幸せなひとりぼっち [DVD]

  • 22人登録
  • 3.92評価
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ハンネス・ホルム 
出演 : ロルフ・ラスゴード  バハー・パール  フィリップ・ベリ  イーダ・エングヴォル  カタリナ・ラッソン 
  • ポニーキャニオン (2017年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013301191

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

幸せなひとりぼっち [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 笑って、泣いて、最後にはしあわせな気分で終われる、ステキな映画でした。
    同じくお年寄りが主要人物(といっても今作の主人公は59歳とまだまだだが)の『ミス・シェパードをお手本に』でも思ったんだけど、「人に歴史あり」だな。
    どんな偏屈オヤジでも当たり前だけど過去があり、人生があり、もしかしたら愛する人もいたかもしれない。
    映画に限らず、リアルでもそうなんだろう。
    そう思い至らせてくれた。
    最初から最後まで、主人公の性格の根っこの部分は変わらない。
    真面目で頑固でお人好し。
    ただ閉じて固くなってた心が、柔らかく溶けていっただけ。

    映画は基本全部おとぎ話だと思うけど、こういうことってあるなあ、あってほしい。

    あとスウェーデンって福祉大国のイメージがあるけど、この映画の福祉局の描かれ方を見ると、いいことばっかじゃなさそう。

  • とても良かった(≧∇≦)スェーデン特有の国のあり方も示しつつ、偏屈なおじいさん(59歳って おじいさんって感じではないけど…)が主人公 自分の常識で縛りつける真面目親父だけど、憎めないのは いつも そこに優しさがあるから 悲しい過去を持ち その過去の美しすぎる思い出とともに ひとりで生きる ひとりだけど、ひとりぼっちじゃない事に だんだん気付かされてゆく ただの偏屈な親父ではないと分かってくれる人達が まわりにいることは 本当に幸せなことだと思う。生きてゆくこと 何かと係わってゆくこと 生かされてること 人生捨てたもんじゃないと気づける世界が とても素敵です。久々にほのぼのと心温まる映画でした。監督も出演者も素晴らしい

  • 気難しいオーヴェ。まるで自分を見ているようで。
    でも結局は優しいんだ。
    タイトル通り、幸せなひとりぼっちだった。
    終わり方が、とても幸せそうで。やっと会えてよかったね。

  • 人生最大のストレスは「伴侶を喪ったとき」に訪れるとよく聞く。まだ、年齢的にはそのことに同意できるまでには時間を要するのだろう、なんとなくはわかるけど実感は掴めない。

  • 頑固で厄介なおじいちゃん、、と思ったら不器用だけど、良い人かも、、?!
    感動しました。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

幸せなひとりぼっち [DVD]はこんな映画です

ツイートする