ムーンライト スタンダード・エディション [DVD]

  • 32人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : バリー・ジェンキンス 
出演 : トレヴァンテ・ローズ  アシュトン・サンダース  アレックス・ヒバート  マハーシャラ・アリ  ナオミ・ハリス 
  • TCエンタテインメント (2017年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474188173

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ムーンライト スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • MOONLIGHT
    2016年 アメリカ 111分
    監督:バリー・ジェンキンス
    出演:トレヴァンテ・ローズ/マハーシャラ・アリ/ナオミ・ハリス
    http://moonlight-movie.jp/

    想像してたより普通に恋愛映画でした。というと語弊があるのかもしれないけれど、貧困とか人種差別とか社会問題的な部分にもっとクローズアップしているのかと思っていたので、もちろんそれも含まれているのだけど、全体の印象としては男性版『キャロル』的な、たまたま同性同士ではあるけれど、しみじみ一途な恋愛映画の余韻。

    たとえば主人公のシャロンは内気で軟弱なので、本人が同性愛者だと自覚する以前からいわゆる「オカマ」と苛められている。しかし彼を苛めているのは白人ではなく、同じ肌の色の少年たちであり、苛められる理由は肌の色ではなくあくまでシャロンの内向的な性格。その遠因はヤク中でネグレクトな彼の母親であり、個人的には学校でいじめられることよりこの母の毒親っぷりのほうが観ていて辛かった。

    そんな少年時代の彼を支えたのは、偶然知り合った麻薬の売人フアンとその妻テレサ。仕事柄見た目はいかにもな感じ(清原みたいとか言ったら怒られるかしら)のフアンだけど、シャロンにかつての自分を重ねてでもいるのかまるで息子のように親身に接してくれ、テレサもまた優しい。この疑似両親のような二人の家という逃げ場があっただけでもシャロンは恵まれていたのかも。映画の終盤で大人になったシャロンの外見はフアンにそっくりで、彼の言葉や優しさだけがシャロンにとって生きる指標になっていたのだなと思わされる部分がいちばん泣けた。

    一方、苛められっこのシャロンの唯一の友人にして、結果シャロンが恋心を抱くようになる相手ケヴィンのほうですが、疑似父フアンの存在感に比べて、正直ケヴィンは観客にはそれほど魅力的には映らない。友達のいないシャロンに声をかけてくれたりする優しさはあるけれど、それだけで好きになるかなあ?っていう。そしてケヴィンのほうではシャロンをどういう目で見ていたのかがイマイチ伝わってこない。映画は3部構成で少年時代、青年時代、大人になってからで役者が変わるのだけど、シャロンに比べてケヴィンは出てくるたびに印象が変わり、ひとつの繋がった役として見れないのもちょっと微妙だった。

    シャロンのほうは、子役→青年までの変化は似た感じの子で、ひよわそうでモジモジしてるところとかずっとひとつながりの役として観れたけど、大人になったら急にマッチョになって出てきたのでビックリ。もちろん、フアンのような男を目指して鍛えたという設定なのだろうけど、それにしてもマッチョすぎやしないか(笑)まるで中性的なことが売りだったビジュアル系バンドマンが中年になって急にマッチョに目覚めたかのような、あるいは未練たらしい失恋ソングを歌っていたフォークシンガーがいつのまにかマッチョな兄貴になってオラオラしはじめたかのような、あまりに急激な変化にかなり戸惑いました。

    大人になったシャロンは、ネグレクトだった母親を赦し、一度は裏切ったケヴィンを赦し、心の安らぎを得る。観る前に想像していたほど過激なことは起こらないし、比較的静かで情緒的な映画。もっと社会派作品だと期待した人は裏切られるだろうけど、純情少年の初恋成就映画だと思えば失敗しないと思う。

  • 難しかった。
    必ずしも必要では無いけれど、カテゴライズが難しい映画だった。
    要所要所を観る側の想像に委ねるパターン。

    それにしても, シャロンを演じた3人は当然全くの別人なのに, 同じ内面を持っているどこかで通じていると映る不思議。
    探してきた制作陣すごい。

    二人はこの先寄り添って生きてゆくのかな。
    でも, 今までみたいに, 連絡を全然とっていなくても, 心の中心にはお互いがいることを確認できた現在, シャロンはもう一歩踏み出せるんじゃないかと思わずにはいられない。
    お母さんが踏み出した様に, ケヴィンがそうした様に。月明かりの下, ブルーに輝くために。

  • 劇場視聴。

    大人になったシャロンがケヴィンの働くダイナーで再会するシーン。
    ケヴィンがジュークボックスで流した曲を聴いて涙が溢れました。
    この映画はただただ純粋な愛の物語なんだと気付かされたシーンでした。
    また選曲が他のどの曲でもなくバーバラ・ルイスの「ハロー・ストレンジャー」というのがまた…グッときたなぁ。監督のリスペクトを感じます。

    そしてシャロンを演じた3人。
    全員が本当にシャロンでした。それはもう吃驚するほどに、それぞれの眼差しが一人の人間のそれでした。

    黒人社会やLGBTQと聞くと身構えてしまう人も多いと思うけれど、この映画はただひたすらに純粋な1人の人間のラブストーリーだと思って観てほしいなと思う。

    ★3.7

  • 社会的弱者を表す際に挙げられるキーワード、全てを彼に託しているような。

    見るにやるせない主人公が、そのまま、その環境で大人になっていく。


    マイアミの貧困地区に生まれ、いじめられ、白人からは差別され、父親はおらずドラッグに溺れた母から金をせびられ、満足に学習もできず、社会から見捨てられた純粋な少年のありのままの姿。

    唯一心を許せた友人と、助けてくれたドラッグのバイヤーが、彼の人間的な部分を受け止めていた。


    大人になって、ガッチガチにいかにも“ワルそうな奴”になったシャロンは、よくある黒人ギャングの代名詞のようになった。

    でも、唯一心の許せる友人(想い人)の前に立ったときだけは、ただ純粋でまっすぐな青年でしかなかった。

    何が社会をそうさせ、何が彼をそうさせたのか。
    これを観たら、悪に染まった人を単純に責めるなんていう分別のない暴挙はできなくなる。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ムーンライト スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

ツイートする