ


    大阪。
    弁は立つがぐーたら貧乏な建設コンサルタントの二宮啓之は、サバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていたが、この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦と知り合って以来、何かとトラブルに巻き込まれるようになる。
    いわば、桑原は二宮の“疫病神”だった。あ
    る日、二宮は映画プロデューサーの小清水が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会に紹介する。
    二蝶会は出資するが、小清水は金を持ったまま消えてしまう。
    出資詐欺師の小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、小清水は見つかってはするりと逃げてしまう。
    遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、ますます大きなトラブルへと発展する。
    さらに小清水を追っているはずの二人が、何者かに追われている…?
    二人は生き残りを懸けて大勝負に挑む。

  • 鑑賞すみ。面白かった。佐々木蔵之介がかっこ良かった。

  • 原作未読。ヤクザな映画、だからと言って人情や任侠的精神はなく、かと言ってここは笑うとこだよね…と思いながらも笑う程でもなくの消化不良の連続作品。観ている間中、身の置き場に困ったが特にモゾモゾしたのは蔵ノ介のカラオケ。笑うには外しが少ないし惚れるには外しが大きい。でもこのカラオケの微妙な感じが終始この映画に漂う印象を一番良く表しているかも。

  • 2017年 日本 120分
    監督:小林聖太郎
    原作:黒川博行『破門』
    出演:佐々木蔵之介/横山裕/北川景子/濱田崇裕/矢本悠馬
    http://hamon-movie.jp/

    原作シリーズは1作目の「疫病神」と、間を飛ばして5作目の「破門」のみ読了。シリーズものの、すでにキャラクターの関係性が確立されてる5作目を単独で映画化というのは冒険だったのではないかと思うのだけど、序盤ですっきりとさりげなく彼らの「それまで」を匂わせ、なおかつ結構ぶあつかった「破門」原作から2時間におさめるための取捨選択、アレンジの仕方はとても上手かったと思いました。単独映画として見せるために、二人の主人公のうち観客が感情移入しやすいカタギの二宮のほうの、ちょっとした成長に焦点を絞ってあったのも見やすくなってて良かったんじゃないかな。導入と終盤の、悪夢みたいなCGシーンはちょっと余分なように感じたけど。

    キャスティングは個人的には文句なし!イケイケヤクザなのにインテリっぽさも漂う蔵之介さんの桑原がとにかくカッコイイ。見るからにヤクザなんだけど、ちょっとオシャレな感じとか絶妙(笑)それでいて喧嘩のシーンでクワっと目を見開くとことかほんとに目玉飛び出しそうで怖い。ぐうたら貧乏の二宮役、横山くんは地のキャラとしか思えないハマリ役。もっさりしてて肩の力が抜けてるところが良い。関西弁のネイティブ感はいわずもがな。あまり出番もなく大して重要でもない従妹役に北川景子ちゃんは贅沢!そして他の作品ではあまり聞けない兵庫出身の彼女のレアな関西弁はとても可愛かった。その他キャストの9割が関西人ということで、関西人が見ていて違和感ないのは良かったです。ただ関西人じゃない人にとってはコテコテ過ぎて濃ゆいかもしれないけれど。

    基本はヤクザ同志のすったもんだなので暴力的なシーンも多々ありますが、撮り方(カメラワーク)で上手く処理してあるので、それほどエグさを感じないし、これは原作もそうだったけど、一般的なヤクザものやハードボイルド系に比べて暴力描写がソフトでなおかつ女性に対しての凌辱系などえげつないエピソードがないので、男二人のバディ感を楽しみたい女性客向き。とはいえ女性ファン受けを狙ったベタベタな馴れ合いではなく、反発しあったりそこそこの距離感のある桑原と二宮の関係性も原作のニュアンスを丁寧に汲んであって良かったんじゃないでしょうか。
    (2017/1/29)

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする