人生の勝算 (NewsPicks Book) [Kindle]

  • 65人登録
  • 3.96評価
    • (7)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 前田裕二
  • 幻冬舎 (2017年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (165ページ)

人生の勝算 (NewsPicks Book)の感想・レビュー・書評

  • DeNAのSHOWROOMを作った前田さんの書籍。中々に過酷な人生を生きてこられたようで一気に読めました。個がエンパワーメントされる時代はどんどん進んでいきますね。

  • 面白い!濃い人生、これからの社会との関わりのヒントを得た。前田さんありがとうございます

  • 熱い本だった。何故チームのリーダーは育成に力をいれなければいけないかが書かれている。

    ■勉強になった部分
    「秋元さん。僕は、ビジネスにも人生にも、勝算があります」秋元康さんと出会った頃に、伝えた言葉です。僕の勝算は、ビジネスにとどまらない。僕は、自分の人生に勝つ自信がある。そんな、僕のような若造の言葉を受けて、秋元さんは、「君の、根拠のない自信が好きだ」と言いました。以来、「人生の勝算」という言葉は、僕が迷ったときに立ち返る大事な考え方になっています

    それ以来、彼は、自分という1を10に、そして100に、どんどん引き上げていくために、二つのことを意識し始めたそうです。一つは、誰からも好かれてサポートしてもらえる環境を作ること。当然そのためには、自分から好きになることが必要だと思っていたそうです。二つ目に、自分のこと以上に周りに時間を使って、周りを強く育てることで、チームとして最強になること

    その意味でも、ライブストリーミングコンテンツがネットソーシャル市場の次のデファクトになることに、疑いを持ちません。なぜなら、次のハード面の変化として、「データ通信料の大衆化」が想定されるから。IoT、自動運転社会が到来し、車を含めたあらゆるデバイスがインターネットに常時接続されるようになるという前提に立てば、当然のように政府がデータインフラに投資をして、データ通信の効率を高め、消費単価を下げにいかざるを得ない。モバイルデータ通信も、遠くない未来に、5Gに移行します。そういったデータインフラ面での変化が、よりリッチな体験を求める一般ユーザーの、洪水のようなライブ配信へのシフトを促すと見ています

  • アツくてええ話やった。
    自分の人生のコンパス、もう一度見つめ直してみないとな。

    前向きな課金を志す話とか、大事なのは人当たりや他者への愛情っていう話、非常に心に響いた。

  • 人生の目的を持つこと、徹底した努力をした人だけが、目的を達成できること、の大切さを学ぶことができる本。

  • DeNA・南場智子が5年かけて口説き落とした男性がいる、という記事で前田さんのことを初めて知った。
    なんと大変若くて、1987年生まれだという。今年でようやく30歳じゃないですか。
    8歳で両親を亡くした彼の放つ「逆境が人をより高みに導く」という言葉は重みがある。

    彼がどんな人生を歩んで、どんな思考を持っているのか…とてもよく伝わる1冊でした。
    前田さんがこの本を通して伝えたかったことは3つ、絆の大切さ、努力の大切さ、そして人生という壮大な航海において「コンパス」を持つことの大切さ、だといいます。
    それが、彼の人生を通して語られるので、非常に読み応えがあり、胸に響くものがあります。

    生まれた境遇によって決まることも多いけど、それでも、突如立ちはだかる壁やハンディキャップは、後天的な努力によって必ず乗り越えられる。と断言する彼の言葉や生き様に励まされると同時に、自分はきちんと努力ができているだろうかと省みることとなりました。

    本書で出てくる、「お前が今日やろうとしていることは、今日が最後の日だとしても、やるべきことなのか?」という質問も好き。日々の暮らしを丁寧に、まるで最後の日のように過ごせたら素敵だろうなぁと思います。

    自分でビジネスをする人が読んだらきっと更に感銘を受けるんだろうと思います。
    想いのある人がちゃんとその思いを真っ直ぐぶつければ、高いステージへ上り詰められる世界であってほしい、と心から強く願い、信じている彼のことを応援しています。

  • 胸にガツンとくる、魂が熱くほとばしるような、前田さんの生き方や事業、目指す世界にかける思いが伝わってくる文章。勝算というのは、何かテクニカルに、ロジカルに見えている勝つための算段ということではなくて、努力と情熱があれば勝てるのだという極めて泥臭い超絶精神論的なことを指しているのだけど、前田さんの場合はそれを自身の逆境を乗り越えた経験も含めて語っている故にすごく勇気づけられる言葉に感じられる。

    自分の情熱の源泉や価値観、根っこの部分を考え尽くしているからこそ達せる境地だけど、これは少し考えて時間をかければ誰しも覗き見ることができる深淵でもある。そうしたことを経て、自分自身も、自分の勝算は何かを考えてみようと思える一冊だった。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

人生の勝算 (NewsPicks Book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生の勝算 (NewsPicks Book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生の勝算 (NewsPicks Book)を本棚に「積読」で登録しているひと

人生の勝算 (NewsPicks Book)はこんな電子書籍です

人生の勝算 (NewsPicks Book)の単行本

ツイートする