アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫) [Kindle]

  • 38人登録
  • 4.33評価
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 幻冬舎 (2017年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (263ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。特に重いテーマを扱っているわけではないけれど、軽やかさと少しの繋がりとクスリと笑える会話と愛すべき奇妙なキャラクターと伏線の回収と幸せな読後感はいつもの伊坂さんだ。何度読んでも最後のラウンドボーイは最高。作中で「出会いって何だよ」と登場人物に言わせているけど、この本の中では素晴らしい高確率でいろんな出会いが発生しているんですけど。

  • ほんのちょっとしたことがきっかけで広がって少しだけ重なる短編集。すっきり読めて楽しかった。「チルドレン」とか「砂漠」とか好きな人はぜひ。

  • 図書館で借りて読んだの忘れて購入。
    思い出しつつ読むも、やっぱり面白い。
    関係性のパズルと、痛快さがよい。

  • 特異なキャラクターの登場人物はいない。「日本人初のボクシングヘビー級チャンピオン」と「斉藤さん」以外は、出てくるのはみな、自分たちの周りにもいそうな普通のひとたち。「19年前」「9年前」「現在」の3つのストーリーが、最後に(何もかも)つながる。楽しめました。

  •  短編集なのだけど、それぞれの登場人物につながりがあるという話。最初は「誰と誰が高校の同級生で」という発見があって小説を読み進める動機になったのだが、終盤、一度登場したはずなのだけど誰と関係があった人物なのかわからないという気持ち悪い状態に陥ってしまった。仕方なく残り10%で頭から人物相関の整理をするという最悪の状況になった。あとがきを読むとわかったのだが、最初に短編2つだけが完成しきっていて、そこに他の短編を書き足したとのこと。だからバランスが悪くなったんじゃないかなと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の単行本

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の文庫

ツイートする