王様のためのホログラム [DVD]

  • 22人登録
  • 1.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (4)
  • 6レビュー
監督 : トム・ティクヴァ 
出演 : トム・ハンクス  アレクサンダー・ブラック  サリタ・チョウドリー  シセ・バベット・クヌッセン  ベン・ウィショー 
  • ポニーキャニオン (2017年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013338593

王様のためのホログラム [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文明は西へ西へと展開していくというが、もはや韓国・中国を通り越して、インド・中近東へと進んでいるのを実感。冒頭の古き良きアメリカが消滅していくビジョンには哀愁を感じざるを得ない。かといって、早急に技術を輸入するのでは、韓国経済や中国の公害のように歪みを残したまま絶頂期をやり過ごさなければならない訳で、特にイスラム文化圏ではその障害が大きい現実を思い知らされる。もう資本主義的な豊かさという価値観が、全世界的に限界を迎えているのは明らかで、トム・ハンクス演じる主人公の最後の選択がそれを象徴しているのではないかと感じた。テーマとしては深いけど話としてはあんまり面白くない。☆3

  • いまいちでした。
    冒頭のトム・ハンクスのラップで度肝を抜かれた後はどんどん盛り下がり、最終的には「ああ、そう」という感想になってしまいました。
    人生がどん底にある男の再生物語なのかな?
    いい加減なドライバーの男とか、娘や後の恋人となる女性医師とかの関係をもっと上手く活用して欲しかったです。
    異国の雰囲気は楽しめた。

    あとベン・ウィショーがちょい役で出てて、男(ホログラムだけど)の頬を触り、「美しい顔」と言わせているのはどういうこと?腐女子へのサービス?わからん。
    『パフューム』のトム・ティクバ監督だけど...

  • そんなに内容ないかな?大人の恋はよいのかもしれないけど。何かをやり直しているって感じはあまりしなかった。

  • ボヤントシタエイガ。父がもがく話なのか。

  • 原題:A Hologram for the King (2016)

    結局何が言いたいのか、何の映画なのかよく分からない。
    トム・ハンクスだから最後まで観たけど、そうじゃなかったら途中で止めてるレベル。
    これトム・ハンクスじゃなくても良いのでは?
    タイトルにあるホログラムは申し訳程度で結局はラブストーリー?
    原作小説はベストセラーとの事なので、映画化に無理があったのかね?

    “デイヴ・エガーズのベストセラー小説をトム・ハンクス主演で映画化したハートウォーミングストーリー。大手自転車メーカーの取締役を解任されたアラン。IT業界に転職した彼は、一発逆転を懸けてサウジアラビアの国王に最先端の映像装置を売りに行く。”

  •  なんだか焦点の定まらない中年リフレッシュ物語。 主人公のストレス描写がイマイチなためとにかく共感できない。 サウジの風景だけが目に楽しいが、それ以外に残るものが驚くほど何もない映画...。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

王様のためのホログラム [DVD]はこんな映画です

ツイートする