ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]

  • 230人登録
  • 3.82評価
    • (32)
    • (22)
    • (36)
    • (5)
    • (1)
  • 43レビュー
監督 : デイミアン・チャゼル 
出演 : ライアン・ゴズリング  エマ・ストーン  カリー・ヘルナンデス  ジェシカ・ローゼンバーグ  ソノヤ・ミズノ 
  • ポニーキャニオン (2017年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013338890

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 月一映画と決めていて、今月は《ラ・ラ・ランド》。
    《ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー》《ドクター・ストレンジ》と見てきて、《ラ・ラ・ランド》も含めて「SREEEN」「DVD&ブルーレイでーた」の表紙と一致してる。王道をいってます。
    来月は《キングコング:髑髏城の巨神》その次は《ワイルド・スピード ICE BREAK》を考えていてこれも表紙を飾るのではないかと思ってる。

    ミュージカルは出演者が急に踊りだすというのが好き。タモリがヘンでしょというところだが、そこがミュージカルの面白さだ。不自然さを違和感に感じさせないのは歌と踊りの力だ。場合によってはそのシーンだけで胸がいっぱいになることがある。大げさに言うと個人というのは高い絶壁に一人孤立している存在だがそれを越える一瞬ががミュージカルの踊りのシーンだと思っている。
    なので《シカゴ》のような舞台で踊ってますというのは音楽映画であってミュージカルではないような気がする。

    その意味でこの映画の出だしの渋滞シーンはこれぞミュージカルというシーンだ。これだけの規模でミュージカルパワーを炸裂し、しかもノーカットで撮るという「やっちゃいますからね」というようなシーンだった。
    ちょっとフラッシュモブシーンに見えてしまうというのは皮肉なことだ。

    後ポスターなどに使われているシーン。口喧嘩しながらタップシューズに履き替えてるのがたまらなくおかしい。
    プラネタリウムのシーンも文句なくキレイ。夜中にプラネタリウムが開いてるかよと思ったがどうでもよくなった。

    しかし、その後は強烈なミュージカルシーンというのはなかったような気がする。もしあの時キスをしていれば・・・ではなくて、ジャズバーで踊ってくれてもいいんじゃないかと思った。

    封切りされてそう時間がたっていない日曜日だというのに客は少ない。年配の人が多い感じだった。ミュージカルって若い人には浸透してないのかもしれない。
    監督が鈴木清順の《東京流れ者》に影響を受けているという話が面白い。そんなとこまで見てるんだ。

  • ストーリーや演出に多くの欠点あれど、(ミュージカルも苦手だけど)最後が見どころの映画。
    ラスト10分のシーンが印象的。あり得たかもしれないもうひとつの人生を走馬燈のようにみせたのが、なるほど。
    現実は多くの可能性を含んだ可変の集積。夢が叶い成功した人生。最愛の人と結ばれた人生。どちらが正しくより素晴らしいかという単純な比較と是非ではなく、例えどちらであれあなたの人生であると肯定するところが好い。素敵じゃないですか、最後のセバスチャンとミアの微笑み。こういう「生の讃歌」をミュージカルで謳い上げたところがこの映画の魅力。

  • ミュージカルが苦手でも大丈夫、オープニングシーンはミュージカル観てる感があるけれど、あとはジャズを愛してます映画。元々ミュージカルや天文台シーンのようなファンタジックな演出が好きじゃない監督な気がする。結局、それらが土台ではあるものの、夢を追うことや生涯一度の忘れられない恋がリアルに描かれている。ラストも現実的で良いけれど、誰もがしてしまう妙に都合の良い夢見がちな妄想的「もしもこんな選択をしていたら映像」がぶっこまれ、現実をファンタジックに突き付けられた気がした。

  • この映画を作った人は、心からMGMミュージカルが好きなのだと思う。さまざまなところに往年の名作へのオマージュが盛りこまれていて、それだけでもうっとりとしてしまう。特に「Singing in the Rain」を始めとするジーン・ケリー主演作品のイメージがあちらこちらに感じられて、とても嬉しかった。

    そういう雰囲気の作品だから、もちろん古典的な「Boy Meets Girl」物語なのだけど、そんなふうに見せておいて最後にちゃんと現代的な、大人っぽい苦みのあるひねりがあるところも憎い。

    ジャズを基本とした楽曲も魅力的だ。ちゃんとミュージカルのお約束をきちんと押さえてあるところに、おしゃれな味わいがくわえられて、思わず口ずさみたくなる。

    予備知識なしで観ても、おしゃれでほろ苦い傑作映画だと思うけれど、古いミュージカルが好きな人にとっては、ちょっとしたカメラワークや書き割りの隅まで楽しめるマニアックな作品になる。ジャズ好きなら更に美味しいかもしれない。

    こんな映画を楽しみながらつくるのって、人生の最大の幸せなのだろうと思う。

  • 上映時時からものすごい評判高かったから、期待し過ぎない様に気を付けて鑑賞。
    ミュージカルっぽいシーンが特に前半多く盛り込まれているけれど、ミュージカル映画とはまた違ったジャンルの様な印象。
    2人が言い合うシーンは、どちらの気持ちも分かり胸が痛くなる。
    それから、最後の10分のシーンは、展開が予想出来ていても胸にくるものがあった。
    選ばなかった方の人生を最後に回想するシーンがとても良かった。あのシーンがあることで、この映画に星が追加された、個人的には。ライアン・ゴズリングの最後の表情に、ありったけの星を付けたい。

  • もしふたりが結ばれていれば…という場面が走馬燈のように映し出される最後の1シーンで涙。ジャズバーの開店、女優としての成功、それぞれ夢を叶え、幸せを手にしている。ただ2人が結ばれなかっただけ。
    交わされた視線、切なさと安堵が同時に表れた表情にも胸がグッとつかまれました。

  • ミュージカルを観たくなる。音楽を聞くとワクワクしてくる。そんな感じ。

  • 結末が切な過ぎるけど、とても素敵だった。
    女の子4人でパーティに出かける時のダンスシーンがとてもいい。

    後半の展開、なんとなく、ニューシネマパラダイスを思い出した。

  • 期待しすぎた…。
    全然面白くなかったー!
    早く終わらないかな…とさえ思ったわ。

    伝えようとしてるメッセージがあからさますぎて、
    観ていてイタかった…。

    ミュージカル調のシーンも浮いてるし。

    強いて言えば結末がちょっと意外だったくらい。
    でもそれさえも「狙ってる」感が見えてイタい。

    考えなくて観られるお手軽ロマンス映画だった。
    自分には合わなかったなぁ〜。

    飛行機で観たからまだ救い。
    タダだし。

  • ミュージカル映画というにはミュージカル要素の少ない映画。でもカラフルでおしゃれでこだわりの強い映画。ただパロディ部分や監督の想いを理解しきれてるかわからなくて、とてもむずがゆい。

  • えっと、これまたすみません、全く面白くなかったです。

  • 劇場にて視聴。オープニングから2人のダンスシーンあたりまでの楽曲と映像の流れがあまりに素晴らしいですが、このまま夢も恋も簡単に叶ってしまうわけもなく、だんだん物語がダークサイドに沈んでいってしまうのです。物語のほろ苦い展開は、ちょっと好みが分かれそう。エマ・ストーンとライアン・ゴズリングのカップルがお似合いすぎるので(「ラブ・アゲイン」でも競演してたな~)ちょっと辛かった。ともあれ、エマ・ストーンのオスカー受賞は実にめでたい。

    ライアン・ゴズリングがアルバイトでニューロマのカバーバンドで演奏するところが最高にウケたな。通りがかったエマ・ストーンがリクエストするのがフロック・オブ・シーガルズ(笑) 

  • ライアン・ゴズリング好きなのもあって、映画館に見に行きたかったけど結局行かないままになった映画。やっと見た。セット・色・衣装が可愛い。
    ミュージカル映画嫌いじゃない。
    ☆4だけど3.5くらいかなぁ。

  • U-NEXTで視聴。解約しようと思ったらポイント貯まってたので観てみた。音楽が素晴らしく、映像も綺麗でおしゃれ。ディズニーの実写版みたいな感じのミュージカル。最後が少し切ない。

  • 泣けたー!映画見てて5回は泣いた!!ミュージカルシーンには躍動感があって、美術も綺麗!作品見ていて幸せな気持ちになれるところも好き!!でもラストにかけて少し物足りない感じも・・・!しかし監督のデミアン・チャゼルのテンションを伝えるセンスすごいなー!

  • ご飯食べつつ徐々に喧嘩になるところ、胸がギュウとなる。うう。

  • 終わりにビックリした!
    こういうので、結ばれてハッピーエンドじゃないの!?

    何か切なくなったわ。

  • 制作年:2016年
    監 督:デイミアン・チャゼル
    主 演:ライアン・ゴズリング 、 エマ・ストーン 、 ジョン・レジェンド 、 ローズマリー・デウィット 、 ソノヤ・ミズノ 、 J・K・シモンズ 、 フィン・ウィットロック 、 ジェシカ・ロース 、 キャリー・ヘルナンデス 、 トム・エベレット・スコット
    時 間:128分
    音 声:


    アメリカ・ロサンゼルス。
    この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。
    女優を目指すミアは映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。
    ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャンと出会う。
    彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。
    恋に落ち、互いに応援しあう二人。
    しかしセバスチャンが生活のために加入したバンドが売れ、二人の関係が変わってしまう。

  • 魂を揺さぶる感じは、
    さすがに上手い。

    定番な感じのラブストーリーも
    今時新鮮。&時期も良かった。

    でも、そのラストじゃ、
    アメリカ人は納得しないだろうな。

  • 友人の勧めでレンタルを見た

    黄色いドレスを着て夕暮れの中を踊る、ジャケットのシーンしか知らなくて、ストーリーも何も知らないで見たのだけれど、思ったよりも恋愛ものだった
    てっきり、仕事のために恋を捨てた人のサクセスストーリーのようなものだと思っていた…

    評価は☆3で
    雰囲気は好きだけど、焦点が定まらなかった
    印象に残りにくかった

  • ミュージカルは苦手な部類なんやけど、引かずに観られてよかった。

  • 言わずと知れた大ヒット作品。音楽とダンスでオープニングから楽しませてくれる。
    競争の激しいエンターテイメントの世界で夢を追うこと、その難しさに直面し苦しむ二人の男女を、切なくなりすぎずに描く。
    ジャズを愛し、いつかは自分の店を持つ、という夢を持つセブはピアノ弾きのバイトで稼ぎを立てながらも夢を追い続けながらもずっと恵まれず、時代を嘆く。
    しかしふとしたきっかけで、昔の友人とともに一度は本当にやりたいこととは違う形で成功を掴む。
    その成功に尾を引かれつつ、最後には彼女の言葉を受け、その成功を手放して、小さくも思える夢を掴む。
    女優を目指すミアは何度もオーディションに落ち、くじけ、彼の応援を受けてやった一人芝居の舞台が興行的に失敗に終わった初日、一度は全てを諦める決心をする。
    それでも、彼の強引な説得に受け、ラストチャンスとして受けたオーディションをきっかけに成功を掴む。
    オーディションで、アドリブ的に自分たちのような夢追い人を歌うシーンはこの映画の数あるハイライトの中でももっとも感動的なシーンの一つ。

    いがみ合いながらもくっついた二人が、別れてしまったことがわかるラストシーンは、切ないけれど、美しい。
    二人が近づいていくシーンでちょっと意図的に非現実が入ってきたりするのも綺麗。
    音楽・ダンス・映像・ストーリーで楽しませ、元気になれる作品でした。「夢追い人に、乾杯を。」

  • タップダンスのシーン最高じゃん。
    J・K・シモンズがいつかイス投げてくるんじゃないかとドキドキした。

  • あまりおもしろくなかった。

  • ラストが予想外で、泣いてしまった。

    どこかレトロな印象だけど、スマホもプリウスもある現代で、夢を追うことの葛藤とか恋って楽しいだけじゃないよね、ていう。

    ミュージカルいいな。
    とくに、はじまりの高速道路のシーンはわくわくした。

全43件中 1 - 25件を表示

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする