アイ アム ア ヒーロー [レンタル落ち]

  • 18人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画

アイ アム ア ヒーロー [レンタル落ち]の感想・レビュー・書評

  • ちょっとなんなの!?
    期待以上に面白いじゃないっっ!!??



    漫画は未読だが、
    まーったく問題ない。
    作品としての確固たる独自性が感じられる。
    ゾンビ映画の王道&近代化と、
    日本ならではの感覚がいい。

    とにかく序盤の混乱に、
    ひー!!
    後半の覚醒に、
    ひー!!
    なのである。



    きれいなのに、臭そうな映画。

  • わたしはこれまで意図的にこわい系の映画は観んよーにしてたんだけども、夫が借りてきたので一緒に観ました。
    夫は、大泉洋が原作の雰囲気とけっこー合ってていーとおもう的なこと言ってたんだけど、わたしは原作は読んでないので予備知識もなしに好みの話だけするけどこきたなくて(?)最初の方のへたれな感じは好きです。
    あと、意図的にみないよーにしていたわたしでも普通にドキハラして、彼女が襲ってくるとことか怖くて楽しかったし、痛そうなとこはあったけど目を覆う場面もそんなないし、ブッシャァとかベチャァとかも全然大丈夫だったしわたし別に避けんくてもよくね??でも日本のホラーだけは観ません。

    でも最後、主人公と女だけが残ったんかい!都合がええのう!とか思ってしまったけどよく考えたら他に目を向けてもそんな話ばっかじゃ。

  •  ゾンビウィルスにおおわれZQNと化した人々にあふれた世界でショット・ガンを持った漫画家を描く。
     ゾンビ漫画の映画化。

     頑張ってるとは思います。漫画の要素をうまく抽出して、日本のメジャーな映画でしっかりとゾンビを成立させたといのは分かる。話やテーマとしてもまとまってるし、ダラダラと続いてしまった原作よりは好印象。出演者も合っている。
     ただ、よく実写にした以上の何かを感じることはなかった。もっと原作を超えてつくりたいものをつくってかないと漫画原作モノは名作たりえないよね。もちろんそれは原作ファンに総スカンにされるリスクを負わなきゃいけないけど。

     漫画の映画化ってほんと益がない。
     

  • 日本版ゾンビ映画
    原作も何巻か読んでるのでどんな主人公でどんなゾンビなのかくらいは知ってて観ました。
    思ってたより良かったです。
    そして思ってたよりグロさもありました。
    突っ込みどころがないわけじゃなかったけど面白かった。
    半分ゾンビのヒロミちゃんがもっと活躍してくれるのかと思ったけどそれがなかったのが残念なので★4で。

  • 2016年公開。

    最近原作コミックスを最終巻(22巻)まで読んだので、居ても立っても居られずBlu-rayをレンタル。我が家では滅多に借りない準新作だったんですけど、どうしても大泉洋扮する鈴木英雄が観たかったんや。

    アシスタント業で食いつなぐ冴えない漫画家・鈴木英雄。持ち込んだネームはボツにされ、同棲中の恋人からは甲斐性のなさを詰られる日々。
    ところがある時、感染すると心肺停止の上狂暴化して他人を襲うようになる未知のウイルスが日本中に蔓延。ライフラインは寸断され、至る所で事故や火事が起こる中、生き残った英雄ら非感染者たちは、ネット上の情報を頼りに富士山を目指すのだが――……。

    公開当時原作は未完結(たぶん既刊は20巻くらい)で、「まだ終わってない作品を実写映画化するのってなんかやだなー」なんて思いながら予告CMを眺めていたものでした。
    私は基本的に原作至上主義なので、映画のために新しく作られたキャラクターや付け足された設定がすごく苦手で、ましてや映画版オリジナルエンディングなんて以ての外!という考え方なのです(でも見ちゃう)。
    ですから、本作もまた原作とは何がどんな風に変っているのか、怖いもの見たさのドキドキ込みで鑑賞しました。

    結論:すっごい面白かった……!!!

    ストーリー的にはコミックス8巻のアウトレットモール編まで。始まった直後は「ええ……てっこ(片瀬那奈)こんな感じなの……もっといちゃいちゃしてよ……つら……」とか「うお……比呂美ちゃん(有村架純)普通に仲間になった……紗衣ちゃんは出ないのか……」とか、序盤の方の好きなエピソードが削られているのが残念だったんですけど、アウトレットモールを脱出して終わるなら特に必要ない要素だもんなー。
    そしてやっぱりZQNがすごい。この映画の中で一番楽しいのってZQN役だと思う。豪華な俳優陣によるZQN最高でした。
    英雄が所持してる散弾銃を撃ちそうで撃たなくて、散々焦らされた挙句にクライマックスの「はーい。」から始まるあのシーンですよ!めちゃめちゃかっこいいやんけ!!
    あれこれ本当にR-15?20の間違いじゃなくて?と思ってしまうくらい血飛沫バッシャバシャ、脳漿飛び散りまくり、最初はウッて目を背けそうだったんですけどすぐに慣れましたとも。

    原作のストーリーはこの後も続いていくので、この映画版だけではZQNとは何か?比呂美ちゃんはどうなるのか?という謎は大いに残っているんですが、「俺たちの戦いはまだ始まったばかり!」という感じの引きが爽やかで好き。
    他所で「続編がありそう」みたいなレビューを拝見しましたが、私は必要ないんじゃないかなーと思います。逆に、この部分だから映画としてまとまったんじゃないかなと。とか言って続編が作られたら作られたで絶対観ると思うけども。

    いやー良かった。興奮しました。

  • 邦画ってホラーは独自の発展をしていて観る価値もあるけど、それ以外はテレビドラマの特番レベルの出来のものばかりというイメージがあったので、このクオリティには驚いた。
    これはホラーじゃなくてサバイバルアクションだよね?

    原作でも印象的だった彼女に襲われるシーンもよくできてた。

    英雄役に大泉と知ってハマるだろうと思っていたが、やっぱり良かった。

    邦画の、特に若者向けに作られた作品は、観るに耐えない演技をするアイドルばかり出演していたり、SEは大音量なのに会話はボソボソと何を言っているか分からなかったりと、ネガティブなイメージが強いけれど、こんな作品が増えていき、映画を選ぶときには邦画が当たり前に選択肢に入るようになるといいな。

  • ただのゾンビ(ZQN:ズキュン)撃退サバイバル映画。

    ただ、ゾンビ発生から、感染、これからの世界について一切触れられておらず不完全燃焼な結末。
    有村架純ちゃんの存在意味もよくわからないまま終わった…

    マンガはそこそこ評判いいみたい。
    機会があれば読んでみたい。

  • お笑いかと思いきや、マジもんだった。大泉さん、やっぱ好きだな。この後、彼らはどこへ行くのだろう。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アイ アム ア ヒーロー [レンタル落ち]はこんな映画です

ツイートする