ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜 [Kindle]

  • 21人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 苫米地英人
  • 2017年5月25日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (53ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
苫米地英人
苫米地英人
苫米地英人
苫米地英人
苫米地 英人
苫米地英人
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜の感想・レビュー・書評

  • 天皇の役割、そうなのよ。

  • 短いながらなるほどなぁと思う内容だった。
    日本、アメリカ、中国、イギリスなど各国民が感覚的に抱く心の拠り所が国益の基になるという主張。
    国民性とは改めて興味深いものだと思ったし、日本の現状を国益の視点から見てみると印象がまた変わった。
    国自体が何かに固執して発展を疎かにするのとは別の話で、国民の向いている方向性と為政者の向いている方向性がこのままズレれば国としてまとまるのは困難であるし、筆者の言う(国民が国を嫌う)中国のような国民が国を捨てて出る場所になってしまうかもしれない。
    国民性とはそれなりに歴史や環境があってあるべきものとして生まれたものなんだと思った。

  • 初めて電子書籍でしか販売されていない書籍を読んだ。タイムリーで電子書籍としてサクッと読むのにちょうど良いボリューム。内容はきちんと整理されていてわかりやすく、わりと今の若者世代には受け入れられる主張かと思う。

  • 【国とは何か?】
    国とはなにか?国家とはなにか?実は、この答えはすでに出ています。幻想の一言です。実体などありません。

    国境は隣国同士の綱引きの均衡が取れた地点に引かれた線のことを言っているだけで、いわば暫定線。「その内側は我が国の領土」と言ったところでほとんど意味はありません。実際、バルカン半島の国々では何度も国境が変わっています。

    国とは幻想であり、抽象的な概念です。極端な話、ある日突然、「ここからここまでは俺の領土」と言い出した者がいて、それを守れた者が国を持つのです。それはアメリカを見ればわかるでしょう。1620年、メイフラワー号でヨーロッパからやってきた白人たちが武力をもって先住民族を追い払って作ったのがアメリカという“国”です。北朝鮮でいえば、1945年、朝鮮半島の北側を実効支配したことによって生じた“国”です。クロアチアやスロベニアのようにユーゴスラビア連邦の実効支配力が弱まり、分離独立したことによって生まれる“国”もあります。

    実効支配力=領土で国を語るということは、軍事力を語っているだけにしか過ぎないのです。軍事力は国を構成する重要な部分ではありますが、決してコアではありません。コアとは、国を語る上でゆるぎない部分です。領土がなくなったとしても、人々の拠り所になる部分です。拠り所になる部分さえあれば、人は国を形作っていけるのです、たとえ領土を失ってもです。その最もわかりやすい例がユダヤ人です。彼らの心の拠り所はユダヤ教です。ユダヤ教を深く信じるがゆえにイスラエルの再興を願い、実際それを実現させたのです。ということは国とはなにかといえば、人の思いだということです。国民がその国をどう思っているのか、その思いこそが国のコアになるのです。


    【相手国は何を大切にするのか?】
    アメリカは国を第一にするからダメだと言ってるわけではありません。ヨーロッパはキングのための国だからダメだでもありません。中国は中国共産党の国だから付き合う必要ないというつもりもありません。ただただ国益が違うと言っているだけです。その違いを認識し、理解して行動しましょうと言っているだけなのです。それは自分の国、日本に対しても一緒で、私たちが日本の国益をどう考えているのかを再認識することはとても大切です。結局、自分で自分の大切なものがわからなくなってしまった時、戦争は起きるのです。私たち日本人は家族を大切にする延長上に国の大切さがあります。国土を死守するために動くというのはなかなかできないのです。

    【国のためを思い国に尽くす】
    当の政治家たちには、自分たちが国の形を変えようとしているという意識はありません。彼らは本当に国のためを思い、国に尽くすつもりで働いています。であるのに、なぜ、国の形が変わっていこうとしているのでしょうか?国民の思いと政治家たちの思いが乖離していく一方なのはどうしてでしょうか?実は、国民が思っている“国”と、政治家が考える“国”が違うのです。

    彼らにとっての国とは政権政党のことです 。だから 、 「政権が吹っ飛びますよ 」といって戦々きょうきょうとし 、我々を脅すのです 。政党が第一で国民はあと 。いまの日本の政治家の中で 、これが国益だという意識が蔓延しているのは大問題です 。もちろん 、国民はそんなことは思っていません 。大事なのは自分であり 、自分の家族です 。しかし 、日本を動かす人々はそんなことは欠片も思っていないのです 。

  • 天皇をコーチングしましょう。

全5件中 1 - 5件を表示

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜を本棚に登録しているひと

ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜を本棚に「積読」で登録しているひと

ジャパン・ファースト: 〜日本の問題がクリアに見えてくる「新・国家論」〜はこんな電子書籍です

ツイートする