PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)

  • 36人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • プレジデント社 (2017年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910276550771

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他人を操るというより、操られないために読んどいたほうがいいような話。
    所得別で嫉妬の中身が異なるのに納得。能力や学歴を妬むのは低所得者(といっても500万未満の設定)。小説みたいな出世レースでの追い落とし。

  • 2017 Dマガジン 電子書籍

  • ビルクリントンは人たらしだった。挨拶上手。名残惜しそうに目を見る。それでみんなキュンとなってしまった。

  • 【生き方】President 2017.7.31号人を動かす黒い心理学 / プレジデント社 / 20170826 (67/663) <128/82226>
    ◆きっかけ
    ・職場雑誌ラック、タイトルに惹かれれて

    ◆感想
    ・レトリック話法は黒い心理学でもなんでもなく、コーチングでも普通に用いられるテクニック。相手への気づきのきっかけをあたえ、自主的にやってらもらう上で大切なもの。
    ・ゲームの観点から眺める、は目からうろこ。ゲームズマンも読んでみたい。

    ◆引用
    ・挨拶上手で有名なのはビルクリントン。初めて会った人でも必ず去り際に握手して、名残惜しそうに目を見たそうです。これで、みなキュンとしてしまう。
    ・勝負に強い人と弱い人の決定的な差は何か。仕事や人生、政治をゲームの観点から眺めると、そこには、駆け引き、戦略、挑戦、努力、協力、勝負といった切り口が見えてきます(小池百合子)
    ・レトリック話法:質問形式で言えば、自分から行動してくれる。説得されると、かえって反発したくなる。例)さぼらず仕事しろ。=>さぼってるほうがかえって疲れない?
    ・ファントムオプション:本当にないはずの幻の選択肢を提示する。相対的にお勧めの商品のよさが引き立つ。例)800円か1000円か=>800、1000、1500
    ・マジシャンチョイス:選ばせたい方に手を向けておく。
    ・催眠話法:何度も同じ言葉を繰り返す。相手の記憶の中に暗示を埋め込む。例)すぐ決めて=>今日はいい天気、今日はエジソンの生まれた日、今日は・・・
    ・タイムプレッシャー法:締め切りを設定すれば人は動く
    ・BOOKゲームズマン

  • 人間系記事が多め。個人的にはそれなり。

  • そんなに黒くない

全7件中 1 - 7件を表示

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)を本棚に「積読」で登録しているひと

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)はこんな雑誌です

PRESIDENT (プレジデント) 2017年7/31号(人を動かす黒い心理学)のKindle版

ツイートする