MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [Kindle]

  • 30人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 内藤了
  • KADOKAWA / 角川書店 (2017年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (259ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
誉田 哲也
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 御子柴?と驚いて、都夜に戦慄。そして巨大な組織が浮かび上がってきてますます続きが気になります。
    忍は相変わらず大切にされていますね、何より。

  • 金戒も面白かった。スケールが段々大きくなってきていて、この先が楽しみ。

  • 内藤了・藤堂比奈子シリーズ第八弾。前回のBACKでまた
    もややってくれやがった「続きは次回!」で敷いた伏線
    を拾いまくる回、と予測して読書開始。それはまぁ予想
    通りで、前に感じたモヤモヤはかなり晴れた。だけど・・・。

    今回のキーワードは「人魚」。
    人魚には以前からそれなりに興味があり、ファンタジー系
    はもちろんのこと、「その屍肉を食べると異常に長生きす
    る」的なちょっとオカルトに寄ったものまで、あるとあら
    ゆる物語を読んできた僕が、ハッキリこう言わせていただ
    きます。「これまで読んだ人魚モノで、いちばん醜悪で吐
    き気さえ催す内容」と。

    もちろんこれは作品全体の出来についての感想では無い。
    逆に猟奇犯罪モノとしての秀逸さは格段にレベルアップし
    ているし、物語もキッチリアタマに入ってくるすばらしい
    内容。しかし、これまで僕が人魚について持っていたイメ
    ージが完全に覆されてしまうほど、悪意と狂気に満ちた作
    品であることも間違いない気がする。

    藤堂比奈子シリーズはドラマ化もされているけど、少なく
    ともこのエピソードに関しては映像化は無理。さすがに
    お茶の間ドン引きしそうだから(^^;)。

    ちょっとばかり読むのに覚悟の必要な作品かも。
    万人にオススメは出来ないなぁ、さすがに。

  • ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の原作本(ON・CUT・AID・LEAK・ZERO・ONE・BACK・MIX)8冊目。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)はこんな電子書籍です

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)の文庫

ツイートする