POPEYE(ポパイ) 2017年 7月号 [お邪魔します、京都。]

  • 32人登録
  • 4.50評価
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • マガジンハウス (2017年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910180290770

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
又吉 直樹
村田 沙耶香
益田ミリ
有効な右矢印 無効な右矢印

POPEYE(ポパイ) 2017年 7月号 [お邪魔します、京都。]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特集は「お邪魔します、京都。」
    年に1度ほど、HanakoやOzマガジンで必ず登場する京都特集号。
    それらは当然、この雑誌のターゲットである女性に向けての物なので、取り上げられるのものの多くはキラキラスイーツ、小洒落た雑貨、お洒落カフェでランチ、木漏れ日差す寺社の境内で自分探し、なのである(一部筆者の偏見を含みます)。

    掲載される写真も彩度低め、ハイキー、一言で言うならインスタ栄えしそうな写真たち、なのである (一部筆者の偏見を含みます)。

    一方こちらはPOPEYE。
    ターゲット層はシティーボーイ・・・シティーボーイってなんやねんって話ではあるけれども、要はオトコ。
    オッサンでも若者でもどっちでもいいけれど、男性向けなのである。
    そこには緑寿庵清水も出てこないしクロッシェも出てこないし、そうそう「ほっこり」なんてワードも皆無かな。

    代わりにあるのはサウナの梅湯であったり中華そばみみおであったりサンボア(それも祇園・木屋町・京都の三店舗並べて)だったり。

    勿論HanakoやOzマガジンに載ってそうなお店も載ってはいるんだけど、あくまでそれらも男目線での紹介。

    これまでも、多分40~50代の男性を想定ターゲットにしたような雑誌での京都特集はあったけれど、それらはおしなべて想定ターゲット層がそんなのだから高級店だったり一見さんお断りの店を覗く内容だったり、私くらいの世代にはちょっと敷居が高かった。

    その点POPEYEである。
    もう、待ってましたというところで、松浦弥太郎が好きな京都の庭を案内するし、(しかもその頁では有名無名様々な寺社仏閣の庭を紹介する中で一件コーヒーショップの中庭が混じっているあたりがニヤリとさせる)、くるりの岸田繁はカルネを評して「かったいパンにうっすいハムと玉ねぎ、ベチョベチョのマーガリン。安くて、いなたくて、ウマイ」という愛に溢れる表現で絶賛し、観光地じゃない普段着の京都を紹介するのに大手筋商店街を「わざわざ京都来て大手筋か」の一文と共に紹介する。

    トドメに、ページを捲って千丸の大衆酒場寿海が出てきた時にはひっくり返りそうになったけれども。

    文字が細かくてページ数も多くて圧倒的な情報量。
    こういう特集を待ってたんだよなぁ、とお腹一杯で読了した

  • 京都特集。次に行く機会があったら寄りたい場所がいくつか見つかった。最近は出不精も減ってきてるし、もう少し遠出してみたいなあ。

  • やっぱりpopeyeの街特集は良い

  • ポパイ流京都の見所がギッシリ。
    知らない場所も沢山出てきて
    また京都に行かねばと。

  • 雑誌はやっぱり写真です。「八木莉嘉可子、鴨川の飛び石をピョンピョンする。」の見開きの写真だけで定価分の価値があります。
    いや、やっぱりマガジンハウスですから、内容はみっちり。「シティボーイのための京都案内」とありますが、意外とおじさんが知りたいこともこういうことなんだと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

POPEYE(ポパイ) 2017年 7月号 [お邪魔します、京都。]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

POPEYE(ポパイ) 2017年 7月号 [お邪魔します、京都。]はこんな雑誌です

ツイートする