たかが世界の終わり [DVD]

  • 26人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : グザヴィエ・ドラン 
出演 : ギャスパー・ウリエル  レア・セドゥ  マリオン・コティヤール  ヴァンサン・カッセル  ナタリー・バイ 
  • ポニーキャニオン (2017年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013374898

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

たかが世界の終わり [DVD]の感想・レビュー・書評

  • JUSTE LA FIN DU MONDE
    2016年 カナダ+フランス 99分
    監督:グザヴィエ・ドラン
    原作:ジャン=リュック・ラガルス『まさに世界の終わり』
    出演:ギャスパー・ウリエル/レア・セドゥ/マリオン・コティヤール/ヴァンサン・カッセル/ナタリー・バイ
    http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

    人気劇作家のルイは、12年ぶりに家族に会いにいく。理由は、自分が病でもうすぐ死ぬと告げるため。なぜ彼が家を出たっきり12年も音信不通だったかは明確に説明されないけれど、ルイがゲイであること、その回想シーン等から、おそらく家族の理解を得られなかったのかと。

    父はすでになく、陽気でお喋りな母(ナタリー・バイ)、暴力的で短気な兄(ヴァンサン・カッセル、年齢的に予告みたときお父さんだと思い込んでた;)、内気でいつも何かに怯えているようなその妻(マリオン・コティヤール)、12年前はまだ幼かったので次兄をよく覚えていない妹(レア・セドゥ)の4人がルイを迎える。

    原作は戯曲。作者のジャン=リュック・ラガルスは1995年、38才でエイズで亡くなっている。おそらくこれは自伝的な内容なのでしょう。もとが戯曲なだけに、映画のカメラも一度ドライブに出る以外ずっと室内から出ない。一幕ものの会話劇のよう。ゆえに具体的なエピソードというよりは、ひたすら会話で物語は進んでいく。

    ルイは無口だけれど兄と妹はベクトルは違えどどちらも激しやすく、せっかくの12年ぶりの帰省も口論ばかり。ルイはなかなか本題を打ち明けられない。しかしそれらの会話から、彼らの屈折、鬱屈、ルイへの愛憎もろもろが浮かび上がってくる。映画というよりは舞台演劇の鑑賞をするつもりで観たほうが違和感は少ないかも。

    音楽がとても良かった。オープニングの「Home is where it hurts」という曲の歌詞がこれから始まるストーリーを象徴していてとてもいい。エンディングはMoby「Natural Blues」これもルイの心情を現していてとても象徴的。あと途中で日本ではちょっとアレなマイアヒーマイアフーな曲が使われていて、とても良いシーンなだけに日本人的に複雑な気持ちに(なんか脳内で変な猫が・・・)

    キャストはそれぞれ熱演だったし、ギャスパー・ウリエルも美しかったけど、個人的にはこの年齢のこの役だったらドランちゃんが自分で演じても良かったんじゃない?と思ってしまった。ただのミーハーファン。

    そういえば原作は「まさに」世界の終わりと訳されてるけれど、映画は「たかが」世界の終わり。この違い、どちらも間違いではないのだろうけど日本語だと随分ニュアンスが真逆に変わってしまう。「愛が終わることに比べたら、たかが世界が終わりなんて」という映画のキャッチコピーの意味を汲むとしたら、やっぱり「たかが」がいいのかな。世界の終わり=自分が死ぬとしても愛があったなら。

  • 『キネカ大森名画座2本立て』にて観賞。

    12年ぶりの家族の再会。
    12年という月日は大きい。
    家族ではあるけれど、他人に近い距離。
    主人公ルイも家族に対して、家族もルイに対して、お互いに伝えたい気持ちはあるものの、おっかなびっくり、素直になれなかったりしてすれ違ってる。
    まるでヤマアラシのジレンマだなと思った。
    それぞれ自分がどう思っているのかを伝えれば、解決の糸口は掴めそうなのに、そうはならず。
    家族という枠組みが彼らを縛り付けて身動きをとれなくさせているようにも思えてならない。
    言わなくてもわかるでしょ?みたいな雰囲気を何度も感じた。

    まさか『恋のマイアヒ』を2017年に聞くとは思ってなかった。懐かしい。

  • 自分の死の間際に 12年間離れてた家に戻り 自分の存在を知ろう対峙しようと決意して帰ってきた我が家?
    冒頭からの始まりは ルイの強い決心から 重い空気の中…家に戻るなり かなりゴタゴタした家族で、家族と言えども 理解できない 理解されない世界がそこにはあり、観ているだけで この家から出た理由分かるわ…と感じるくらいだった「実は…」と話そうとする度に 他の話題にもっていかれたり、みんなが自己中心的で、やはり 家族と言えども、理解し合えないのは仕方ないのかも…それどころか、自分の死についての話しを持ち出し宣告しても、結局何になるんだろうって諦めと言うか 何も実は変わらないのかもって事を感じたのかな?それぞれが現実にある自分の生活でいっぱいいっぱいなのかもしれない
    でも、ルイの気持ち気分は とても分かるなぁって思った。母親が「貴方の事は誰も理解できない、でも、愛してる事は事実」のような言葉にだけ救われたなぁって思う。家族とは離れてた時間も含め距離は縮まならなかったけど…それはそれで変わらない事なのかもしれない

  • 公開初日、劇場視聴

    家族と言えども他人で、決して理解は出来ないけれども、しかし誰にも奪えない程に愛しているという悲しさにやるせなさ、優しさ‬

    ‪ルイの告げようとした事に誰か気付いていたのかと考えるとまた…‬
    ‪抉られました‬

    ★3.8

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする