LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]

  • 63人登録
  • 3.71評価
    • (6)
    • (11)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : ガース・デイヴィス 
出演 : デヴ・パテル  ニコール・キッドマン  ルーニー・マーラ  デヴィッド・ウェンハム  サニー・パワール 
  • ギャガ (2017年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921405386

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インドで5歳の時に迷子になり、オーストラリアに養子に出された男性が、記憶の断片を辿りながら、Google earth を駆使して、迷子から25年後にインドの自分の家を探し当てる…、という実話に基づくお話。

    あちこちに掲載された、そんな紹介文そのままの、至極シンプルな展開のお話なのだけど、それ故に、かえって、テーマが際立って明確に見えてくる作品。

    インドで生まれ、オーストラリアで育った青年サルーは、学業も、仕事も、恋人も、良好だった里親との関係に溝が出来ていくのもかまわず…それこそ、全てを投げ打つように、検索作業に没頭していきます。

    そんな彼の執着心と異常とも思える姿は、

    「自分は一体何者なのか?どこから来たのか?」

    という問いに突き動かされており、その答えがわからないことが、どれ程辛いことであるかと同時に、存在の自己肯定の土台として欠かせないものであることを、まさに直球で突きつけてくるのです。

    インドからオーストラリアに渡り、国籍まで変わったサルーほどでなくても、例えば、父親を知らず、母親にも教えてもらえず、戸籍にさえ父の名の記載のない、いわゆる日本の法律では「嫡出ではない子」と定義される人や、施設等で育ち、実の家族の手がかりがないままの人などは、同じように、自己のルーツやアイデンティティを求めて少なからず苦悩し続けているのかもしれません。

    物語の最後、インドの家族と再会し、とても晴れ晴れとしたサルーの表情を見ると、家族の事情があってルーツがわざと明かされない、もしくは明かせないことも当然あるのでしょうが、できるのであれば、子供たちが成人した時に、辿るか辿らないか選択できるだけの手がかりを用意しておくのも、関わる大人の義務なのかもしれない…と強く思わされた作品です。

  •  誰かに会えないことより、誰かに会ってあげられないことの方がずっと辛い。 自分の大切な誰かの寂しさや不安を埋めてあげられないことはただ苦しく、もし自分が会うこと以外でそれが解消できるのなら、究極的には、会えなくてもよいのだ。 自分のためではなく、誰かのために「会いたい」気持ちが世の中には溢れていて、それは世界中に存在する無数の孤児とその家族の中に、そして、この物語の里親の中にも在る。 その気持ちに泣いた。

  • 2017/11/20
    子どもの頃のサルーがとても可愛らしい。
    悲しい過去を持つサルーが大人になって、今も自分を探し続けているであろう家族の思いに苦しむ気持ちはなんとなくわかる。
    でも救いは、育ててくれた家族がとても愛情深く育ててくれたこと。
    最後は素直に泣けた。
    素晴らしい映画。

  • サルー役の子役 本当に可愛い お兄ちゃんも良かった
    何が幸せかは分からないけど…
    実話を基に出来た映画
    インドの身元不明の子供たちの多さに 驚き インドの貧しい村で生まれながらも 優しい母や兄 妹と 子供だったから すべてが眩しく幸せだったんだろうが、迷子になってオーストラリアの夫妻の養子ととしてもらわれてゆくが、その親達の信念が凄いし、感動した
    やっと 探し当てた 実家だったが、お兄ちゃんが亡くなっていたのは悲しかった。
    何処にいても 見つけられる監視塔のようなGoogleearthも 役立つ事があるという現代の世界を見せつけられたようなところもあるが、何にせよ使い方や方向性 そして 人を動かす信念って大切だと思ったが 悲しい映画というよりも主人公は運が良かった人なのかも…と他の孤児の子供達の現実に ハッとさせられた。

  • 大体のストーリーも、
    オチも分かっている実話モノなのに、
    感動した。

    感動理由は、
    今住んでいるところと、
    子供の頃住んでいた風景の違い。

    実家暮らしで、家庭に不備が無ければ、
    共感が難しいか?

    映画全体は、上質に大人な感じで演出されているけど、
    ストーリー展開もテンポが良いので、
    眠くならず、ドキドキ感も。
    役者陣も上手い。

  • 原題:LION (2016年) ※日本公開 2017年
    収録時間:01:58:37

    ちょっと前半長いかなぁと感じた。
    途中、このシーン必要?って思う部分もあったけど、結局最後は泣かされた。
    一番可哀想なのはお兄さんかもなぁと思いながら観てた。
    だって、出かけるお兄さんにどうしても付いていきたいとサルーがせがんで、お兄さんが根負けした感じで連れて行ったもののサルーは睡魔に襲われて、仕方なくお兄さんは眠るサルーに「後で迎えに来る」と仕事を探しに行くわけでしょ。
    で、弟が居なくなったってなれば母親にも酷く叱られただろうし、ずっと自責の念に苛まれて生きてるんだろうなぁと…。
    ところが、実際サルーが家を見つけて帰郷するわけだけど、なんとお兄さんは亡くなっていたことが発覚。
    それも、サルーが行方不明の原因になる空っぽの汽車に乗ってしまったすぐ後に、別の汽車に轢かれて亡くなったと…。
    こんな悲劇ある…?って思った。
    でも、可愛がってた弟が行方不明になり、自責の念に苛まれながら生きて行かずに済んだのかと思うと、どっちが良かったんだろう…?とは思う。
    さて、タイトルにあるLion。何故ライオン?とタイトルを見た時に不思議だったけど、これもラストで解決。
    幼かった為、サルーと思っていた名前が実はシェルゥで、意味がライオンとの事。なるほど。あるよねそういう事。
    エンディングも実際の写真が流れたり、育ての親と産みの親が会ってハグするシーンがあるなど、もう顔が涙でグチャグチャですわ…。

    “25年間迷子だった男がGoogle Earthで起こした奇跡の実話を映画化。インドで生まれた青年・サル―は5歳の時に迷子になり、家族と生き別れたままオーストラリアに養子に出されたという過去があった。成人後、彼はインドの家族への想いを募らせ…。”

  • 途中からでいい。

  • 人を困らせるのも人、人を優しくするのも人

  • 「世界には孤児が溢れているから私は生まない」という考えの元、二人のインド人を養子にするオーストラリア人夫婦の実話。その考え方も衝撃的だったが、インドでは年間8万人が迷子になりほとんどが浮浪児となるという事実にも驚いた。そこに驚けるのは日本人くらいなのかもしれないけど…。物語は実話なだけに大きな波はないものの、血の繋がりがない親子関係だからこそ生まれる絆や難しさがきちんと描かれていて観て良かった。

  • 飛行機でみた。すごく良かったけど、ちょっと演出が単調かな。ノンフィクションなので関係者に配慮したのかもしれない。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]を本棚に登録しているひと

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする