「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

  • 43人登録
  • 4.59評価
    • (12)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : 新海誠 
出演 : 神木隆之介  上白石萌音  長澤まさみ  市原悦子  成田凌 
制作 : 田中将賀  新海誠  新海誠  RADWIMPS 
  • 東宝 (2017年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104107626

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • 小説も読んだけど、やはり面白い。
    映画があれだけヒットするのもわかる。
    東京の映像もリアルで電車のホームの音もそのまま。
    何度も観たくなる作品です。

  • 映画館で見て、ディスクでもう一度。美しさと疾走感でいっぱい。お水取りもそうだけど想像を絶する長さで続く神事などを大切に想うからこそ響く物語。

  • 観ていて「丁寧に作られてるなあ・・・」というのが第一印象。やっぱあれですね。売れた原作に流行りの俳優とかタレントってだけの映画がやたら多い昨今、こういうちゃんと作られた映画ってそれだけでホッとするというか。そしてそれが興行収入その他いろいろと評価されてる現実がまたよかったな、と。変な感想ですが。
    細かいところでの不満はなくもないですが、やっぱり観終わって気持ちよく感動できたな、と。他の新海作品は正直ちょっと肌に合わなかったんですが、これは素直に面白かったです。

  • 機内でみた.

    神仏の世界観というテーマの長編ミュージックビデオをみてるような,テーマ曲が映像をドライブする作品.

  • ブーム全盛の時は全然興味なかったんですけど、いざ観てみたら涙腺緩みまくりました。
    もう一回観たくなるなあああ

  • 読んだ後、劇場で観ずに、家で見て。
    筋は、ネタは、オチはわかっているのだけど、
    映像・音声・音楽が加わると
    脳内で想像で補っていたのとは異なる
    作り手の意思が感じられるわけで、
    物語としての好き嫌いと、映像作品としての好き嫌いが
    別に/相互に絡まり合って、結論は「好き」。

    入れ替わりのコミカル、
    相手に会いたい切実な思い、
    会えないどうしようもない隔たり、
    作者が用意した条件に伴う困難、
    確かに、どこかで見たような(小説版の感想かな)
    所は確かにあるのだけど
    映像を、音声を、音楽をあてることにより
    同じ物語が、メディアを変えて違う面を見せる
    というプラスの側面もあると思う。
    他者の作品を想起させ「ありきたり」という
    気持も部分的にあるけど、このような形でまとまると
    トータルで新鮮に感じて(こういう物語を数多く
    通り過ぎた人はひとまず置いて)
    この作品をきっかけに、色々な同様作品も
    掘り進んでもらって、感想を聞きたいなぁ

    切なさが大部を占めているのだけど、
    やっぱり「ひたすら」という言葉が
    ピッタリくると思います。
    何かに一生懸命であることがおかしく見える世の中でも
    誰かに一生懸命であること、一生懸命になれる誰かを
    見つけることは、自らを削ってでもただ「ひたすらに」

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディションを本棚に登録しているひと

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディションを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディションを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディションはこんな映画です

ツイートする