3月のライオン【後編】 DVD 通常版

  • 60人登録
  • 3.70評価
    • (4)
    • (12)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : 大友啓史 
出演 : 神木隆之介  有村架純  倉科カナ  染谷将太  清原果耶 
  • 東宝 (2017年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104108043

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

3月のライオン【後編】 DVD 通常版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作からの(違和感のある)変更点、展開がはやすぎることなどは仕方がないけれど、原作通りの名場面・名台詞では涙…。
    アニメ第2シーズン、来週も「恩人」で泣いてしまうかな…。

  • まだ原作通りにやっていた前半の方が良かった。
    とにかく後半の原作からの改変部分が自分には合わなかったです。川本家の父親のくだりが特に合わなくて、飛ばそうかと考えたくらい。イジメシーンは、まああの尺内だとああするしかないかなぁと仕方ない印象。
    でも幸田家の家庭問題に映画の中でひとつ答えを出したシーンは良かった。幸田父の言葉にウルっと来ました。

    改変部分は合う人合わない人がいるとは思いますが、私は全く合いませんでした。ここで賛否分かれる人がほとんどだと思う。

  • 有村架純さんの香子がはまり役だと思う。
    お前のことを応援してるよってシーン、本当に良かった!
    後藤もカッコよすぎるけど、あれはあれでいいと思う。
    漫画が秀逸過ぎるから、映画化するの大変だったろうな、、、

  • オリジナル要素を加えて再構築されている後篇
    零くんが、人生経験はまだまだ少年ではあるけれど、しっかりと棋士として勝負に立ち向かう
    という話になっていたのが好きだった

    前篇ではわりと大人しかったトヨエツが
    後篇では、やっぱりトヨエツだったのが、なんだか笑ってしまった
    さすがトヨエツ いいところをもってくなー

    実写映画で、なにげに好きだったのは、カップめん大好きで教師の仕事してない高橋一生の林田先生
    ストーリー上すごくポイントになるセリフを言うので、妙に印象に残るという(笑)

  • 原作とは違う所が出てくる後編。好みが分かれそう。
    妻子捨男+いじめ+将棋。濃いぜ。

    歩くんが思ったより、普通の子で吃驚した。
    引きこもってても、小綺麗で服もダサくなかった(偏見じゃなくて経験からそう思う)
    いじわるな子って、たまに優しい瞬間あるよね。だからその優しさを覚えてて混乱する時ある。

    教室での、混乱した女教師をニヤニヤみていた女子生徒が。
    こういう子いる。傍観者の子がいじめ爆笑しながら見てたの思い出した。

    二つの行動に違和感。
    ひなたち、妻子捨男の所で、零くん追い返さなそう。
    後藤は電球きれた位で怒らない。波風たてないように、看護婦さんの前では普通に接してそう。零くんに後藤を目撃させるための演出だろうけど。

    零くん、後編でもボロボロになるのね。ひなちゃんち訪ねてきたくだり。綺麗だけど切ないシーン。

    後編の主役は幸田さんと後藤と香子な気がしてきた。
    後藤と香子って、ラブシーンないよね。匂わせる所もない。そこが面白い。
    私のイメージでは、後藤は妻を大事にするし、幸田さんへの配慮もある(わからないけど)。彼女の好きにはさせるけど、ギリギリ手を出さないイメージだった。だから映画もそうだといいな。二人はこれから始まるんだよ(多分)

    妻子捨男が、芝居っぽすぎて、本当こういう人だわって納得した。身なりに微妙に現実を生きてない違和感があったのもよかった。白髪だったり、上着にあわない白パンツだったり(ちゃんとしたコーデならごめんよ)

    セルゲイポルーニンの映画をこの前見てきた影響なのかもしれないけど、
    将棋に奪われた家族をいつの間にか、将棋に与えられていた気がする。ひなたちだったり、スミスや島田さんの様な将棋の仲間を。

  • 鑑賞した。後編は良かった。前編の漫画の名シーンのつぎはぎに見えた映画が、後編で、息を吹き返したように、動き出したように感じた。

  • 劇場視聴。

    評価としては前編の方が良かったなぁ、というのが素直な感想です。
    ちょっと普段は評価甘めなのですが、原作愛ゆえに今回は厳しめかも。苦笑

    各対局シーンは前編と変わらずとてもよかったです。
    幸田父が零と香子それぞれと父親として向き合う姿にも泣かされました。

    後藤さんが、必死に走って病室に着いてからのトイレで泣き崩れるシーン、あれにはほんとにやられた。零くんとの対局での「泣くな」って台詞には愛を感じました。棋士として同じ場所に立った零に対しての台詞だよなぁと。ラストの笑顔も素敵だったなぁ。

    などなど、前編同様に素晴らしいシーンもたくさんあったのですが、ただやはり原作愛読者としては(あくまで私の個人的な意見です)どうしても、どうしてもあの三姉妹と父親との一連の流れが受け入れられないなぁと。
    零くんって、あんな事をあんなふうに言ったりするのかな??いや、逆を言えばあんな台詞を言ってしまえるような普通の男の子なんだよ〜って観方もできるのかもしれないけれども。
    でもやっぱり、それでも、私がいままで読んできた3月のライオンの桐山零という人物像がなんだかあのシーンで壊されてしまったような気がして、とてもショックでした。
    それに三姉妹と零くんの関係性って、あんなふうにこじれてしまうようなものだったの?え、違うよね??
    そもそも三姉妹(特にあかり)の父親に対する気持ちとかって、あんなふうに遊園地に行って楽しくはしゃいだりして、元気でねーって終われるようなものかなぁ〜うーーーん…
    と、いった感じでひとりもやもやしてしまったのでした。

    多少、台詞を変更していたり、時間的に省くシーンがあったりするのは仕方ないと分かっているので、映画として受け入れられるのですが。まさか自分の地雷がこんなふうに発覚するとは。苦笑

    長々とぐちぐちすみません。
    前編が素晴らしかったので期待し過ぎてしまっていたかな?実写化ってやっぱり難しいんですね。でも全体的にはよかったと思います。キャストの皆さんの演技、素晴らしかったです。

    そして、映画しか観ていない方にはぜひ原作を読んでいただきたいです。本当に素晴らしい作品ですから。私もまた(いろんな意味で)原作を読み返したくなりました。

  • 国際線の中で前編から連続で観終わる。
    後編も音楽の酷さが耳についた。

    あかりさんの演技が全体的な救いになっていた。
    原作にある零の成長も垣間見れた。
    前編よりも後編は面白かったです。

  • 愛の後編と言うだけに様々な「愛」が登場するため対局シーンはグンと減る。そして「るろうに剣心」同様またも伊勢谷友介問題勃発。彼に罪はないが妙に存在感があるため物語がカサバリ他の重要エピソード達が時間的にも薄くなる。そのモヤモヤを有村架純演じる香子と豊川悦司演じる幸田征近の親子シーンが吹き飛ばしてはくれるが、あの件がなければどれだけリズムが良くなったか…と思うと歯軋り。エンディングのスピッツカバー曲「春の歌」に涙。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

3月のライオン【後編】 DVD 通常版を本棚に登録しているひと

3月のライオン【後編】 DVD 通常版を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする