& Premium (アンド プレミアム) 2017年 7月号 [キッチンと道具。]

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
  • マガジンハウス (2017年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910015250771

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤雅彦
恩田 陸
小林 聡美
エラ・フランシス...
益田ミリ
本谷 有希子
山内 マリコ
平野 啓一郎
東村 アキコ
梨木 香歩
柴崎 友香
西 加奈子
宮下 奈都
大西 進
有効な右矢印 無効な右矢印

& Premium (アンド プレミアム) 2017年 7月号 [キッチンと道具。]の感想・レビュー・書評

  •  昨年から、新しい潮流として読んできた雑誌。女性誌だが、女性を取り巻く環境が劇的に変化している、その要諦を抑える必要があるが、本誌が一つの答えだったと思う。
     キッチンは、家の中で最もクリエイティブな場所。自分のお気に入りの特別な場所だからこそ、どんな配置でどんな道具で、それを乱す行為は、らしさの崩壊でもある。ベターライフをテーマとしている本誌にとって、誰もがまだまだより良いものがあるはずだと思える場所、キッチンとはその中で取り上げるに足る場所だと思う。
     一つ目はフライパンだ。使い終わった後で、洗って加熱。油をさっとなじませる。最近は、さっと炒めても、料理の状態が手に取るようにわかる。手間が少しかかるが、人との付き合いと同じじゃないか。
     少し高めのシンクやコンロなどのベースに、夕日が見通せるオープンキッチン。テーブルとイームズチェアの先には、グリーンがある。キッチンが命を作ると言っても過言ではないと思うようになり、年々重要性が増している。
     若い人にとって、キッチンとは何か。コンビニ飯をレンチンし、パックを捨てる場所。ペットボトルを保存し、たまにレトルトカレーを温める場所。そうではないはずだ、と言うことを本誌は言いたいんだと思う。
     クルティのディヒューザーが紹介されていた。アクタスで気に入って買った香り。商品を紹介するタイアップ広告的な記事が多いのが気になるな。

全1件中 1 - 1件を表示

& Premium (アンド プレミアム) 2017年 7月号 [キッチンと道具。]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

& Premium (アンド プレミアム) 2017年 7月号 [キッチンと道具。]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

& Premium (アンド プレミアム) 2017年 7月号 [キッチンと道具。]を本棚に「積読」で登録しているひと

& Premium (アンド プレミアム) 2017年 7月号 [キッチンと道具。]はこんな雑誌です

ツイートする