読書で離婚を考えた。 (幻冬舎単行本) [Kindle]

  • 23人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 幻冬舎 (2017年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (332ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
ジェイムズ・P・...
又吉 直樹
内澤 旬子
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
本谷 有希子
内田 樹
有効な右矢印 無効な右矢印

読書で離婚を考えた。 (幻冬舎単行本)の感想・レビュー・書評

  • 円城塔さんが好きで、第一回をネットで読んでそのまま『羆嵐』買って読んだこともあり、
    このたび電子書籍化していることを知ってポチり。

    本文で示されているように、ご夫婦が歩み寄ったり理解を深めたりというのもあまりないまま、
    また本のレビューというにはちょっと消化不良なまま対談?が進んでいきます。

    が、これはこれで味わい深い。

    読みながら引き続きいくつか買っちゃいました。

  • 円城さんって結婚してたんだ~。知らなかった。で、もっと驚いたのが、結婚後どんどん太って、一時は80キロを越えてたって事。スリムなインテリってイメージだったんだけどなあ。

    しかし、これはちょっと「タイトルに偽りあり」じゃないの?宣伝文にあるような「ハラハラ」ってあんまり感じなかったけど。仲の良いカップルという印象の方が強くて、ほほえましい気がした。

    まあ円城塔なのだからして、エッセイのたぐいといえど、ストレートにごく普通の心情を述べているはずもないわけだけど、韜晦の向こうにチラチラ見える「ふふっ」という感じが、ファンとしてはちょっと嬉しかったりした。(読みかけたけどギブアップ、という作品が結構あるのに「ファン」と言うのはおこがましいか…)

  • 円城塔と奥さんの田辺青蛙(円城塔って結婚してたんだ!)が、相互理解のために互いに課題図書を出し、指定された本にまつわる交換エッセイを書いていく・・・のだけど、いっこうに相互理解は進まず、タイトルにあるとおり一時は田辺青蛙さんの本が離婚を切り出される夢まで見る、という。
    相手に不満が募って、とかではなく相手に切り出されるんじゃないか、という不安なあたり、全然不仲とかではなくむしろ仲の良さのあらわれではないのか。
    でもこれ読んでも別に紹介されている本は読みたくならんな・・・田辺青蛙さんの紀行エッセイはちょっと読みたくなったけど。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

読書で離婚を考えた。 (幻冬舎単行本)はこんな電子書籍です

読書で離婚を考えた。 (幻冬舎単行本)の単行本

ツイートする