本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション

  • 95人登録
  • 2.95評価
    • (3)
    • (5)
    • (23)
    • (11)
    • (1)
  • 19レビュー
監督 : 鈴木雅之 
出演 : 綾瀬はるか  堤真一  濱田岳  平山浩行  田口浩正 
  • ポニーキャニオン (2017年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632504102

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦国時代と現代がタイムスリップする話。
    少し前に放送されていたドラマ(信長協奏曲)っぽい

    のほほんとしている綾瀬はるかに
    かっこいい織田信長に堤真一ってことで
    さらっと見るにはちょうどいいけど
    歴史好きには物足りない内容

    収穫があるとすれば
    振り振り毬杖が本当にあったってことかな

  • 本能寺ホテル で タイムスリップ。
    織田信長/堤真一が 本能寺に 逗留しているところに
    綾瀬はるかが タイムスリップする。
    綾瀬はるかだから できる 演技かもしれない。
    二人の間合いが 実にいい。

    ホテルのエレベーター。
    織田信長の好きなコンペイトウをたべる。
    時計が動き始める。鐘が鳴る。

    そこから始まる 400年前の 異次元の世界。
    兵隊が歩くと 微妙な音のリズムがいい。
    織田信長が 愛した 平和。
    楽市のなかで たたずむ 織田信長と綾瀬はるか。

    なぜ、光秀が 謀反を起こすと言われても
    信長は そのことを受け入れたのか?
    どっしりした 結論が なるほどと思わせる。

  • キャストがとってもいいのに、
    何を伝えたいのか全くわからないストーリー
    途中で観るのやめてしまった

  • どこかで観たことのあるようなタイムスリップもの。

    この映画で結局何を伝えたかったのかよくわからないまま終わった。

    京都を背景にした綾瀬はるかちゃんはとても良いッ!

  • ここのところ荒んでいたのでしょう笑

    こういうのを立て続けに観ておりました。
    笑える映画とおもっておりましたら、
    これまた意外にもほろりとくるシーンがあったり。

  • 悪くなかった。

    ツッコミたい所いっぱいでしたが。
    綾瀬はるかちゃんに救わられてた感。

    ラストに。ジーンと。

  • かなり分かりやすい作りで、家でぼんやりと観るにはなかなか楽しめました。ただ、この主人公は綾瀬はるかちゃんだからこそ、嫌味なく演じられたなぁと思います…。

  • 綾瀬はるか主演、織田信長のいる戦国時代と本能寺ホテルが繋がっているという奇怪なストーリー。
    やりたい事の難しさ見つからない綾瀬はるかが、織田信長に明智の謀反を伝える。しかし、謀反を知ってもなお逃げずに死する信長、命より大切なものに気づかされる。なんとなく婚約し、なんとなく過ごす。そこから、やりたい事に大きいも小さいもないという信長の言葉がひびく。京の街は奇々怪界、織田信長は自害したと伝えられるが、その死体は見つかっていない。。。

  • 歴史コメディものかと…あまり期待せずに観たけど結構良かった 面白かった。綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子が再び集結し、元OLと織田信長との「本能寺の変」前日の奇妙な遭遇を描く歴史ミステリー。婚約者の両親に会うために京都を訪れたヒロインが“本能寺ホテル”という宿に泊まり、本能寺の変の前日に、暗殺の標的となっている信長に出会い、信長や森蘭丸と交流するさまが描かれる。元OL役の綾瀬と信長役の堤のほか、濱田岳、平山浩行、風間杜夫などが出演。現代と戦国時代の京都を行き来するヒロインが、歴史的な事件にどう絡んでいくか?
    やはり、織田信長っていいよね。いつもカッコ良いストーリーになってしまうけど、本当の歴史的経緯は謎もあるけど 嵌ってるし、きっと天下統一に向けて そんな気持ちだったのかも と信じてしまう。堤真一はやっぱり正当な役似合ってるし、濱田岳って いつも和みます
    綾瀬はるかは 可愛いし、仁 を思い出したけど…。
    「やりたい事は何かあるか?」って聞かれる度に自分にも問うってしまったm(_ _)m出来るか出来ないかという事
    より、何がしたくて何をやるか!って言葉の重みが響いた。昔の歴史的経緯と現在を見る まるで温故知新のように感じる部分やカメラワークも面白かったです。

  • タイムスリップというより、ちょっと隣に行ってくる、という感覚で、なんともお気軽な入りだったのが、なんだか好きだった

    正直、オチは好みではなかったのだけれど

    現代と本能寺の変
    主人公の実質と本質の性格
    隣り合わせになっている「二面性」がすごく面白かった

    天然すっとぼけでいながら、まっすぐで人として芯は強い
    そんな主人公に綾瀬はるかはピッタリだった

全19件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションはこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションを本棚に登録しているひと

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする