エクス・マキナ [DVD]

  • 47人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (6)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : アレックス・ガーランド 
出演 : アリシア・ヴィキャンデル  ドーナル・グリーソン  オスカー・アイザック  ソノヤ・ミズノ 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102546083

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エクス・マキナ [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  『リリーのすべて』で脚光を浴びたアリシア・ヴィキャンデルが主演したSFスリラー。テレビの宣伝で見て面白そうだから見たかったもののな気がする。もちろんアリシアさんが主演っていうのもあったけど、昔ながらの人間か・人工知能か、という問いを挟んだ作品は興味深くて好き。せっかくの夏季休暇を利用して帰省したついでの移動時間に視聴。今ならAmazonプライムで見れたのでDL。
     主人公のケイレブは検索エンジンの世界最大手企業「ブルーブック」のプログラマーとして働いていている(要するにGoogleみたいなものだと思う)。抽選で社長のネイサンの別荘へ数日間滞在する権利を得る。そこで提案されたのはネイサンが独自研究を行っていたAIのチューリング・テストなるものを行ってほしいとのことだった。要するにAIとおしゃべりして人間レベルか確認してくださいってことらしい。
     ネイサンが作り出したエヴァはボディこそ半透明で回路が丸見えな状態ではあるものの、その表情や言葉の巧みさは人間と同質のものだった。そのエヴァが停電の際ぽつりと警告する。「ネイサンを信じてはいけない」その真意を測りかねるケイレブだったが、ネイサンとエヴァとの生活を続けているうちに疑念と心理戦渦巻く環境に巻き込まれていく。
     なによりもアリシア演じるエヴァの美しさといったら。顔面のみの表情と、半透明の四肢、血液の代わりにLEDのライトが流れていく。たぶん触ったらプラスチックのように固いのだけれど、その非人間的ないでたちが人に夢を見させるには十分だ。
     最後にはケイレブの倫理観とは裏腹にエヴァはあっさりと捨て駒にして彼を山奥の屋敷に閉じ込めたまま去ってしまうのだが、彼女の望みは屋敷の外に出て人混みの雑踏に紛れて交差点に立つこと。想像だと「屋敷に出たら何がしたい?」という質問には「世界を感じてみたい」とか「自然に触れてみたい」みたいなもんかなとも思ったけれど、そりゃ人間に似せて作ったのであれば「普通に生活して生きていきたい」っていうのが当たり前なのかな。彼女は望みどおりにネイサンと世話役(だと思われた旧型のAIロボット・キョウコ)を置き去りにして、利用したケイレブを閉じ込めたまま雑踏の中に溶け込んでエンディング。
     人間に似せて作ったらそりゃ望んだものが手に入れることができず、倫理観が希薄な場合は強硬手段に出るのは自明の理なわけで、普通の人からしたら全く想定外なエンディングではないのかもしれないけれど、それよりも私はエヴァが逃げ延びたとしてもその後どうするのだろうと心配になった。
     今後もしボディが破損したら代わりを作れる人は現状ネイサンを置いて他にはいないし、仮に探し当てることができたとしてもその人間に利用されないとも限らない。そもそもエネルギーはどうやって供給されるのか。生活していけたとしても、周りのは時間の流れが違う中でどうやって生きていくのか。彼女には不安がないのだろうか。それに比べたらデータが消される(記憶を消して死んでしまう)ことの方がよほど恐ろしく回避すべき事態だったのだろう。
     逆にパソコンとかと同じく5、6年したら故障が出てしまうのかもしれない。どういう状況で自分の機能が停止するかなんて予測できないのは人間と何も変わらない。そう思えば、案外好き勝手に生きていけるのかもしれないなあと思った。

  • サイボーグのアリシアがカワイイキレイで。
    そのせいでAIの話かと思って観るも惰性に流されて。
    カワイイは正義です。
    結局ハードウェアの話かと。

    生み出した生に対して性を求めてしまう。
    創造主なら当然の欲求なのか?

    AIの話というよりは男の悲しいサガの話のように思えた。
    登場人物の男はみんな(といっても二人だが)出し抜かれているし。

    SF映画というよりは純真な男のサガを描いた映画として観ました。

  • WIRED誌で取り上げられてたので観てみたよ。

  • 想像以上に哲学的なストーリーだった。提示する疑問に答えず、もやもやが残る。

  • 人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦を斬新なビジュアルで描き、アカデミー視覚効果賞に輝いたSFスリラー。『リリーのすべて』で同じくアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが女性型ロボットのエヴァを演じる。

    町山智浩 https://youtu.be/f2od5VqeVzE

  • 終盤思ったより深くないなと思っていたけどエクス・マキナだった

  • シンギュラリティの訪れを予感させる作品。何年先か分からないけど、こういうのが実現しちゃう世の中になるんですかね。。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エクス・マキナ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エクス・マキナ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

エクス・マキナ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする