ブクログ大賞

アキラとあきら (徳間文庫) [Kindle]

  • 66人登録
  • 4.41評価
    • (15)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 徳間書店 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (477ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
池井戸 潤
池井戸潤
有効な右矢印 無効な右矢印

アキラとあきら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【読了】

    タイトルがタイトルだったので「あー。読まなきゃ」
    と思って読みました。

    経済とか銀行とかまったく分からないけど、読みやすかった。


    高校生か中学生が読書感想文を書こうとして、読んでもいんじゃないかな。


    僕は気の利いた感想は書けないけど、あきらもアキラもかっこいいなぁ。

  • 旧作の焼き直しという感が否めないと思った。登場人物の造型にも目新しさがない。陸王のほうは楽しく読めたのだが、本書はスピード感も失われていたようにも思う。

  •  「半沢直樹」と青春物語を合わせた感じ。
    兄弟対決、父子の葛藤などもあって面白かった。

  • Wowowでドラマ化(主演・向井理&斉藤工)される池井戸さんの本。2人の”あきら”が切磋琢磨し合って難局を乗り切るストーリーはとても元気がでた。相変わらず池井戸さんの本は仕事頑張らなきゃという気持ちが強まる。
    元銀行員だからこその銀行や企業の内情の描き方がリアル。30年の時を2人の主人公で描いていくというストーリーは他の作品にはなかったけれど、とても充実していて面白かった。色んな人に勧めたい本。

  • 面白くてあっという間。
    もっともっと読んでいたかった。

    2人の「あきら」がとても魅力的。

    本書は、2006年~2009年の間に「問題小説」で連載されたまま書籍されなかった長編小説とのことで。

    こんなに面白い本が10年も前に生まれていた驚きと感動。書籍化されて読めた喜びと感謝。

    「これが運命」と人生を、努力を諦めず。立ち向かい切り開き、驕り高ぶらず、家族や他人の人生までも大切に思い、果敢に挑戦していく「あきら」の姿勢に憧憬。

    心が美しい二人を見た。

    2人の突出した能力の高さが分かり易く描かれているところも好きです。そういうの、単純にわくわくする。笑

  • まったく異なる境遇で育った瑛と彬。
    2人の秀才がタッグを組んで難題に挑む。


    夜逃げ同然に故郷を離れることになった零細工場の息子・山崎瑛と
    大手海運会社の御曹司として身内の問題に否応なしに巻き込まれて
    育った階堂彬。
    どちらもよくグレずに育ったなという家庭環境だが、それぞれの
    少年期・青年期の家庭での出来事は銀行員になってからの彼らの信念・
    正義を作り上げたバックボーンとして欠かせない。

    『金は人のために貸せ。』
    理想のバンカーの心得だがそれを忘れている輩も多い。
    そんな職場で主人公2人は数字を読む力に長けながら、経営のデータ
    の向こうに経営者や従業員、その家族の顔まで見えるある種特別な
    才能を持っているように思う。

    ただの金貸しではないバンカーたちの奮闘を描くエンターテイメント作。

  • 想像通りの展開。

  • 池井戸潤の新作は、文庫と電子書籍でリリース。
    僕はもちろんKindle版をチョイスしたのだけど、書店で文庫の
    束を見たら、これが尋常で無い厚さ(^^;)。電子書籍だとそう
    いうのを意識することがあまり無いのだが、なるほど確かに長
    かった。しかし・・・。

    ・・・ただただ、凄い。
    この長さの作品をたった2日で読了させてしまうのだから、
    物語のすばらしさはとんでもないレベル。そして、氏お得意の
    “銀行系”にやっぱりハズレは無い。池井戸ワールド全開、
    経済モノなのに手に汗を握らせる読み応えたっぷりの長編に仕
    上がっている。

    今作のポイントは、やっぱり主人公が「瑛」と「彬」の2人で
    あるということ。どちらも読みは「あきら」だが、境遇の全く
    違う2人がメキメキと成長し、優秀なバンカーとなって難関に
    対峙する様は、ちょっとした大河ドラマ。胸のすくような展開
    は、間違いなく読者を魅了すると思う。

    半沢シリーズや花咲シリーズの時にも感じたのだが、この人の
    描く銀行員は皆とても魅力にあふれている。例えば、読書好き
    の小学生・・・まぁ、高学年になるだろうけど・・・がこの作品を読
    み、将来は絶対にカッコイイ銀行員になる!とか決心してしま
    うかもしれない。

    解説によるとこの作品、実は過去の雑誌連載(2006-2009)
    をまとめたもので、「下町ロケット」よりも古い物語である。
    にもかかわらず、古くささの類は一切感じない。逆に、どうし
    てこれまで寝かせていたのか、非常に疑問が残る(^^;)。リリ
    ースされて良かった、と心から。

    そしてこの作品、7月にWOWOWの連続ドラマW枠で映像化さ
    れるらしい!・・・なんか凄いことになりそう♪

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アキラとあきら (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

アキラとあきら (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アキラとあきら (徳間文庫)はこんな電子書籍です

アキラとあきら (徳間文庫)の文庫

ツイートする