ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]

  • 71人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (8)
    • (16)
    • (6)
    • (0)
  • 16レビュー
監督 : ルパート・サンダース 
出演 : スカーレット・ヨハンソン  ビートたけし  ピルー・アスベック  チン・ハン  ジュリエット・ビノシュ 
  • パラマウント (2017年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102559663

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 早く観なさい、そう囁くのよ。私のゴーストが。。


    最初からアニメ版原作とは全く別物と捉えてみてるので映像作品として楽しみました。

    キャストとしては、スカーレットヨハンソンが適役だったと思う。

    「ネットは広大だわ」
    の台詞をどう盛り込んでくるかを楽しみにしてたが次回策におあずけか!?

    吹き替え版は、田中敦子がされているということで2度楽しめそうです。

  • 「スノーホワイト」の監督。なぜ今まで「攻殻機動隊」を通らなかったのか自分でも謎だけれど原作を一切知らズに鑑賞、そのためキャスティングに違和感をおぼえる事なく美しい映像をすとんと楽しめた。スカーレット・ヨハンソンの無機質な義体化っぷりは世界一かと思えたし、監督が個人的に好きすぎて無理矢理ブッコンだたけしさんの日本語台詞聞き取れないよ問題も、事前に耳に入り過ぎたせいか気にならなかった。こちらも最近流行りの「原作と違う人種キャスティング」だけれど、モノづくりにおいて妙な縛りがまた増えたと感じるのは、私が人種差別を経験せずに育ったせいなのか?

  • 日本文化へのリスペクトを全く感じない。。。

  • 実写より、本家の方がハードで好み。ラブロマンスはいらない。

  • 攻殻機動隊アニメの実写化らしいけど、原作のアニメを知らないので、ストーリーの最初は意味が分からなかった。スカーレット.ヨハンソンは 相変わらず 綺麗でカッコよく素敵だけど…あのスーツの感じがイマイチ分からなかった ラストはなかなか カッコよくビルの谷間に消えた 透明になれる能力も途中 不思議な感覚だったけど、ビートたけしがあんなふうに出演してるのも知らなかった 原作を知ってたら もっと親近感を持ち観れたのかも SFは色んな意味で難しいと思う
    ゴーストって記憶か心か?昔の記憶より何をやったかが 大切…深いものありますね。

  • 2017/08/25

    あーうんハリウッド版って感じ。
    田中敦子が吹き替えだっていうから公開当時行きたかったんだが時間合わず行けず。
    新作レンタルで視聴。
    草薙素子感のある吹き替えではなかったけど、敢えてそういう吹き替え方をしていたのかもしれない?
    どちらかというと坂本真綾素子っぽさが出てた。
    雰囲気としても神山版攻殻よりもALISEっぽかった。
    個人的に攻殻機動隊といえば神山版!ってスタンスなので、ハリウッド版にもあまりのめりこめなかった。
    でも話のアレンジは神山版を参考にしてますね?

    なんかいもなんかいも「孤独」って言ってるが、スタンドアローンということと孤独ってことはイコールではないと思うだがなあ…。

    1つだけ声を大にしたいのは、タチコマを機械敵として扱ったこと。
    お前はなんにもわかってない!!!!

  • 攻殻機動隊の実写版。
    名シーンの実写化は良い感じッす。
    日本語吹替えだと、安心して観られます。

  • オープニング!
    ほとんどアニメ版へのオマージュ
    たけしの荒巻はちょっと無理なんじゃない?ww

    良く出来てるけど、もういろんなエピソードの貼り合わせでw何が何だか・・・
    ちょっと無理かも

  • ゴーストインザシェル2017/4/8
    期待してた…んですけどねぇ〜
    はっきり言って微妙です(笑)
    スカーレットがあまりに美しくてウットリしちゃいますが、ある意味それだけであるとも言えました。随所に「人形使い」に沿ったエピソードが入っているんですけど、目新しいトコが無いんですよ。この程度だ昨今のSFやアクション映画の方がチャレンジングですよ。アニメで見てきたモノが少し劣化して再現されているだけで、電脳も義体化もどっかで見たような既視感バリバリで正直、詰まらない…そこは強烈に残念でした。
    桃井かおりさんを含め素子とヒデオ…の件はホント、もう少し捻って欲しかった…草薙素子の出自に関する所なんて映画の中では要らないじゃん。アニメ版で語るんならもっと説得力のある話に出来たんじゃないかなぁ
    やっぱ、日本人の設定である主人公にスカーレットを起用した為の歪みと云うこと何ですかねぇ〜笑っちゃいましたよ( ^ω^ )
    まぁ大したことないこれまでの実写化作品と変わりありませんでした。

  • 国際線の中で観た。
    原作を読んでないからオリジナルかどうかわからないが、素子が生まれるまでのストーリーが展開される。
    アクションシーンはイマイチな気がしたが、最後まで楽しめた作品でした。
    原作を読んでみたくなりました。

  • 機内でみた.SACシリーズは見てたけど,原作の設定ってこんななんだっけ?という疑問符が多々残るところ。

  • いったいなにが人間を、ひいては個人を形作るのか。
    考えさせられる映画でした。
    原作の「攻殻機動隊」は読んでないのですが、映画を観て気になってきました。
    個人的には、オウレイ博士が映画後半で捕まったキリアン少佐を逃すシーンが好きです。
    オウレイ博士にとって、少佐は武器でも機械でもなく、我が子のような人間だったんだろうな、と。彼女の愛情が伝わってくる場面でした。

  • 機内鑑賞。
    今となってはありがちなSFだけど、原作は何年位前なのかな。

  •  攻殻機動隊の実写版。期待はできない実写化ではあるが、ビートたけしを荒巻役に起用し、原作ファンにも気を使った内容。
     トグサほかの仲間たちとの関係や、少佐誕生の秘密。素子とは一体誰なのか。試験的に連れてこられたしかばねと犠牲の上に自分がいるという事実、攻殻機動隊のシリーズに流れる何処と無く深い暗さのようなもの、人間が持つ不安な部分を突いたものだからこその面白さ。自分が生きているのはリアルなのか、そして生きてきた過去はリアルなのか。ゴーストという心の源泉となる部分だけが残った義体に体を覆う主人公の孤独を、深い海の底のシーンと、危険なディープダイブにかけている。原作に忠実にストーリー展開を行いつつ、映画ならではの迫力もあった。求められる知識レベルはかなり高め、というか原作知らない人が見ても楽しめたのかどうか。。。

全16件中 1 - 16件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする