Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

  • 11人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 文藝春秋 (2017年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268541077

Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017秋競馬直前特集。
    なのですが、自分の興味はヒクソンと高田の戦いについて。あれから20年か。プロレス最強の終わりの始まりで、総合格闘技の始まりのおわりの1戦。
    リアルでは見てなくて、後々のアーカイブやらで見た自分は、いろんな情報が入り込んだ中見たので冷静にみれましたが、当時の衝撃は想像以上だったんだろうなぁと思います。

    桜庭がグレイシーキラーになり、ヴァンダレイ・シウバが絶対王者に君臨し、ノゲイラ・ミルコ・ヒョードルと覇権を争ったPRIDEの熱狂の時代。あの空気をリアルで追いかけられたことは幸せ。その始まりがヒクソン対高田の試合なんだよなぁ。

    高田本人は、あの試合後の心情の落としどころを見つけられてないようですが、日本の総合格闘技の歴史に残る試合であるのは事実。燦然とではないけれども。
    プロレス最強に魅せられて、その道に入った人間が、その引導を渡すことになってしまうのは、皮肉なもの。だから、落としどころが見つからないのでしょう。

    あの試合の意義は理解できても、戦った身としては勝つことが目的なので、負けたという事実の方がのしかかっているんでしょうか。
    たぶん、この先もその心情は変わることはないのでしょうね。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に「積読」で登録しているひと

Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))のKindle版

ツイートする